素敵なホテルのベッドは寝心地が違う。

久しぶりにゆっくり寝ることができた。

でも、やっぱり乾燥していた・・・マスクしておいて良かった。



9時にkeicoと朝食へ。

1600円もする朝食バイキング

どれにしよう~と悩んでいたら、やたらと時間がかかる。

気がつけばピックアップの時間で、ひぇ~と飛び出す

「もっと早く行くべきだった・・・もっと食べれたのに・・・」と後悔。



お迎えのマッチーに「ごめん」と叫び

教会までで連れて行ってもらう。

そして、あっという間に礼拝。

始まってすぐに私たちの特別賛美

人前で歌うのは初めてだったので、みんな緊張しているようだったけど

しっかり指揮を見てくれて、心ひとつにして歌うことができた。

(すでに半べそのメンバー多し)



礼拝では、ぼくしくんのメッセージが・・・バカウケ

もっと真面目で、堅苦しいメッセージなのかと思っていたんだけど

どうやらゴスペルのみんなのために、少し優しくしてくれたらしい。

クリスマスイボの話も、ソフトバンクホークス優勝にからめたGood newsの話も

ものすごく印象に残った。やるなぁ、ぼくしくん。



礼拝後、ワークショップ参加者でもある、さっちゃんの洗礼式。

この教会は、洗礼槽が1階にあるので移動。

さっちゃんは生まれつき、あまり目が見えない。

ワークショップの時も、点字の歌詞を追いながら歌っている。

この日は、さっちゃんのご主人も教会に来てくれた。

いろいろあって、10ヶ月も教会から離れているらしかったけど

これを機に、また戻ってこれたらいいなぁ。

素晴らしい信仰告白にみんなで涙し、感動的な洗礼だったのに、

その後でメンバーの男の子が洗礼槽に落ちそうになり、大爆笑に

涙はスーッと消えていった。



その後、教会の青年の皆さんが作ってくれたチキンライスをお昼ごはんで食べる。

バタバタとコンサートの時間になるのではと焦っていたのに

微妙に時間があまり・・・なんだか・・・眠く・・・なって・・・



立ち位置の確認をして、みんなでお祈りした。

最初から最後まで、神様が共にいてください。

ひとりひとりの心に触れてください



新聞の折込広告をかなり出したとかで

礼拝堂にはお客さんがたくさんいらしてくださっていた。

もちろん、参加者のご家族、ご友人も来ていることだろう。

知り合いの前って、緊張するんだよね~

でも、昨日のワークショップとは全然違って、みんな伸びやかに、しっかりと賛美してくれた。



まだ本調子ではなかったけれど、私の思いをみんなに伝えたいなぁ・・・というのもあり

ソロも歌わせていただいた。

声はベストではなく、申し訳なかったけれど、私が愛し、愛されている神様への賛美を伝えたかった。

後で聞いたら、ある人はずっと号泣していて、ある人は私の賛美の間中祈り続けてくれたらしい。



ぼくしくんの「涙が止まらなかった賛美」のメッセージもすごく良かった。

最後はお客様と一緒に大合唱。

そして、来年は一緒に歌いたい人~という質問に、何人もの人が手をあげてくださった。

