いつもは2泊してくる下関だけど、8月はホテルが高いこともあり、1泊で帰ることに。

ずーっと停滞している台風10号の影響を気にしながら行ってきました。



東京は強い雨が降っていたので、駅まで送ってもらえることに。ラッキー♪

明日は下関も大雨らしいので、大きめのビニ傘を持参。



羽田空港は2020年の東京オリンピックをアピールしてます。

あと4年。あっという間なのかな。





今回の空弁は、東京蒲田ひよこ「炭火焼鳥重」。

揺れたら機内で食べるのが大変かと思い、小さめのものをチョイス。



タレの焼き鳥、塩のつくね、手羽先…と、味の変化が楽しめるお弁当でした。

が、ししとうが大当たり!!ヒー!!





それほど揺れることなく、山口宇部空港に到着。

金魚がいっぱい。





宇部は晴天。

傘なんて持っているのは、私だけ!?

きっと明日役に立つから…と言い聞かせ、握りしめてバスに乗り込む。



下関駅には16時に到着。

ホテルにチェックインして、しばらくのんびりしてからレッスンへ。

新曲の後、Betterをおさらいしたら…

こんなに声が出るの!?とビックリするほどの変化。

…好きなのね、この曲。(笑)



今年もクリスマスは下関なので、礼拝で賛美する曲を決めなきゃいけないんだけど…

この曲は決まりかな?



さて、翌日。

午後から荒れるとは言われているけど、まだパラパラ程度。

スターフライヤーのwebsiteをチェックしたら、月曜火曜のフライトは払い戻しが始まったようで…

いつもなら月曜に戻るので、いつも通りのスケジュールだったら危なかったかも。

今日は無事に飛びますように!



チェックアウトして、スーツケースだけ預けて礼拝へ。

ちょうどトニーの子供がアメリカから一時帰国しているので、トニーは川中。

礼拝後は娘さんのTashaさんの誕生日会にも誘われていたんだけど、川中に行ってしまうと移動が大変なので、残念ながら不参加にしたのでした。

おいしいもの、いっぱいあっただろうな~



礼拝終了後、みんなはバタバタと川中へ移動。

雨も強くなってきたけど、とりあえず唐戸に向かいます!



いつもなら対岸の九州が見えるのに、全く見えない。





フクも悲しげ!?





アメリカから帰ってきて、まだおいしいお寿司食べてないからね。

いただきます~♪





毎度おなじみのサーモン巻、ウニといくらのW軍艦、のどぐろの炙り、クエ…

はぁ、満足!

お天気悪くても、唐戸市場は大混雑だったよ。



どしゃ降りの中、駅まで戻ることに。

16時過ぎに下関を出ればいいので、まだしばらく時間があるなぁ。



ラフィネに電話してみると、今からでも予約が取れるとのこと。

お天気が悪いせいか、ガラガラ!

久しぶりにKさんに担当していただき、「藤崎さん、かたすぎます…」と言われる。

旅の疲れが取れないんです…



その後、スタバで時間調整。

クラッシュオレンジはSold Outだったわ。残念。





ホテルからスーツケースを持ってきて、小倉に向かうことに。

雨が激しくなってきて、階段が滝に!!





予定より少し早めに駅に着いたんだけど…

下関ー小倉間は大雨のために徐行運転とのこと。

ガーン…バスに間に合わないかも!?

ハラハラしたけど、20分遅れで小倉に到着し、空港行きのバスに乗り込む。



空港はいつもと変わらず。

雨も止んでるみたい。

この間買って評判が良かったこれを買ってみた。





上空では揺れが予想されるので…というアナウンスもないので、大丈夫なのかな!?と思って搭乗。

あ、古田新太さん発見☆

どうやら北九州芸術劇場でお仕事だったみたい。



離陸直後、なぜか1人のおじさんが席を立ってトイレに向かう。

「お客様!!」と怒られ、席にもどる…

が、しかし。再びおじさんが立ち上がる。

「お客様、お戻りください!!」

また怒られ、席にもどる…



その後、機体が揺れ始め…

これはしばらくベルト着用サインが消えそうにない。

おじさん大丈夫かなぁ…

気になって眠れない私。(笑)



しばらくして、ベルト着用サインが消えると同時に、男性のキャビンアテンダントが「お客様、どうぞ!!」と、先程のおじさんをトイレに案内。

あぁ、良かった…



このフライト、なぜか皆さんトイレによく行かれて。

揺れたら行けないから、今のうちに!みたいに思うのかなぁ…なんかとても落ち着かないフライトでした。



結局、20分遅れで羽田に到着。

やっぱり1泊はバタバタで疲れるなぁ…



帰宅後、ドイツの母に国際電話。

もう日本には行かない(行けない)と言っていたのに、4年後の東京オリンピックには行きたい!!とテンション上がりまくり。

ホントに来るのかなぁ…

お相手するのは私なわけで。大変なことになりそう。



台風の被害がでないことを祈りつつ、今日はのんびり休んでます。 続きを読む
スポンサーサイト



帰国して1日だけ休み、最初のお仕事は長野でのワークショップ…

長野に通い始めてから、ずーっとこのスケジュール。



時差ボケしていたら仕事にならないので、昨日1日だけで必死になって調整するわけです。

(眠らないように、ブログを書き上げる!)



