朝、駅まで歩きながら、iPodで音楽を聴いていた

いつもShuffleにしておいて、あんまりその時は聴きたくないなぁ・・・と思う曲だけ飛ばしている私。



その歌声を聴いた瞬間、私はビクッとなってしまった。

Kennyだ。先週突然亡くなったKennyが、ソロで歌っていた。



もうKennyはこの地上にはいない。この素晴らしい歌声を聴くことができない。

人が亡くなるということは、なんてつらいことなんだろう。



彼と天国で再会できるのはいつの日だろうか。

Kennyは天国で賛美し続けているにちがいない。

続きを読む

毎年この時期になると思う。

あぁ、もっと早くから経費の計算をしておけばよかった・・・と

そう、私は自営業。確定申告をしなければなりません。



珍しく、6月までの半年分は計算済みだったので

いつもよりは楽ちんなはずだったのに

何を間違ったのか、とんでもない数字が出てきたので

仕事から帰ってきてからやりなおすはめに



私ね、計算が大嫌いなの。

数学が苦手っていう人はよくいるけれど、私の場合は算数が嫌いっていう感じかしら。

数字が並ぶのを見ているだけで、不快な気分になってくる。



でもね、そうも言ってられないわけで。

がんばるわけですよ、個人事業主は



夜中にがんばりました。

ちゃんとできました。えらい、えらい・・・自分でほめてやろう。 続きを読む

だいたい、本番で歌った翌日は背中が痛くなる

歌う時に背筋を使うため。



昨日もソプラノが少なかったので、ちょっと無理してソプラノを歌っていた。

きっと背中にくるだろうなぁ・・・と思っていたので、

寝る前に「高濃度水素水」を飲んでおいた。

これだけでだいぶ違う。朝の痛みはほとんどなくなる



お昼には予約しておいた整骨院へ。

背中も、腰も痛かったけれど、右の足首もおかしくなっていた。

テーピングで固定してもらったら楽になる。



そんな状態にも関わらず、今日からしばらくは「自転車を使わない」と決めた。

駅まで片道20分をテクテク歩くのだ。

運動不足だから、あちこち痛くなるのよ、きっとと思ったから。



そんなわけで、レッスンの前後は歩いたのさ。

でもね・・・外は寒い。帰ってきたらのどが真っ赤

うがいして、でもらっている「喉が腫れたときの薬」を飲み

湯たんぽを抱えて寝てみた



・・・健康になりたい 続きを読む

YIBC Noon Serviceで賛美する日



今回の新曲「...And He Blessed My Soul」は、前からやりたかった曲で、教会のJeffにソロを歌ってもらうことになっており、とても楽しみにしていた



教会に到着し、Jeffに早速歌ってもらおうとした。

・・・あれ Jeff、もしかして歌えないの?



のどの調子がずっと悪く、練習不足だったうえに、譜面のない曲を歌うということになれていなかったため、ものすごく苦労しているようだった。

焦っているJeffに私は言った。



「私もね、ずっとクラシック育ちだったから、最初の頃は譜面のないゴスペルにとまどい、苦労したんだ。でも、これって慣れなのよ。何回もやているうちに、メロディーが体に入ってくるからね。大丈夫だよ、Jeffはとっても素敵に歌えているから。自信をもって、自由に歌ってみて



それでも、Jeffの表情は若干引きつっていた

そして、そんなJeffの様子を見て動揺したVoce・・・あきらかにいつもと違う



なんていうかねぇ、かわいいといえばかわいいんだけど

あんなに練習したんだからさぁ・・・大丈夫なんだよ。

自分の力でなんとかしようと思わないで、神様に委ねればいいんだから



焦った後は妙に力むVoce。全く曲のイメージが変わってしまった。



やっと一目会うことができたイエス様。

何も言わず、私を祝福してくださったイエス様・・・

それを胸に感じながら歌えばいいんだよ!



