4月から開拓伝道を始めている。

新しく教会を作る・・・とんでもなく大変なことである。でも、なんだか「このメンバーと今動くべき」と示されたような気がして、がんばっている最中。



今までは内輪だけでやっていたんだけど、今日はちょっとしっかりやることになり、ある人は友人に声をかけ、ある人はワークショップで宣伝し、私もVoceにメールでお知らせ。

結果、30人以上の方がやってきてくれた

Voceも現役メンバーだけでなく、今はお休みしている人たちも来てくれて、近況を聞けたし、よかったなぁ。



賛美も全力投球、でも、熱すぎて「おぇっ」とならないものを、

メッセージもわかりやすく、居心地のいい空間を作り出せたらいいなぁ・・・と思いつつ。

まだ、ああでもない、こうでもない、という時点だけど、興味のある方がいらっしゃれば、是非いらしてくださいませ。

(時間や場所などはお問い合わせくださればご連絡します。)



さてさて。

この礼拝には、札幌のさよちゃんとあねごがわざわざ来てくれました

前日まで本番だったので、も爆睡だったようです。お疲れ様。

そして、せっかく2人も来たことだし、みんなでおいしいもの食べようということになり、

東京らしい食べ物・・・もんじゃに決定



私が数年前まで常連だった、大泉学園の「わらべ」に行きました。

人手が足りない時にはバイトまでしたお店。

久しぶりのお店だったけど、マスターの加藤さんの微妙なダジャレは炸裂しまくり

そして、放っておけない私たちは、適当にからんでしまうのであった。



以下、私たち6名の胃袋に入ったもの。

とんぶし、生ハムサラダ、馬刺し、鴨のスモーク、めんたいじゃがチーズ・・・とスタートし、

「トマトチーズベーコンガーリックもんじゃ」、「ベビースターカレーもんじゃ」、「豚キムチもんじゃ」と、もんじゃ3種類。

これで13000円くらいだったのさ。わらべ、万歳







みんな大満足で、連れて行ってよかったわ。

またゆっくり行きます~。お父さん、またね(マスターのお父さん、とっても素敵なの)