さて、今回はメンバーのななえちゃんとランチの約束をしてました。

ななえちゃんは元VOTのメンバー。

昨年、山梨に引っ越して、そこから長野まで通ってくれてるんです!!



遠くて申し訳ないなぁ…と思っていたけど、少しずつ長野に来るついでに温泉寄ったりして楽しんでいるのを見て、良かったなぁ~と思っていました。



いつもはお店選びは人に任せない私ですが、渡米していたこともあり、ななえちゃんなら大丈夫だろうと思って任せておきました。

車でぶらぶらしている時に見つけたお店「フフレキッチン」を予約しておいてくれました♪



見た目もなんとなくかわいくて、期待持てそう。

インテリアにもこだわりありそうでしたよ。





ランチは基本1500円のコース。

チョイスによってプラス料金が。

前菜はカラフルサラダ。キュウリ入っていないのを確認済み。(笑)

長野はお野菜がおいしい!

ポタージュもホッとするお味でした~♪



メインは「さわらの生のりバター焼きと白魚のフリット ハーブアンチョビソース」(+300円)。

「ズッキーニは大丈夫ですか?」と聞いてくださる気の使い方がナイス。



デザートは「そば茶のブランマンジェ 栗のピューレと赤ワインのジュレ」(+100円)。

これ、絶品!!

ちゃんとお蕎麦の味がするのに、しっかりデザートになってる~♪



長野はお蕎麦だけじゃないのね~と思っていたら、長野在住の方から「海なし県ですから、野菜はこだわりがあるんですよ!」と。

なるほど。



楽しいランチの後、教会へ。



ちょっと眠くなってきたのは、時差ボケじゃなくて満腹だから…

ゆっくり呼吸しながら声を出したら、眠気覚めました☆



ボイトレを終えて牧師室で休憩。

おいしそうなクラッカー発見!

でも、また食べたら眠くなるから…1枚だけ…うまっ!!



今日も新しい曲を教え、前回のおさらいをして、ワークショップは無事に終了。

途中で寝たら起こしてくれと言っていたけど(寝ながらピアノを弾いた前科あり)、今日は大丈夫でした。



帰国直後は「日本の現実」を突きつけられます。

本場でゴスペル三昧の生活を終え、英語もままならないメンバーにゴスペルを教えるわけで…

最初の年は全てにおいてショックが大きく、「英語に聞こえない…」「こんな声じゃない…」と泣きたかったけど、最近は「ま、これも持ち味ってことで♪」なんて思えるようになっていたわけです。



でも、今日は声に芯が無く、ボケーっとしたサウンドに違和感。

そして、なんだかみんなピッチが下がり気味…

気になりました。



芯のある声と、固い声は別なので、その違いが理解できないと難しいとは思うんだけど、もっと自分の声を聞く意識を持つといいのかもしれないなぁ。

なんとなく全体を聴いているんだと思う。



久しぶりに日本語で教えたけど、ヘマしなかったはず。

(英語と日本語ごちゃまぜで、自分でも恥ずかしくなることもある…)



帰りはおはるさんに駅まで送ってもらう。

アメリカでの話をほんの少しだけしてみた。



駅ビルでお蕎麦買って、帰りの新幹線へ。

なぜか新幹線では一睡もできず。

大宮駅でカオマンガイに寄り道。

夏期限定冷やしパクチーそば!

…なんかしょっぱい?ガーリック入れすぎ!?

もっとシンプルでもいいのでは…と思い、普通のパクチーヌードルにしなかったことを後悔。



大宮駅からは信じられないくらいの睡魔に襲われ、突然バタッと倒れるのでは!?と思うくらい辛かったです…

西武線に乗ってから、もう1回大江戸線に乗り換えなきゃいけないんだけど、「む、無理…」となり。

石神井公園からタクシーに。



ここで奇跡のようなタクシーのドライバーさんが登場☆

はるかかなたからキィーッと現れ、ものすごいドライビングテクニックで我が家まで乗せてくれました。

激しい運転に見えたけど、乗り心地最高。

しかも、我が家まで1メーターって…あり得ないんですが!!