長野らしい、とってもアットホームないいコンサートだった。



コンサート終了後、下でフェローシップタイム。

お客さんともいろいろお話できたし、参加者も次々とやってきて、それぞれの思いを語ってくれた。

はい、おしまい!じゃなくて、とてもいい時間だった。



そして、私からのちょっとしたプレゼントで・・・

毎回、メンバーからカードをいただいていて、それが本当にうれしかったんだけど

私から思いを伝える機会がなかったので、全員にカードを書いてきたのだった。

32枚、いっぱい書いたので、久しぶりに手が痛くなったけど





みんな、すごく喜んでくれて、がんばった甲斐があった。



そして、最後にもう1度、God is so Good to meを賛美して終わりに。

コンサートよりも上手だった・・・



その後、写真撮影タイムが長~くあって、お開きに。

次は2月に同窓会を開くことになっている。

そして、6月からはまた半年のワークショップがはじまる



cakeちゃんから最後にいただいたのは、イチゴのシフォンケーキ。

型だよ。





みんなが帰った後、ぼくしくん夫妻、マッチー、トミーを囲んで、回収したアンケートを読んだり

証しがあったり、アホな話もあったりして、楽しい時間はどんどん過ぎていった。

これで帰るのも寂しいなぁ・・・と思ったけど、

よく考えたら2月にまた来るんだった



帰りもマッチーに駅まで送ってもらい、新幹線は駆け込み乗車。

ほとんど空席なしだったけど、なんとか座れた。

高崎までは爆睡、そこからは夕飯に何を食べるかの作戦会議・・・



新宿でもつ鍋を食べ、keicoとの楽しい、祝福された長野ツアーが終了。

ありがとう、keico。

あんたがいてくれなかったら、どうなっていたかわかんないよ



コンサートの写真は・・・

教会から送られてきたら貼ります。

すまん



続きを読む

6月から通い続けた長野。

今日が最後のワークショップ・・・ちょっと寂しい気もする



いつもは自分で全部企画して、準備して・・・というワークショップだけど、

今回は会社が企画したもので、私は教えることだけに専念できた。

特に今回は初めての試みだったわけだけど、長野福音教会の皆さんが非常に協力的で

教会がメインになって動いてくれたわけ。

このシステム、なかなかよろしいです



翌日にコンサートを控えているので、今回はピアニストのkeicoもワークショップから同行してくれました。

何が楽しいって、2人でちょっとした旅行ですもの。

新宿から大宮に向かい、一番楽しかったのは「駅弁選び」

keicoは大宮駅限定の「大宮弁当」、

私は・・・名前忘れた。季節限定のお弁当。





大宮から長野まで約1時間しかないので、

おしゃべりしながらのんびり食べていたら、あっという間に軽井沢に到着し

「ひぇ~」と焦る2人。

NY在住のkeicoは「日本、素晴らしい。日本は何を食べてもおいしい」を連発。



さて、雪が降るという予報だったので(今朝も氷点下・・・)