大泉学園は、日本アニメ発祥の街です。

というわけで、駅にあった「銀河鉄道999」の車掌さん







で、さよちゃんたちは波多さんの家に行くというので別れようと思ったんだけど、よかったら一緒にどうぞと言われ、お邪魔しちゃいました。

素敵なメゾネットのおうち、アンティーク家具が素敵な調和です

あれこれおしゃべりをしていたら、あっという間に23時過ぎ

まだまだ話し足りない感じだったけど、お開き。



明日は、さよちゃんたちとランチ→お買い物の休日

楽しみじゃ。







続きを読む
スポンサーサイト



2年前にサンフランシスコで結婚した、高校時代の同級生「ちぇり」が、ダンナのジェイミーとbabyはなちゃんを連れて一時帰国

5週間ほど仙台の実家に滞在し、最後の1週間は東京で羽を伸ばすことになっていたので私も会うことにした。

彼女のWeddingの時以来だから、めっちゃ楽しみに。



15時に表参道で待ち合わせ。

別の友達とランチをしていたところから、タクシーでやってきた3人。

はなちゃん、めっちゃかわいい



ジェイミーの髪がちょいと伸びて、前に会った時よりも男前だった。

(どうやら、いつも髪は長めなんだけど、「結婚式の時くらい切りなさい」と言われていたらしい

ジェイミーは一応日本人だけど、アメリカで生まれ育っているので、日本語はほとんど話せません。



女たちはカフェでお茶、ジェイミーは表参道ヒルズでちょっとお買い物。

実家滞在が長すぎて、ストレスがたまっていたちぇり。わかる、わかると話を聞く。

はなちゃんは私のひざの上でもおとなしくしていて、いいこちゃんです



しばらくしてジェイミーも合流。

この2年間、何か変化あった?と聞かれ、振り返ったけど何も思いつかず

よく考えたら、サンフランシスコから戻って、入院→手術もあったんだけどねぇ。

「あ、会社と教会作ったの」と、近況報告。

それはすごいと言われたが・・・まだ全然すごくないし



ちぇりがトイレに行っている間、2人でおしゃべり。

彼は6週間ものお休みをもらって、ずっと日本に滞在しているという。恐るべしアメリカ・・・

でも、言葉わからないし、ストレスたまらない?と聞いたけど、そうでもないらしい。

babyの面倒もよくみてくれるし、本当にいいパパだ。ちぇり、この人と結婚して良かったね



地下鉄で銀座に移動。車内でもお隣のおばさんに愛想をふりまくはなちゃん。いい子だねぇ、全然泣かないよ。

ちぇりは久しぶりの銀座に、「うわぁ、懐かしい~」を連発していた。そうだよねぇ。

でも、ちょっとお店でベビー服を見ては、「信じられない・・・」を連発。

私もそうだったんだけど、アメリカだったら20ドルくらいかな?と思うような服が、7000円とかするの

絶対買わないわ。



しばらくお買い物を楽しみ、別の友達が合流して夕飯の予定だったので、お店に向かってテクテク歩いていた。

ちぇりはベビーカーを押して、スタスタと先を歩く。

ジェイミーははなちゃんを抱っこして、私と一緒に歩いていた。

すると、を持った女性に話しかけられた。



「すみません、日本テレビの『スッキリ!』ですが。今、ご夫婦かカップルの方にインタビューをお願いしているのですけど、よろしいでしょうか。」



 あたしたち、夫婦じゃないし



「あ、あのぉ・・・この人は私の主人ではなくて・・・奥さんは別にいて・・・

話がわからないジェイミーは、ポロシャツに短パン姿。いかにも西海岸のアメリカ人という格好(やたら似合っている)で、はなちゃんを抱っこしたままニコニコしている。

言い訳がやたら怪しくなってしまったが、インタビューを回避。

ちぇりのもとへと急いだ



「今のインタビュー、何だったの?」と聞かれたので、「あたしたち、夫婦と間違えられて。朝のテレビ番組なんだけど。」と言ったら、「え~、答えればよかったじゃん」と言うジェイミー。