倒れる前に帰ってくることができて、感謝。



Cakeちゃんからは焼き菓子詰め合わせをいただきました。うまい。





そして。

8月といえば、元メンバーのジョンちゃんのお宅から採れたてのとうもろこしをいただくのが恒例なのですが…

今日、いいのが採れなかったとかで、自宅に送ってくれると伝言が!!

ジョンちゃんのとうもろこし、甘くておいしいんだよね~♪

お待ちしてます!!



疲れ果てて寝たのに、お腹がすいて5:30に目が覚めた私。

ごはん食べて、洗濯して、二度寝してから礼拝に行こう。

続きを読む

調子にのってお買い物しすぎたので、スーツケースがパンパン…

予備のバッグも使って、2つ預けることにした。



7:15ピックアップ予定だったけど、30分待たされる。

よくあることだけどね。



そして、車内は「間に合わないのでは…」とハラハラしているヨーロッパからの観光客がブーブー言ってる。

これもいつもの光景。



さて、アプリで事前にチェックインしているので、直接荷物を預けに。

重すぎるから何か出せと言われる。

…2つに分けたのに!?



「kgで言ってくれないとわからないんだけど…」と聞いたら、

「あたし、kgがわかんないんだもん。靴2、3個出してみてよ…」とのこと。

トレジョのペーパーバッグを取り出し、重そうなものを1つ出しては計量。

「まだ」と言われてはまた取り出し…(笑)

なんとかOkayいただきました。



さぁ、アメリカ最後の食事は…

SHAKE SHACK BURGER!!

日本にも来たけど、まだ大行列だよね。

マンハッタンにもたくさんお店があるけど、どこも大行列。

JFKのTerminal 4にはSHAKE SHACKがあるので、私は帰りに食べることにしてる。



いつもはB24の前のお店で買っていたんだけど、B37の前にもあると書いてあったので、今回はそっちに行ってみた。

テーブルもたくさんあるし、充電もできる。

今度からここにしよう~♪



SHACK Burger、フレンチフライ、Fifty-Fifty(レモネードとアイスティーのハーフ&ハーフ)をオーダー。

箱に入って、前より持ち運びやすくなってた。



このお肉がおいしい~♪

そして、ソースとのハーモニーがたまらない。



ここで時間をつぶし、搭乗しました。

帰りのフライトは成田まで直行便。

寝ようと思ったんだけど、「アリ」の映画を発見!

せっかくミュージアム行ったばかりだから、観ちゃおう♪となる。(字幕なしは大変だけど)



そして、1つ観始めたら止まらなくなり、4本観ちゃったよ…

さすがに最後のYou've Got Mailあたりになると、字幕なくてもほとんど聞き取れた。



気流の乱れがあり、何度か揺れました…

でも、意外と大丈夫だった。



成田にはとーるちゃんが来てくれました。

どしゃ降りで大変みたい…

成田をあとにして、2人で向かったのは、うなぎ屋さん!



大好きな西浦和の「古賀」で、うなぎ食べまくり~♪

…肝焼き、レバー焼きがなかったのが残念。



どじょうの唐揚げ。



う巻き。



白焼き。



うな重…松!!



はぁ…大満足。

このために機内食をセーブしてきた私。





アメリカではまともに食事を食べることが少なく、1日1食とか1食半とかが続いていたので…

好きなものを好きなだけ食べられる喜びに浸りながら、帰りの車では寝てました。

(車が苦手なので、いつもは車の中では眠れないんだけど)



そんなアメリカの旅でした。

1日だけ休んで、長野ワークショップからお仕事再開します…

続きを読む

さて、NYで自由に動けるのも今日が最後。

夕方の待ち合わせがまだ決まっていないので、早めに動きだそう。



翌日のシャトルの予約をしてからALDOへ。

前日気になっていたバッグを買ってしまった♪

この風景もまたしばらく見られなくなるね…



Times Squareは工事中の所が多かったなぁ。

そして、前日に銃殺事件があって、まだ犯人が逃げているせいなのか…

ライフル銃を持って警備していて、いつもより物々しい感じだった。



あ、レミゼの劇場。

こんなにNYに通っていても、1度もブロードウェイミュージカル観たことないんだよね。

いつか観てみたいなぁ。





さて、本日のランチは…

ロブスターロール!