かなり着込んできた2人ですが、長野駅に降りたらあんまり寒く感じず

この日はお泊り付きだったので、駅の目の前のホテルメトロポリタン長野へチェックインに。

いいホテルのツリーは豪華です





長野福音教会の牧師で、ワークショップメンバーでもある「ぼくしくん」が迎えに来てくれていた。

いやぁ、いいホテルは違うわ

「こんないいホテルじゃなくて良かったのに~」と言いながら、ニヤニヤ。



途中、ちょいと寄り道しながら教会に到着。

教会もクリスマス仕様に。





毎月撮っていた、教会裏のは遂に収穫されていた。

窓に映る携帯しか見えないか





私の調子が悪いこともあり、今日はボイトレは中止。

その時間をkeicoとのリハにした。

リハだと言ってあるのに、何人かがやってきてる。

後で聞いたら、「リハで先生の歌が聴けると思ったんだもん・・・」と。

だからさ・・・今歌ったら、明日はもう歌えないんだよぉ



さて、ワークショップもはじまり、はじまり。

初めてステージに上がってみたから緊張したのか、

歌詞がなくて不安なのか、

いつもの長野メンバーらしからぬ歌声。

「それじゃ後ろの席まで聴こえないよ。」を連発される。

前日だからセーブしてるのかと思ったけど、そういうわけでもないらしい。

これが初めてってことなのか・・・



かなり不安を残し、ワークショップ終了。

明日までにおさらいしてきておくれ



さて、長野での初めてのお泊り~

ということで、美味しいお店を見つけることを生きがいにしている私が(

今回はkeicoのリクエストで「美味しい蕎麦」のお店を探しておきました。

「手打ちそば屋 かんだた」

しかも、注文するものも調べておきました。

小盛りの油地獄、いなり一個、手打ち、または、釜ゆでの組合せ・・・という極楽セットと

野菜の手作り料理3、4品と、手打ち、または釜ゆでの組み合わせ・・・というにぎわいセットの両方が楽しめる、

「おまつりセット」¥1.300



このあんかけ焼きそばみたいなものが「油地獄」で、

おそばをあげたものにあんがかかってるの。最高

おいなりさんも、そば汁で炊いた油揚げを使った、そばの実入りというこだわりの一品。





蕎麦は後から持ってきてくれます。うまい。





お腹ペコペコだったし、すっごく美味しかったけど、

最後は破裂しそうなくらい満腹になってしまった2人。

お店の人たちは、自分たちが有名店だということにはあまり気づいていないようで

口コミを調べて東京からやってきたと言うと、

「あら、そうなんですか?全然知らなくて・・・あらまぁ。」みたいな感じ。



食べ終わり、下に行ったら、地元長野の新聞があった。

新聞にコンサート情報が載ったと聞いた気がしたので、パラパラとめくっていたら

「何かお探しかしら?」と声をかけられる。

明日のコンサートの情報が載っていないかと・・・と言ったら

従業員総動員で記事を探してくれた。

前日の新聞や、週刊ながのというものまで出してきて。

いい人たちだ。



結局、見つからなかったので(記事ではなく、折込チラシだった)

コンサートのチラシを「記念にどうぞ」とさしあげたら

「あら、先生なのあらら・・・」という、素敵なリアクション。

お店は日曜のお昼まで営業しているので、時間的には間に合わないけど

「やっぱり歌は生よね。聴きたかったわ・・・」と言ってくれた。

いい人たちだ。

今度、みんなで来ますと言っておいた。

かなりおすすめのお店。



満腹だったので、ホテルまで20分の道のりを歩く。

若干いかがわしい道をショートカットで通っていたんだけど、

男性がいっぱいすれ違ったのに、アラフォー2人に声をかける人などおらず

最後に声をかけられたのは

「カラオケいかがっすか





今夜は雪の予報だったけど、空は雲ひとつなく、月が光り輝いていた。

あきらめていたけど、これなら皆既月食見れるじゃんと喜ぶ2人。

それぞれ部屋に戻り、窓に顔を押し付けながら欠けていく月を見て・・・

途中でお風呂に入り、戻ってきたら・・・

月が見えなくなっていた

どうやら真上に行ってしまったらしい。



あと数分で皆既状態とわかったので、すっぴんにもかかわらず、マスクでごまかし、ホテルの外へと出て行った。

真上を見上げたら、赤褐色の月が見えた。

次は見れないかもしれないし・・・と、最大となる23:32まで外で真上を見上げていた。

(keicoは気づいたら寝ていたらしく、外には来なかった。)