いやいや、事情を知っている人はウケるだろうけど、そうじゃない人は勘違いするだろうよ。



「あ、Emiさん・・・ご主人が変わってる・・・赤ちゃんまで・・・



その後、本当の奥さんであるちぇりと、合流したみかりんにもインタビューの話をする。バカウケ

受けたらよかったのに~と言われた。そっか・・・



久しぶりの再会は、とっても楽しかった。

またサンフランシスコに遊びに行きたいなぁ







続きを読む

ミュージカル「DREAMGIRLS」に行ってきました。

(お仕事の関係で招待でした



2階席1列目のど真ん中

いやぁ、いい席でした・・・感謝、感謝。

ちなみに、並びには小林幸子さんもいらっしゃってました。



映画の「DREAMGIRLS」は、映画館でも観たし、DVDとサントラももっているくらい大好き

今回のミュージカルもとても楽しみで、朝から移動中はサントラをiPodで聴きながらという興奮ぶり。







今回の公演、何がすごいかといいますと・・・

キャストがオリジナルのままなんです

海外公演の場合、オリジナルキャストでない場合が多いのですが、今回はそのまま。

ということは、日本にいながら、アメリカと同じステージを体感できるわけです。う~ん、素晴らしい



衣装がゴージャス

欲しくなるドレスがいっぱい・・・あたしならいけるんじゃないと思いながら見てしまった。



そして、セットがすごい

LEDのパネルだけで、全てのシーンをカバーしていました。あれ、高そう・・・



映画でおなじみのナンバーはもちろん、

映画とは違うけど・・・という、スペシャルなナンバーもありました。

あの名曲がこんな風になっちゃうなんて

しかも、出演者の歌いっぷりが半端じゃなかった

私の中で、一押しの名シーンとなりました。



昨日が初日で、6/5までの公演です。

皆さん、是非お見逃しなく



チケットはこちらから



続きを読む

今日は大宮クラス

珍しく、欠席がゼロだったので、クラス写真を撮りました



歌った後だと、化粧もくずれる可能性が大なので

レッスンの真ん中で撮影





来月から、1名が新たに加わるので・・・

これで20名になります

昼間のクラスで20名って、すごい人数よね。



連休中にフィンランドに行ったという、ちーちゃんからおみやげをいただきました。







かわいいムーミンのキャンディーと100%キシリトールのガムです。

ガムは・・・プロフェッショナルと書いてあります

何がどうしたらプロフェッショナルになるのでしょうか・・・



ちーちゃん、ありがとう





続きを読む

下北レッスンに向かっていたら、バイブルスタディーでお世話になっている川井先生からメールが。

「今日は教会の近くの与野公園で、バラ祭りをやっているんですよ。

バイブルスタディーの前にいかがですか?」という内容。

数万本のバラが咲いているらしい



レッスン終了後のランチを早めに切り上げ、バラ祭りに向かうことにした私たち。

ちなみに、本日のランチは新規開拓。

ちょっと前から気になっていた、「タイすき」のお店。

私が注文したのは・・・ココナッツカレーラーメン“カオソーイ”

これに生春巻き(きゅうりを抜いてくれた!)とデザートの杏仁豆腐、ドリンクがついて1000円。

おいしかったよ







ランチの後、いつもよりも早く教会に行って、かばんを置いてから公園に。

バラ祭り、かなりにぎわっております・・・焼き鳥、焼きそば、お好み焼き・・・と、ものすごい出店

にたどり着くまで、ひと苦労でした

(お財布も置いてきて正解。あれもこれも食べたくなってしまったわ。)



バラは・・・すごい種類

こんなにたくさんの種類があるんだぁと、感心。

最近、礼拝のメッセージで、天地創造についての話を聞いたり、映像をみたりしているので

「こんなにきれいなバラをお造りになったのも、神様なんだなぁ・・・」と思いながら歩いていました。



 

 



お散歩しすぎて、バイブルスタディーのスタートが遅くなってしまいました

川井先生、ごめんなさ~い



今日は「信じる 2」ということで、深いお話を聞けました。

また、メンバーそれぞれが思うところもいろいろあり・・・

いつも以上にいい感じのバイブルスタディーでした



信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。

(ヘブル11:1)



信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることを、信じなければならないのです。

(ヘブル11:6)
続きを読む

今日は7月に再来日のKirk Franklinのビルボードライブチケット先行予約の日

前回はレナードたちと一緒に行って、カークと知り合いのロドニーがを向けられてたねぇ



今回も早々とパソコンの前に座り、エイッと予約しました。

木曜日セカンドステージ、2番をゲット~

(仕事の関係で、この日しか行けない私)



前回のライブが賛否両論で、今回は行かないという人も結構います

カークよ、君ならもっと素晴らしいステージができるはずだ

バックのシンガーたちをもうちょいなんとかしてくれたまえ



数年前、ニューヨーク滞在中に「Youth Explosion」というゴスペルイベント(Donnie McClurkin主催)に行った時、ゲストスピーカーでカークが来ていた。