去年も来たLuke's。今は日本にもあるけどね。



11時のオープン直後に行ったんだけど、ロブスターがまだ届いていないとのこと。

ガーン…



カニならできるけど?と言われたので、こちらをオーダー。



クラブロール。



おいしいけどさ…

ロブスター食べたかったんだよね…クスン



そして、グラセンまでお散歩。



Grand Central Station☆





地下には美味しそうなお店がたくさんあるんだけど、私が長期滞在していた頃とはお店が変わっちゃってるなぁ。













さて、Ouidaから連絡が来て、待ち合わせは16時になった。

歩きすぎて疲れたので、ホテルでひと休み。



D trainで125のHarlemまで。

駅から地上に上がったら、大声で叫んでいる人がいる。

Harlemらしいなぁ…と思っていたら、Ouidaが車の中から「Emi!! Emi!!」と叫んでいたのだった…



Ouidaの車でNJへ。

まずはスーパーマーケットで、ママのためのお買い物。

ここのスーパーで買い物をすると、マンハッタンとNJを結ぶGeorge-Washington Bridgeの通行料金15ドルがもらえるんだって。

なので、マンハッタンからお買い物に来る人もたくさんいるらしい。

賢い!



これ、果てしなく続くヨーグルトコーナー。



何買ったらいいのかわからなくなる…



さて、目的のお店へ。

Ouida曰く、Charle'sが1番、ここが2番とのこと。

ここで再会したのが…Nadine!

2000年に日本でワークショップをやった時にOuidaと一緒に来日してくれたシンガー。

数年ぶりの再会~♪



こちらのお店、ゴスペルがガンガン流れるSoul Foodのお店。

うん、おいしい!

でも、1人じゃ来れないなぁ。



相変わらず若々しくてきれいだったNadine。





ここで「またね」とお別れし、OuidaにBronxの地下鉄の駅まで送ってもらい、ホテルへと戻りました。



最後の夜。

明日はピックアップが7:15なので、早々と寝ることに。

結局1度も夜に出かけなかった… 続きを読む

今日は誰とも会う予定がないので、1人でぶらぶら♪

まずは、紅茶の専門店HARNEY & SONSへ。



初めて来たけど、素敵なお店。

奥でお茶することもできるので、次回はのんびり過ごしてみたいなぁ。

紅茶やスコーンミックス、ミントなどを購入。



次の目的地へ。



Chelsea Market。



ここはナビスコの工場跡地をMarketにしたんだけど、それは1Fだけ。

2Fから上には、YouTubeの会社とか、オフィスが入っている建物。

すごくおしゃれだよ~♪



こんなかわいいアイシングクッキーも。



有名なチョコレートブラウニーのお店。



カップケーキもかわいい。



ディスプレイも素敵だよね~

チョコレート好きじゃないから買わないけど。



そんなChelsea Marketで、奇跡の出会いが…

私の大切なアレのグッズが販売されていたんです!!

しかも、期間限定ショップとのこと。

わずかなNY滞在中、たまたま来たこのお店で出会えるとは!!



このお兄ちゃんとも盛り上がり、私のコレクション写真を見せたら「おぉ…アジアはすごいって聞いていたけど、こんなに素晴らしいとは…」と感激してくれた。



こんなグッズを売っていたんだけど…

これ、買っちゃいました。

手前がコースターなので、奥のマットがどれだけ大きいかおわかりになるでしょうか。(笑)



大統領選挙のグッズもいろいろあったよ。





Directionもきれい。







さぁ、今日のお昼は大好きなCharle'sへ。

今回全くSoul Foodを食べていなかったので、待ちに待ったランチ☆

世界一のチキン、最高~!!