なんかすごいなぁ・・・

太陽と地球と月が一直線になるなんて、偶然じゃないんだもんね。

神様がそうやって配置してるんだもんね。すごいなぁ。

もし、神様がいろんなものを適当に造っていたら、こんなことは見れないわけだ。



ワークショップ参加者のcakeちゃんからの差し入れ。

いつもありがとう。

ホテルのキーカードがトナカイでかわいかった。





寝る 続きを読む

今日は誕生日でした

特にpartyもなく、普通どおりレッスンが・・・個人の生徒さん1人だけあって・・・

という感じでしたが、

朝からガンガンお祝いメールは届き、

Facebookもお祝いコメントがいっぱい



スマホに機種変したばかりなので、返信にも苦労しながらだったけど

無事にこの日を迎えられたことを感謝。

私の誕生日は洗礼記念日でもあるので



先日、ちょいと早いBirthday Presentを波多夫妻&のぶりんからもらった。

かわいいまな板と「ロイドジョンズ 一日一言」という本。



この本に、とってもいいことが書いてあったので、一部をシェアします。

もっと読みたい人は・・・買いなさい。



「だが、あなたには確実に分かるはずである。神が無関心ではないということが。それは不可能である。

何にもまさる最大のことをあなたのために行った【お方】は、

あらゆることにおいてあなたを気にかけてくださるに違いない。

そして、たとい暗雲が空を覆い、御顔が見えなくなるとしても、

その方がそこにおられるとあなたは知っている。

・・・神がお許しになること以外、いかなることもあなたに起こるはずはない。

それが何であろうと関係ない。

ことによると、それは何か大きな失望かもしれない。

病気か、何らかの種類の悲劇的事件かもしれない。

・・・だが、このことだけは確信して良い。

あなたにそのことが起こるのを神が許されるのは、

それが究極的にはあなたの益となるからなのである。」




この先、どんな試練が待っているかわからないけれど

この言葉を覚えていたら、乗り越えられる気がする。

続きを読む

半年間、楽しく続いたワークショップの集大成

週末、長野は雪の予報らしいですが・・・

お時間のある方、是非いらしてくださいね。



Gospel Concert in 長野

12/11(日)14:00開演

長野福音教会にて

入場無料です




続きを読む

YIBCに行くのは・・・5ヶ月ぶりかな?

正式に教会のメンバーでなくなってから礼拝に参加するのは初めて。

Pastor Terryに会うのは1年ぶりくらいかも



keicoと同じ電車に乗ることになっていた。

私は新宿から、keicoは渋谷から、それぞれ同じ湘南新宿ラインに乗ることに。



いろいろと落ち着かなかったので、寝坊もせずに早く起きた。

だのに~、な~ぜ~

元気に家を出てから、チャリがパンクしていたことに気づく

チャリだと駅まで10分、歩くと駅まで20分。

完全にアウトなわけで・・・



大慌てでタクシーを呼んだけど、間に合わず。

1本後の地下鉄だと、新宿での乗り換えに6分しかない

大江戸線の新宿駅のホームから、湘南新宿ラインのホームまでといえば端と端

通常の乗り換え検索だと、大抵13分かかることになっている・・・

でも、絶対遅刻できないので、走る



ドアが開く前に深呼吸。

いちについて~、ヨーイドン

元気よく走り出したものの、大江戸線のエスカレーターだけで体力の限界。

そして、足があがらない。息が苦しい。

どうしてと焦った時に気づいた。



「あ、マスクしてた

息ができなくて苦しかったらしい。



マスクを下げ、そこからもあきらめずに走り続けた。

BGMは炎のランナーの主題歌・・・

そして、見事5分で目指すホームに到着し、電車に乗り込んだ。



渋谷でkeicoと合流。

ホントは笑ってる場合じゃない2人だったんだけど、マヌケな私を見て大笑い。

咳も止まらず(それまで咳なんて出てなかったのに)、このままじゃヤバいと思ったけど

なんとか無事に教会までたどりついた。

(車内では咳き込みながらも、濃い話をしたわけです



YIBCに到着。bassのウメシゲさん、drumsのハマシゲさんはセッティングしていた。







私は全く歌わなかったんだけど、その分、みんながめちゃめちゃがんばってくれた

Breakしたら事故りそうだと思っていたけど、やっぱりBreak入れちゃった・・・

それでも見事に歌いきってくれたわ。

これでもかっていうくらいリピート入れたのにね。



礼拝後、みんなの様子。笑っているけど、ヘロヘロだったに違いない。





drumsのハマシゲさんは初めてご一緒させていただきました。

とっても真面目で、カッチリ演奏してくれました





大変な状況で、事前のリハも揃うことができなかったけど

素晴らしい演奏でサポートしてくださったバンドさんたち~





その後、GCTの礼拝にkeicoと一緒に行く予定だったんだけど

急用のために行けなくなってしまった。

でも、腹ペコ2人はお寿司食べ放題を満喫したのであった。

「日本のSUSHI、最高」 by keico



そして、私はGCTの礼拝へと走るのであった・・・

1年分の走りを終えた気がする。 続きを読む