手術の傷口から糸が出ているのを発見したまま、3連休は過ぎていった。

とりあえず何も起きず



術後の検診で、「今日で最後です。あとは以前通っていたに行ってください。」と言われ、

なんだかとっても悲しい思いをしたのが7月の頭。

あれから3ヶ月。何て言われるのかなぁ・・・と不安に思いながら、

大学病院に電話してみた。



「あのぉ・・・そちらで6月に手術を受けた者なんですが・・・」

すぐに診療科に電話を回してくれた。

傷跡が化膿し続け、どうやら糸のようなものが出ていると伝えた。

今の傷の状態を聞かれたので、傷を見てみた。



「えっと・・・今は・・・出血しています

ちょうど糸が飛び出ている部分が穴になってしまい、そこから出血。

まぁ、たいした量ではないけれどね。



電話の向こうでは、ドクターと相談しているのであろう。

何度か「少々お待ちください。」と言われ、

結局木曜の午後に診察予約が取れた



今は完全予約制だし、ホントならこの間の病院の紹介状が必要と言われかねない大学病院。

さすがに傷跡が・・・というのはまずいのかもしれない。



木曜昼間のレッスンは申し訳ないけどお休みさせてもらって、

とりあえずは診察してもらおう。

聞かなきゃならないことは、全部メモしていかないと!



・・・で、これってどうやって治すのかな?

また切ったり縫ったりするの 続きを読む

恩師の西野先生と会うのは、何年ぶりかしら?

前回、前任の学校で全国大会に出場した時に会ってるはず。



若干スタイルは違うにせよ、合唱の指導者同士の会話もしてきた。

今日のコンクールの内容とかね。

(全国大会の放映は全部見ていたのさ)



審査発表の前に、審査員の講評があったの。

「喉を壊さない発声をしてほしい」って言っていたのよ、その審査員は。



確かに、成長過程で無理な発声をさせるのは

美しいハーモニーを追求するあまり、背伸びさせた発声はよくないねぇ・・・と思っていた。



だのに~ なぜ~

入賞した学校は、子供らしい歌声の学校ではなかったのよねぇ

あれ?私の印象って間違ってた???

先生の学校、なかなかよかったんだけどねぇ。選曲も。



それを言ったら、先生も「だろ?」と言っていた。

だよね。



強い学校は、ボイトレの先生を雇っているみたい。

私が近くに住んでいればねぇ・・・と言われたけど、小学生には教えられないかなぁ

お手伝いしてみたい気持ちはあるんだけどねぇ・・・



に出たいという不純な動機で始めた合唱指導。あっという間に30年だって。

(私が習っていたのは、25年くらい前かな)

相変わらずパワフルな先生だった。澄西の合唱団は、私の歌の原点だからね・・・



毎朝、歌いながら腹筋して、ツイストっていう運動も100回とかやってた。

体育会系だったよなぁ・・・

先生は小学生相手とは思えないくらい厳しく、私は合唱以外にも全校集会のエレクトーン伴奏でも怒られた。

今でも忘れないわ、「踊ろう楽しいポーレチケ」

「おまえの演奏には何もない」 って言われたの。

今ならわかるよ、その意味は。

間違いなく弾くだけじゃダメなのよね。エレクトーンは歌ってなかったのよね。

(音楽って深いよねぇ・・・)



もう当時の先生方とは連絡取っていないんだけど、先生が近況を教えてくれた。

1年生の時の担任の先生は、フォークダンスを熱心に指導して、教育雑誌にも取り上げられるような人だったの。

もうかなり高齢なんだけど、今でも民謡とか踊りに関わるお仕事をしているみたい。

4年の担任の先生は、今でも現役。

5年の担任の先生は、校長先生をやっていたんだけど、もう退職されたみたい。

私の担任ではなかったけれど、結構仲の良かった先生は、退職前に癌で亡くなったそうです



小学生だった私たちがこんな歳だもんねぇ。先生方がお年を召していくのはしょうがないよね…

でも、いつまでもがんばっていてほしいなぁ。



来年も来るよ!と言ってくれた先生。

応援してます



続きを読む

昨日に行ったので、真面目に傷口に軟膏を塗って、ガーゼを当てていた。



さっきシャワーを浴びていたら、ポロッとかさぶたが取れた。

「あら、もう取れたのか。次に行くのはいつにしよう…化膿するまで待たなきゃ」

なんて考えていたんだけど…



傷口から何かが出てる。

触ったら固い。

引っ張っても取れない。

ナイロンの糸みたいな…







傷口を縫った、溶けるはずの糸だなんで



これが溶けなくて、ずっと化膿し続けていたんだ



もう初診でも何でもいいから、手術した大学病院に行かなきゃ

そう思ったけど、明日は第二土曜で休診、日、月も休みだ…



最悪~

どうしたらいいのよ、この糸

続きを読む

やっとに行くことができた。

7月から手術の傷跡が化膿と破裂のくりかえしで、最近は痛くなってきてしまったのだ。

(サッサと行けっと言われ続けていたんだけど)