こちらのお店、今は152stにあるんだけど、今度132ndに移転するんだって。

今のお店は熱がこもってキッチンがつらいんだ…と。

「いつも来てくれるよね?次は新しいお店だよ。」



この日、エンパイアビルのライティングはインド独立記念日のカラーでした。



またクタクタで、全く夜遊びもせずにホテルに戻る。

この日もランチでお腹いっぱいだったので、夕食は食べず。

自由に遊べるのは明日が最後だ…

続きを読む

NYって夜遅くまで明るいんだけど…

つまり朝は日の出が遅い。

朝6時にホテルを出ると、まだ薄暗いし、人もまばら。



持ってきたメトロカードに20ドルチャージして、地下鉄の改札を通過。

…なんかちょっと嫌な雰囲気だなぁ。

Ouidaが地下鉄に乗せたくないって言ってた意味がちょっとわかった。



D trainに乗り込む。

座っていたら、大声で叫ぶ、やばそうな男の人が寄ってきた。

「ひぇ~、神様助けて~!!」と心の中で叫ぶ。

目をそらし、窓の外をジーっと無表情で眺める。

「やい、姉ちゃん。朝っぱらからどこに行くんだ!全くよぉ…」と何やらギャーギャー言っている。

しばらくしたら離れてくれた。

すぐ近くにいたおっちゃんが、肩をすくめて「困ったもんだなぁ」と目で語ってきた。

「ホントよね…」と、こちらも表情だけで返す。



しばらくしたら、またやって来たので、おっちゃんも私もまた目をそらす…



さて、ヤンキースタジアム駅で降りる。

マックに入ってろと言われたんだけど、入ってすぐに「外にいるから出てこい」と連絡が。

Ouidaの車発見☆



最初の教会はTrinity Baptist Church。

Ouidaは自分のために来ている教会だと言っていた。



立派な教会。

音楽は賛美歌中心で、ちょっとクラシカルかな。

クワイアがAll Is Wellを歌っていた。



牧師は女性。

「私は昔、デンゼル・ワシントンと同じ学校に行ってました。つまり、彼のことを個人的に知っています。



でも、その後彼がどうやって俳優になったのか、どんな人と結婚し、何人子供がいて、どこに住んでいるのか、何もわかりません。

昔知っていたけれど、今は何も知らないのです。



皆さんとJesusの関係もそうなってはいないですか?」と。

なるほど…言えてる。

1度知っただけではダメなんだなぁ。

日々、知り続け、交わり続けないとね。



さて、次の教会へ移動。



The Greater Global Baptist Church。

ここはOuidaが奏楽を担当している。







Ouidaが弾いていたハモンドオルガン。



フランスからの観光客の団体がツアーでやってきていた。

英語もわからないのかな!?

ボケーッとして見ている感じ。



夏休みなので、教会の人もお休みが多く、牧師もお休みで、外部からのメッセンジャーが来ていた。

この人がすごくわかりやすいメッセージで、私には良かった。



さて、次ランチ。

なんと、教会でBBQだそう!

The Greater Faith Baptist Church。





うわぁ、この雰囲気。最高!!



「私、アメリカでBBQするの初めて~♪」

テンションが上がってはしゃいでいたら、準備していたsistaたちもニコッと。

「それは良かった!」



あちこちの教会から人が次々と集まってくる。

みんなが来るのを待っていたので、1時間も待つことに…

でも、その間に先程のメッセンジャーの牧師さんとおしゃべりいっぱいできて良かったよ。



BBQで満腹。

125stまで送ってくれることになり、駅の近くでスマホを見たら…

Kelvinのinstagramに情報が。

あれ!?HezekiahがHarlemに来てる!?



Ouidaに「この教会、どこ?」と聞いたら、「ん?それだよ!」と目の前の教会を指差す。

えぇ!?

この時、16:40!!

オープン16:30、スタート17:00と書いてある。



Ouidaに「あたし、知り合い来てるから行ってくる!」と言い、駅で車を降りた。

ここが会場の教会。



中に入ったら…

Kelvin発見☆

「来ちゃったぁ~♪」

「Emi!!」

4月の撮影以来の再会。



Kelvinが気を遣ってくれて、「僕の大切な友達で、日本からわざわざ来ているから、案内してあげて!」と係の人に言ってくれた。

おかげで、特別席。2列目!



Conventionに戻ってきたようなワーシップ♪

Hezekiahの曲は歌わないというのがいいと思った。

みんなHezekiahのファンじゃなくて、礼拝しに来ているのがわかる。



数曲賛美した後、Hezekiahが登場。

すぐに私に気づき、指さして笑ってる。



Hezekiahのメッセージは初めて聞いたけど、これがまた良かった。



彼の教会はBrooklynにあって、去年くらいからHarlemで開拓教会として始めたらしい。

私も1人でBrooklynまで行くのはなぁ…と思っていたので、Harlemで礼拝があるなら行きやすいもんね!



終わってからHezekiahの所へ。

私「先週Conventionだったから、帰りに寄ったの~」

H「Conventionどうだった?」

私「すごく良かった!!」

H「それは良かった。」

…その後の会話は秘密♪



隣に座ってたお姉ちゃんとその息子とおしゃべりしたら…

この息子、まさかのHezekiahのバックシンガーの1人で、Jasonともお友だち!!

「えぇ!?JasonはあたしのことMotherって呼ぶくらい仲いいのよ!」と。



しかも、彼はBetterのNYバージョンに出演しているらしく。

「私、東京の方ででてるの!」と。

彼はMinisterなので、歌えるだけでなく、preachもできるんだって。





そういえば、以前は必ず名刺を持ってきていたけど、今はその場でFacebook検索してもらってつながればいいので、楽だよね。

この時もMarcusとすぐにつながることができた。



この後、トレジョでお買い物。





…どうやって持って帰ろう。

おみやげばかり。



ランチが遅かったので、夜ごはんは抜き。

朝はエナジーバーだけだったし、ほぼ1食だった。

食べたいものいっぱいあるのに、食べる余裕が全然ない!!