「俺も女ばっか追いかけていた時期もあったけどさ」と、彼独特の雰囲気はそのままに、素晴らしいメッセージを語ってくれた…

私は、あの時のカークが忘れられない。

今回のライブでも、きっと多くは語らないだろうけど…



それでも、彼の信仰がそこに見えるはず





それにしても、前回は数分で完売だったのになぁ…

まだ結構残ってます



一般発売は、来週金曜日です

前回の公演を逃した方、是非 続きを読む

昨日、パスポートの期限が切れた。10年前に作ったもの。

オランダ、イタリア、アメリカ…う~ん、ほとんどアメリカのスタンプだ

何しろ思い出がつまっている。



今年もアメリカに行く予定もあるし、期限が切れないうちに更新したかったんだけど、結局当日に更新



前日、写真を撮ったんだけど…

今のパスポートの写真って、顔を大きく写すでしょ

念入りにウェーブを調整し、しっかりボンバーにしていったのに

「パスポートですので、髪の部分は結構カットされちゃいますけど…よろしいですか?」と言われた。



嫌だって言っても、それが決まりなんでしょ



あぁ、ウェーブ全然写ってない

ただ、+200円の美肌ショットの効果はあるみたい



そして、パスポート申請に行ったら、

「この写真にボカシが入りますので、更に髪の部分が消えちゃいますけど、よろしいですか?」と聞かれた



髪が…

出来上がりが恐ろしい



10年前は矯正前なので、輪郭も、口元の感じも違っている。(整形じゃないよ

そして、あの時も「その髪、全部写らないから、申請通らないかもしれないよ」と、写真屋さんのおじさんに言われ、一生懸命髪を潰した記憶が



10年経っても、私のこだわりは変わらないのであった 続きを読む

昨日、アイリスさんが帰る時に挨拶をしたら、Emiと話がしたい・・・と言っていたので、ホテルまで見送りに行くことにした。

自分のホテルをチェックアウトし、そのまま荷物を預けて、アイリスさんたちのホテルまで行った。



左から24歳のVanity、Emi、東京から行ったひろみさん、札幌のさよちゃん。







アイリスさんとEmi。





他に4名のメンバーが同行していました。

ワークショップ中はおしゃべりもできなかったんだけど、ドラムのVincentがアイリスさんとの出会いを話してくれたりして、いいフェローシップの時でした。

(札幌のメンバーも他にもいたんだけど・・・全部載せなくてごめんよ。まゆげの無いあ○ごとか、まずいかと思って



ここでするつもりだったんだけど、さよちゃんが「一緒に行こうよ~」と言ってくれたので

急遽空港まで同行することに。



アイリスさんが車に乗り込もうとした時、「あれ?入らない・・・」と焦っていた。

前日までアイリスさんが乗っていた、同じシートなのに、なんで

実は、さよちゃんが娘さんを学校まで送っていったので、シートが娘用サイズに動いていたのです。

アイリスさんは「一晩で大きくなっちゃったかと思って、焦っちゃった」と、大爆笑



私のホテルでスーツケースをピックアップし、さよちゃんの男前な運転で、アイリスさん、レイモンドと4人で空港に

この車でのおしゃべりは、とても有意義なものとなりました。感謝、感謝。



実は、アイリスさんとは11月に再会できる予定。

ハードなアイリスさんは、その間もフランスに1ヶ月行ったり、ハードスケジュールらしい。

彼女の体が守られるように、祈り続けたい。

他のメンバーは、「また来られるといいなぁ・・・って思ってるよ。」と言っていた。

誰が何人来るのかな~



空港での見送りが終わり、私たちのフライトまで3時間くらい。

さよちゃんが車でちょっと行ったところの回転寿司「とっぴ~」に連れて行ってくれた



いくらとうにのコンボ。最高







今度は仕事抜きで、ゆっくり遊びに行きます



そして・・・肌寒い札幌から、南国かと思われるような暑い東京へと戻ってきました。

スーツケースを家に置いたEmiは、のぶりんのパソコンをちゃんと届けたとさ。めでたし、めでたし 続きを読む

今朝はアイリスさんのトークタイムからスタート。

幼い頃からピアノの才能を見出され、貧しい生活だったのに専門の教育を受けさせてもらい・・・

想像もしなかったロスで教師になり・・・

そのストーリーが映画化され・・・

とても素晴らしいお話だったけど、もしかしたらどこかで聞くことになるかもしれないから

今回は詳細を載せないわ



午後はレビューから。

全然やっていない曲もあったので、それをさよちゃんがシェアしてくれた。

その後、アイリスさんのワークショップ。

最終日なんて、めっちゃ疲れているだろうに・・・今までで一番パワフルです



休憩中に呼ばれ、アイリスさんのところに行った。

「Emi、高い音出せる?」と聞かれたので、すかさず「NO」と即答。