そのに最後に行ったのは、去年の11月かな。

MRIに映ったブツを見て、覚悟を決めた時だった…



先生は私の傷口を見て、「う~ん…」と困った顔。

今は破裂した跡がかさぶた状態。

しばらく悩んで、「化膿している時に来れますか?」と言う先生。

化膿している状態で切開し、膿を培養検査にかけるんだって。

たぶん手術の時に縫った糸を核にして、菌が繁殖してるんだろうってさ。



というわけで、本日は原因もわからず。また行かないと

気休めの軟膏だけもらいました…



早く治らないかなぁ

続きを読む

VoceはZOOMを応援します



新しいレコーダーのご購入をお考えの皆様、

ZOOMのH2がおすすめですよ

このDiary、右側の画像からビックカメラのサイトに移動できます。

じっくりご覧ください。そして、お買い求めください



ワークショップの前に、録音環境を整えましょう 続きを読む

今日はYIBCでの賛美リード

今回は初の試みで、教会のクワイアーとVoceが一緒に賛美することになっていた。



お昼の礼拝は12時に始まる。

11:30からのリハだけど、景子は現れず

しょうがないから、私がピアノを弾いてリハーサルスタート。ソロを歌うカレンもすごく練習したみたいだった。

少し遅れて、景子がやってきた。やれやれ



礼拝が始まった。

「長い間、EmiとVoceが来てくれるのを待っていました。またこうして迎えることをうれしく思います。」とJeffが言ってくれた。最後にみんなで賛美したのは、手術の5日前だったなぁ…



そんなことを思いながら、一曲目を指揮する。

Bless the Name of Jesus, O my soul...ジーンとくる

神様ありがとう、こうしてまた賛美できることを感謝します…



Sanctuaryでは会衆の皆さんも一緒に賛美してくれた。教会がひとつになったようだった。



問題の「教会のクワイアーと、うちのクワイアーのコラボ」

何が起きてもおかしくない状況だったけど、なんだかとっても素敵にまとまりました

一緒に歌った人たちも、パスターもとても喜んでくれましたよかった、よかった。



いつもと違っていたかたか、みんな表情も体もかたくって、それはって感じだったけど。

こればっかりは言われてできるものでもないしねぇ



l今回の教会からの謝礼金を、同時通訳用のヘッドセット購入資金に寄付したいと提案したところ、うちのメンバーは大賛成してくれたパスターも「ありがとう…」と喜んでくれた。



しかしそんなに高くないと思っていたヘッドセットは、1つ7000円もするらしい

ドーンと購入したかったのに、数個しか買えない・・・たいして役に立てないなぁ



来月はバイロンと一緒に礼拝だぁ

がんばらなくちゃ

続きを読む

私は、札幌市立澄川西小学校の合唱団に所属していました

指導していた西野先生は超厳しくて、そのせいで私は怖~い歌の先生になってしまいました…

(何度か泣かされた)



朝練では、腹筋しながら歌わされたし、ツイストとか100回もやらされたし、夏休みもすごい練習したし…

少し上の先輩たちは「全国大会3位」になっていたし、私たちも札幌では賞をもらうくらいの腕前ではありました



先生は他の学校に転勤しても、いつも入賞とかするぐらい素晴らしい指導者だったのですが…

さっきが来て、またまた全国大会に出場することになったそうです



中継があるみたいだから、お時間あれば是非。



10月11日(土) 午後2時~5時 NHK教育テレビ



先生の学校は、北海道代表札幌市立平岡中央小学校で、美しが丘小学校との合同参加だそうです。



コンクール終了後、先生に会ってきます

続きを読む

今日のは八王子でレッスン。



そごうといえば「西武ライオンズ優勝感謝セール」の最終日で…

松崎しげるが歌う、ライオンズの応援歌が流れていました



前にも書いたと思うけど、私は清原さんのファンでした

あの応援歌を聞くと、西武球場(最初はドームじゃなかった)の駅から球場に向かって、一目散に走っていった頃を思い出します…



血が騒ぐのです

あのコード進行が好きなんです

松崎しげるがいいんです

レッスンの前に、「今日は清原さんの引退試合だなぁ…」と、ちょっと悲しくなってしまいました。

試合、見たかったなぁ



帰宅後、の前に座り、スポーツニュースに釘付け。

すっかり過去形になったと思っていたのに、ニュースを見ながら、おいおい泣きました



だって、清原さんが泣いてるんだも~ん



思えば、巨人に裏切られて泣いていた、23年前の清原さんの涙にやられ

あれからずっと応援してきたのよね…

もっと痩せていて、番長の風格なんてない頃から好きだったもんね…



桑田さん、イチロー、王監督(ん?ドラフトの時の監督って王さんじゃなかった)に見守られ、素敵な引退だったわ。(長渕は暑苦しかったけど清原さんが好きなんだからしょうがない)



あ~、終わったなぁ…

これからどうするのかなぁ…

西武に帰ってきてくれないかなぁ…



清原さん、23年間お疲れ様

そして、ありがとう

続きを読む