明日はフリーだ。 続きを読む

5時起き。

はぁ…Convention終わっちゃったんだなぁ…

いつもは土曜の朝は誰にも会えず、昨日までのConventionは夢だったんじゃないかと思うのとが多い。

でも、今回はLeonardが空港まで送ってくれるので、いつもとは違う。



6:15にLeonardから準備。

ロビーに降りる時に電話してとのこと。

了解!



初日から食べていたサンドイッチ。

ちょうどこの朝に最後の1つを食べました。



ロビーに降りて、チェックアウトしている間にLeonardが車を用意してくれた。

重いスーツケースも軽々と持ち上げてくれて、頼りになる。



空港まではあっという間。

「じゃあ、1ヶ月後ね!」

そうだ。1ヶ月後には日本で再会。

今年は3回も会えるんだなぁ。



Deltaのアプリで事前チェックインは済んでいたので、荷物を預けたらそのままセキュリティチェックへ。



Louisvilleにもしばらく来ないだろうなぁ。



あ、ライトがパーティーバーレル!?



Louisvilleまでは小さな飛行機だけど、非常口の席に移動させてくれたので楽々☆

「万が一の時はよろしくね!Just in case!」



約2時間のフライト。

うとうとしていたら、あっという間にラガーディア空港に到着。

Welcome to NYの文字発見。



スーツケースをピックアップして、シャトルをお願いする。

30分後と言われたけれど、そんなに待たずに来てくれた。



マンハッタンは道路がボコボコ。

そして、みんな運転が荒い!

ジェットコースターに乗ってる気分で移動…



10人くらい無理矢理押し込まれていたけど、次々と乗客が降り、最後の2人に。

ドライバーが「いやぁ、暑いなぁ…」とぼやいていたので、「東京はもっと暑いよ…」と私。



ド「は?どこから来たの?」

私「日本だけど?」

ド「嘘だろ。おまえ、日本人なのか!?」

私「そうだよ。」

ド「ちょっと待てよ。日本人でそんな頭の奴、見たことないぞ。おい、後ろの姉ちゃん!ちょっと見てみろよ。日本人に見えないよな?

ラテン系としか思えないよ…」

…そんなやりとりあり。(笑)



去年は数ブロック先で下ろされ、散々な思いをしたけれど、今回はホテルの目の前で下ろしてくれた。

いつものホテル、Hotel STANFORD。

大改装中で、フロントはすごく変わっていたけれど、部屋はいつもの感じ。







なんと、シャワーヘッドがこのタイプ☆

うれしい~♪



デスクの上には謎のペットボトルが2本。

未開封。

何も書いていないけど、ウェルカムドリンクなのか、飲んだら有料なのか、前の客の忘れ物なのかわからず…

(フロントで聞いたら、無料だというのでもらった!)





お腹もすいたので、近くでお昼ごはん食べて、お水とか買ってこよう。

ピザ食べようと思ったのに、buffetにしちゃった…



毎度おなじみ、Snapplesの蓋裏。

コアラは最もよく眠る動物だけど、1日22時間も寝るんだよ~だとさ。



エンパイアビルの下にあるWalgreenへ。

Beaがくれて、美味しかったお菓子を発見。



なんと、スタバのコーヒーが通常13ドルのところが今だけ6.99ドルとのこと!!



レジに行ったら、13ドルで打たれたので

「これ、安くなるんじゃないの?」と聞く。

すると、Walgreenカードを持ってる人だけの割引だという。

フリーで作れるし、電話番号入れるだけだよ!と言われたけれど、

「あたし、日本の番号だから…じゃあ、これ諦めるわ。」と伝える。



すると、レジのお姉ちゃんが「ちょっと待ってね。」とピッとやってくれて、ニコリ。

なんと、割引してくれたのだ!!