結局本番はいつもどおり、いや、いつも以上に心をこめて賛美してくれた。

ありがとう、イエス様



JeffもVoceと賛美できて、とても喜んでいました。

もしも次のチャンスがあるなら、是非歌わせてほしいって。

楽しみだね。 続きを読む





2002年の夏、私は初めてNCGCCに参加した。

会場はナッシュビル。

右も左も、英語もわからず、無我夢中でみんなについていった1週間だった。



初めてステージに立ったAlumni Chorale concert。

そのコンサート終了直後、突然私たちは名前を呼ばれた。



「今年、我々のコンサートに、日本人が参加してくれました!」

そして、大観衆の前で私たちは立たされ、呆然としたのだった。



その時、私の名前を呼んでくれたのは、当時クワイアーのプレジデントだったKennyだった。



日本人どころか、白人さえもいないような環境の中、常に緊張と感動の連続だった私に

彼らが「君はもう僕らの仲間なんだよ!」と認めてくれたような気がして、本当にうれしかったのを覚えている。



お世話になったKennyにプレゼントをあげたかったのに、

そっくりなDavidに間違ってプレゼントをあげたのも最初の年だった。





そんなKennyが、突然逝ってしまった…

去年の夏は、あんなに元気だったのに。



楽しくおしゃべりもしたのに。



真っ白な歯を見せて、「にっ」と笑いかけてくれたのに。



また一緒に歌えると信じていたのに。





Kennyはもういない…

今でも彼の歌声が聴こえてきそうなのに。



Kenny…寂しいよ。早すぎるよ。



また大切な人が旅立ってしまった。





ありがとう。いつまでも忘れないよ。

Kenny、天国でまた会えるその日まで…



続きを読む

下関クラスのメンバーでもあり、トニーの教会の教会員でもあるやっちゃんから

原田さんについての連絡がありました!





「お祈りをありがとうございます。

今朝家族の面会の時、トニー牧師も会って話ができて、冗談も出てきたそうです。

皆様のお祈りを感謝します。

本当にうれしいです!!

ありがとうございました。」



すごい!ハレルヤ!!

Prayer works...



お祈りいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

続きを読む

原田洋志さんは手術室から出てこられました。

しかし、今晩が山だそうです。

どうぞ、彼が救われ、癒されるように祈ってください 続きを読む

下関キリスト聖書教会の原田さんのご主人について、お祈りのお願いです。



14日(木)11時より、原田洋志さんの手術が行われます。

非常にリスクの高い手術です。

どうぞ彼が救われるよう、癒されるよう、

皆さんでお祈りしてください




「そのとき、あなたたちがわたしを呼び、来てわたしに祈り求めるなら、わたしは聞く。(エレミヤ書 29:12)」

In Jesus name we pray...Amen 続きを読む

夜には東京に帰らなければならない。

最後に食べに行きたいお店・・・それは、「住乃江KITCHEN」



土曜に行ったJazz Club BILLIEの上にあるお店で、おいしいバイキングをやっているらしい。

ランチは1,890円。昨日よりはちょっと高いけど、価値あり



どれを食べてもおいしくて、感動した私。

下関で、海の幸以外にもこんなにおいしいお料理が食べられるなんて・・・



次回の下関ツアーでは、是非みんなを連れて行きたいと思ったお店。







帰ったら運動しよう・・・そうつぶやきながら、またもや食べてしまった私。反省 続きを読む

「下関のおいしいお店」情報をいろいろとゲットしたので

何も予定のない、この数日間でまわってみようというのが

この連休の目標だった。



昨夜は大好きなお店「ange」が満席で入れなかったけれど

「とことん」というおいしい居酒屋に入ることができた。



本日のランチ・・・中華の「敦煌」で1,000円のバイキング

おいおい、食事療法はどうなってるんだ?と思ったあなた、忘れてください、この数日だけは。

朝食のニンジンジュースとは続けていますから



久しぶりに餃子を食べたよ。ごめんね、餃子くん



1,000円で中華のバイキングというだけで、とってもお徳な感じ。

しかも、海辺にあるので、席によっては関門海峡を眺めながらお食事がいただけます。

デザートもあって・・・私の大好きな「自分でまきまきする」は

とっても、とってもおいしかった



久しくバイキングなんて行っていなかったから、どれくらい食べていいのかわからなくて・・・

破裂しそうに





夜は・・・店員さんが酔っ払ってしまっている、おもしろい居酒屋に行ったけれど

ここは秘密。

口コミで評判の良かった「あんこうの唐揚げ」は品切れだったけど

「あら炊き」はボリュームもすごかったけど、おいしかったよん



次回は店員のおじさんともっとからみたい!

そんなおもしろいお店でした。 続きを読む