アイリスさん、大爆笑。「大丈夫ね、あなたならできそう。ちょっと歌ってみて。」と

ワークショップで習った1曲を弾き始めた。

え~、どう考えてもソプラノが歌う曲でしょ?あたし、アルトだし、もう喉がヘロヘロなんですけど・・・

と思いつつ、断れないので音を聴いてみた。あ~あ、アドリブ入れたら、相当高いわ・・・

歌詞も覚えなくていいと思っていたので、急に焦りだす私。祈ろう、祈るしかない。



あっという間に収穫祭の時間に。

ワークショップの後にはコンサートというのがよくあるパターンだけど、札幌では「収穫祭」というスタイルをとる。

「お客様は神様です」ということで、神様だけが私たちの賛美を聴いてくださる・・・なるほど

これがどういう感じでまとまるか、非常に楽しみであった。

・・・私がソロを歌わなくてよければ



最初からガンガンに飛ばしてしまい、みんなが苦労した「Doxology」も素晴らしいハーモニー

もともと好きな歌だったので、エンディングは思わず

この日初めて参加した人がアルトに4名ほどいたので、その人たちの近くにいて、なるべくサポートするように心がけた。

だいたい、自分がいつ歌うのかもわかっていないので、忘れることにした。

ダンスも逃げ出せず、はちゃめちゃながら踊り、飛び跳ね、ヘッドバンギングしまくり、汗だく&軽いめまい

きっと私の曲はカットになったんだろうと、妙に納得していたら・・・

このイントロ ここで来るか・・・



しょうがない。ギリギリまで祈って、歌いだした。

もうメロディーも歌詞も忘れちゃうほど踊り狂った後だったので、全部任せようと思った。

喉も・・・限界だったなぁ でも、みんなのハーモニーが心地よく、一緒に賛美した。

頭のどこかで、「ヒーローはいらない」という波多さんの言葉が浮かんできて、私が目立っちゃいけない、溶け込まなきゃ!と、妙に冷静に考えていた。(こういうのは賛美に集中できてなくてダメなのよね



収穫祭は無事に終了。

あたたかい、とても素晴らしい空間だった。

終わった後、たくさんの方に声をかけていただき、是非ゴスペルを続けてくださいと伝えた。



パートリーダーで記念撮影。

左から、ゆみてぃ(sop)、まなちゃん(alt)、Emi(alt)、のぶてぃ(Ten)、ティーチャー(bass)。

のぶりんの写真、上に○で載せないと。







収穫祭が1時間押しで終わったため、後片付けがバタバタ。

最後に予定していた感謝会もどうなったのか・・・

私は友達が待っていたので(友達も1時間以上待たせた)、お先に失礼しました。



いやぁ、いいワークショップだった 続きを読む

クタクタだし、寝たのも遅いのに・・・6時半に目が覚めた。

いよいよ年寄りに分類されそうである



午前中に予定されていたアイリスさんのトークタイムは、クワイアの皆さんの証タイムになった。

それぞれがアイリスさんと出会い、クレンショーハイスクールでゴスペルと出会い、自分の人生が変えられたこと、

あるいはクラスメートの大きな変化について語ってくれた。

ギャングの世界に入るか、クワイアに入るか、そんな選択をしなければならない地域で育っているんだもん・・・



以前、私の英会話の先生をしていたKennethが言ってた。(彼もロス育ち)

20歳になるまで、元気に普通の生活をしているのは、100人中10人程度だって。

貧しくて病気になる人、ギャングになる人、銃で撃たれて亡くなる人・・・そんなのが当たり前だって。

改めて、日本に生まれ、こうして何不自由なく生活できて、ゴスペル歌っているこの生活に感謝しなくちゃと思った。



午後は、さよちゃんによるレビュータイム、アイリスさんのワークショップが、ほぼ休憩なしで13-19時

椅子に座ることもなく、歩き回りながら歌い続けるパートリーダー

そして、恐ろしく長かったダンスタイム。本日、新しいダンスが加わりました。私、あきらめて見てました

体力の限界



この日、ワークショップが終わって、のぶりんは東京に帰ることに。なんだか寂しいわ

玄関まで見送って、後片付けしていたら・・・

「マック忘れたから・・・」と、のぶりんからメールが。

マック?どこに忘れたの?さっきまでそこで使っていたはず・・・

と思ったら、奴は教会に自分のパソコンを置いたまま、東京へと帰ってしまったらしい

しかも、波多さんから電話がいくまで気づかなかったらしい。恐るべし、天然のぶりん

これまた忘れっぽい波多さんが預かるのはいかがなものかという意見があったので、

私が預かりました。マック、重っ



今回のワークショップは、スタッフ用にお昼ごはんと夜の軽食が出ます。

なんて素晴らしいのでしょう

本日の夜ご飯、山盛りのおいなりさん







1人6個までよ~と言われました。

そんなに食べないよ・・・と言いつつ、明日の朝ごはんにと持ち帰った私。

札幌のワークショップ、あったかいです



続きを読む