「キャー!!ありがとー!!」



…こういう優しさ、アメリカっぽいね♪



1度ホテルに戻り、身軽になって再びお買い物へ。

Macy'sでは観光客のディスカウントがあります。

必ずこれをゲットしましょう♪



誕生日なのにほったらかしのとーるちゃんに、洋服のプレゼントを。



H&Mに行ったら、DJのお姉ちゃんがいた。

レジに行ったら、レジのスタッフが隣の人に「今日のDJ誰?」と聞いていた。

隣の人は「知らない」と。

私が「女の人だったよ」と言ったら、

「あぁ、わかった…あの人か」と嫌そうな顔。



「DJって毎日違うの?」と聞いたら、

「そう。だから、日によって全然違うのよ…」と。

とりあえず、このお姉ちゃんはこのDJが嫌いらしい。

ちょっと選曲が古い感じだったしね…



両手に荷物たっぷりの状態で、大好きなSpeedy'sへ。

お釣りを渡される時に「はい、セブンイレブン(7.11ドル)♪」と言われ…

2人で大笑い。

「あんた、いいことあるよ~♪」とのこと。



部屋に戻り、これを食べたら疲れと眠気が襲ってきた。



明日はOuidaと礼拝に行くんだけど、朝早いから、お金はOuidaが出すからタクシーでBronxまで来いと言われた。

でも、タクシー嫌いだから、地下鉄で行きたい!1人で行けるから!と言い張る。



なんと、待ち合わせはBronxに6:30!!

ホテルは地下鉄の駅の真上なので、移動は楽だけど…

また5時起きだ。

ひぇ~!!

もう寝ます…

続きを読む

起きたら10:30…

Leonardからは8:30にメッセージが届いていた。

「ごめん、今起きた…」

もう着ない衣装などを荷造りし、ホテル内のUPSから日本に送り返す。

230ドル…痛い…

けど、ここで送らないとNYで買い物もできないし。



荷物出して廊下を歩いていたら、今日はもう出番のない人たちがぶらぶらしてた。



大好きなChuck。

今回は奥さんが来てないから、1人なんだとさ。夕方にはここを出発してアトランタに帰るらしい。



何これ!?



Pastor Morganの靴でした…



昨日のメッセージ、聞かなくてごめんよ。



こちらも大御所牧師のLoretta。

ここ最近、ようやく話ができるようになり、彼女のFBにも「our family member from Japan, Emi」って写真を載せてくれてた♪



こちらがTerrance。

大阪に教会もあるそうなので、そのうち…



さぁ、Leonardとランチへ。

その前に散々部屋でミーティングしましたよ。



Louisvilleのメインストリート4th Street。



TGI Friday'sにて。



ハンバーガーをオーダーしたら、メニュー写真とあまりにも違う…



ホテルに戻り、Leonardと分かれてお散歩。

モハメド・アリの街。



時間がなくなって行けなかったけど、メジャーリーグのバットのミュージアムがあるのよね。

なので、街中にもバットのオブジェがある。



モハメド・アリのミュージアムに行ってきたよ。

Convention割引で2ドル安くなり、入場料7ドル。



なかなか素晴らしいミュージアム!

Louisvilleに行くことがあれば、是非。



モハメド・アリはLouisvilleが生んだスーパースターでもあり、African-americanの星でもあり、人種差別と闘い、平和のために闘った人としてアイコンとなってます。





閉館後、ホテルまでお散歩。

…と思ったら、Rodneyから電話が。

明日の朝、空港まで送ってもらうことになっていたんだけど、教会員の娘さんが亡くなり、今晩のコンサートでソロ歌ったらすぐにCincinnatiに戻らなければならないことになったと。

「あたしは大丈夫。Leonardに送ってもらうなら…」と。



競馬の街!



あちこちにオブジェも。



さて、夜のYYAコンサート。

時間が早まっていたことを知らず…

来たら始まっていた。



この日だけやってきたDavidの娘が、ジーっと私のことを見ていた。

「私のこと覚えてるの?」と聞いたら、コクンとうなずき、おいで!と言ったら私の上に座ってきた。

この子、全くしゃべらないので障害があるのかと思っていたんだけど…

今回初めて話しかけてきて、なんだぁ~と苦笑い。



最高のドラマーのKevin。

日本に来てほしいなぁ~



Carleeは今年もベストボーカリスト賞を受賞☆

小学生とは思えない歌唱力!



Jimmyは1年ぶりにやってきた。

ベース、オルガン、キーボード…何でもこなしちゃう。



LeonardとTommy。



お疲れ様~♪



Davidはこの日だけの参加でした。





この日は例年よりも早く終わったので、みんなのんびり。

散々おしゃべりして、夜遅くなってからLeonardとTommyと私の部屋でミーティング。

Thomas A. Dorseyの本ができたんだって。

早くほしいなぁ。



明日は5時起き…

Leonardに空港まで送ってもらうことに。

あっという間のConventionでした。 続きを読む

爆睡しようと思っていたのに、5:30に喉が燃えるように痛くて目が覚める。

まずい…今日もコンサートなのに。

慌てて薬を飲んで、また横になる。



朝の礼拝は休ませてもらおうかと思ってたけど、クリーブランドのメンバーが歌うので、それだけでも聴こうと思って来た。

Lecreciaがソロを歌い、素晴らしい賛美!!



Morganには申し訳ないけど、メッセージの前に退出してランチへ。

(この聞き逃したメッセージが15分のみで素晴らしい内容だったとのこと。無念!)



たまたまレストラン前でJohnに会い、一緒にランチ。

若かりし日のLeonard、Rodney、JohnたちのConventionでの話を聞けておもしろかった♪

(どうやって恋に落ちて結婚したか…とか!)



Johnはいつも写真を撮ってくれるので、あまり一緒に写真に写らないのよね。

前日に撮ったSelfie。

まだ50くらいかと思っていたら、57才だったことが判明…



ランチを終え、最後のMass choirのリハ。

前日はAlumniのサウンドチェックと重なったので、リハを欠席している私は、1度も歌ったことがない曲が何曲か。



更に、今年亡くなったDaryl ColeyのTributeメドレーをやることになり、突然リハが始まった!!

ガーン…知らない曲ばかり。

必死になって聞き取るのも途中で諦め(笑)、スマホで歌詞を検索。

ありがとー、Google☆

急遽集められたシンガーズたち。



そして、大御所Edwin Hawkinsも一緒に歌うことに。



リハの最後はEarnestのお祈りで閉める。

この写真、私のinstagramにタグ付けしておいたら、本人も使ってくれてた。



さて、着替えて本番前。

Rodney、Lecrecia、Michael。



コンサートのゲストはBeverley Crawfordでした。



終了後…

CarleeとCordell。



LecreciaとMorgan。



MichaelとLecrecia。



いつもならコンサート終了後はみんなとフォトセッションなんだけど、突然テキストが送られてきました。

極秘プロジェクトのメンバーに選ばれてしまい、深夜のミーティングが!!

英語のミーティング、難しい…

眠い…

何も話せない…



部屋に戻ったら3時。

明日の朝、Leonardと朝ごはん食べながら話そうって言ってたけど、起きられない…

続きを読む

起きたら10:30。

喉が痛い…まずい…

温かいもの食べて、薬飲まなきゃ。



友達がホテルのbuffetが美味しかったと言っていたので、1人でレストランへ。

ケンタッキー州での初フライドチキン。

うまっ!!

野菜もたっぷり食べたよ。



Louisvilleは競馬で有名なので、こんなオブジェも。



歩いていたら、Lecreciaが来ていた~♪

左は娘さん。全ての楽器が演奏できて、歌えるミュージシャン☆



Leonard発見。

手前には奥さんのMarilynが。(笑)

サボってごめんね…と言ったら、「Emiは寝なきゃ…」と。



そこへママが登場!

Pre-teenのランチョンイベントがあって、帽子を含めた衣装で集合だったらしい。

すごい服だな…



Leonardの末っ子Carlee(右)が歌っていたんだけど、最後のLord~♪しか聴けなかった…

また賞を撮ったらしい。



午後はAlumniのサウンドチェック。

今年はAlumni創立50年?とかで、みんなでお揃いのTシャツ作って「Tシャツ day」だった。



この後、Alumniのスタッフの選挙がありまして…

私、開票係を任されました!

まぁ、他の人がやるより仕事は早いよね。



記念撮影するって言ってたのに、解散しちゃって…

慌てて呼び戻して撮影!



コンサート前に仮眠したかったけど、おさらいもあったので眠れず。

すっごい難しい曲があって、必死。



さて、今年の衣装はNavy blue & Fuchsiaというカラー。

Fuchsiaって色がわからなかったけど、これでいいのかなぁ…と悩みつつ。



コンサート直前のリハ。

アメリカにはFuchsiaの服たくさんあるんだね。



Chrisの曲のおさらい。



Jasonのおさらい。



コンサートの写真は無い…と思っていたけど、友達の写真をもらった。



で、コンサート終了後は記念撮影。

Alumniの後にBeaと一緒に撮影するのが恒例。



こちら、プリンスと呼んでいたDerrick。

実は、この春にステージ4の肺ガンが判明し、大手術を終えたばかり。

初日に会った時には息苦しそうで、弱々しかったんだけど、月曜の礼拝でHoly Danceで走り回り、最後は倒れてしまって…

ところが、その後からビックリするくらい元気になって。

みんなで「癒されてる!!」と驚いていたわけ。



こちら、ConventionのPresident!

いつも私を優しく迎えてくれるよ。



右がゴスペルの父Thomas A.Dorseyの孫、Tommy。

真ん中はプリンスのキーボーディストCassandra。

私を見ると「Hey boo~♪」とハグしてくれる。



AlumniのMusicコーディネーターMichael Dotson。

Voceが今歌ってるAll Is Wellの作者でもある。

お疲れさまでした!





部屋に戻って2時。

寝る…疲れた…

続きを読む