昨日は6時起きで、お昼寝なしで深夜2時までリハだったので、かなりしんどかった…

でも、ハードスケジュールのおかげで、時差ボケ感じてる余裕なし。



今日は朝11時の礼拝からスタートなので、ちょっとのんびりできた。

お姉ちゃんが「この間、あたしだけfamily pictureに入ってなかった…」と言われたのでツーショット。





礼拝の様子。

この日のPraise & Worshipでは、Friend of GodやAnd We Are Gladなど、Voceのレパートリーとなっている曲も結構ありました。

私の選曲、悪くないらしい。(笑)





礼拝後、部屋で軽く食事をとり、14-16時はMassのリハ。





Jasonもやってきて、「Mother~」とハグされる。

今夜の礼拝で歌うらしいので、奴の大好きなのど飴を渡す。





クワイアのみんな。





こちら、大御所のMargaret Douroux。

遂に1人で歩くのがしんどくなったらしく、孫と一緒に歩いていた…

そして、自分の書いた曲も忘れちゃってて、かなり不安になる。

ゴスペル界の高齢化、深刻です…





こちら、JasonのママJocelyn。

珍しく、シンプルでいい曲を書いてきた。





16-18時はAlumniのリハ。

かけもちしているので、私には休憩時間がないのです…









Phillはキーボーディストなんだけど。

意外なことに、ベースがすっごく良かった!

こっちのミュージシャンは、一通り全部の楽器弾けますって人が多いのね。

そこそこうまい人もいるし、そうでもない場合もあるけど。

彼はベースもドラムもすごかった。

ちなみに、Voceの1回目のクリーブランドツアーで演奏してくれました。





Alumniのmusic cordinatorのMichael。





この人、去年もいい曲書いてたけど、今年のAnthemもかっこいい。

こっそりMr. Gucciと呼んでる…





朝のうちに作っておいたサンドイッチを詰め込み、夜のserviceへ。

お姉ちゃんが18:30には席を取りに行くから、Emiも早くおいで!と言われたので、急いで行く。



Praise & WorshipはStephen。





Jason率いるYoung Adultは素晴らしい!





Anthony Brownはもちろん最高。

でも、シンガーズの中の白人の人がtoo muchで気になった…何だろう、動きとかアピールの仕方が。

私もyellowなので、あんな風に浮いて見えるのかなぁ…と、ちょっと気になる。





serviceが終わり、またまた深夜のAlumniリハ。

明日が本番なので、たぶん長丁場…覚悟してます!!



赤ちゃんの時から知ってるIsaiahくん。

毎年駆け寄ってきて、ハグしてくれる。









この人、数年前にも来てたけど、ものすごいハイトーンを歌える美声の持ち主。

でも、実はパラノイアになってて、2度と人前では歌えないだろうとドクターに言われていたらしい。

それを乗り越えての今があるという、彼の証しでもあるTrust Youという曲。素晴らしかった…





今年は新しいsongwriterだらけで、名前と顔と曲が一致しない…





















この日、部屋に戻ったのは午前3:20!!

明日、絶対礼拝に行けないと思う…

ここ2日間、部屋でドライフーズかサンドイッチしか食べてない。まともな食事して、喉を休めたい…



そうそう。ママが私のために用意してくれていた手作りケーキ。

優しいママの味に癒されたわ…

続きを読む

朝7時のリハからスタート…

このまま礼拝本番に突入します。

月曜朝のConsecration serviceは、全員が白一色!とても神聖な気持ちになる、特別な礼拝。





最近のパターンとして、クワイアが心もとない場合はシンガーズを前に立たせる。(笑)





LucretiaとBeth。





今年初参加という、Stephenの教会の人と。





だいたい9-13時くらいという長丁場の礼拝で、私たちクワイアはステージにずーっといなければならない。

眠いし、見られてるし、後半はかなり辛いんだけど…

なんと今年は地元クワイアが賛美するということで、私たちの賛美が終わって、メッセージ前にステージを降りられた。

降りる時にLeonardが「眠くて死ぬかと思ったから助かった!」と。私も!!



で、ママの所に行って、残りの礼拝を家族一緒に参加できたのでした。





今年、いつも隣にいてくれるBeaが不参加。

どうやら会場のホテルが予約できず、毎日他のホテルから移動するのは大変だから…とキャンセルしたらしい。

Beaのいない、初めてのConvention。

悲しんでいたんだけど、「BeaからEmiに預かってきたものがあるよ!」とお友達が渡してくれた。



泣ける…

で、私のプレゼントも彼女に託したのでした。



礼拝のメッセージが終わった途端に会場をあとにして、部屋に戻る。

あと30分でMassのリハ!!

急いで日本から持ってきたドライフーズを食べ、リハに。



有名なアーティストらしいCarolですが…

巨体のため、キーボードの所まで歩いていくのにすごい時間がかかり、更に呼吸を整えるのに時間がかかる。

本気で体重落とすべきよ、あなた。





パーキンソンが進んでしまい、もうスクーター無しには移動できないパパと。





14-16時のMassのリハを終え、16-18時はAlumniのリハ。





今年はプロモーションにも力を入れているので、「みんなで写真撮りまくって、#dorseyalumni17とハッシュタグをつけてアップしろ~」と言われ、撮影大会に。









バンドさんたち。

今年は不参加のミュージシャンもたくさんで、大忙しです…





リハを終え、部屋でサンドイッチを食べてから19時スタートのPre Convention serviceへ。

ギリギリに行ったら、めちゃめちゃ混んでる!

そういえば、ゲストアーティストが何人か来るのを忘れてた。





今年、1番ショックだったこと。

毎年、Massのコンサート終了後に「今年も恒例の写真撮るわよ~」って言ってたDenise。

見かけたので手を振ったのに、無反応。

「誰?」と言われる。

え!?と思ったら、「目が見えなくなっちゃったのよ。Emiなの!?」と…



糖尿病から失明したらしい。

去年は見えてたのに、こんなことってあるの!?

そんなDeniseと廊下で一緒になったので、この夜のserviceは2人で参加することにした。





話を聞いたら、目の前まで近寄ればなんとなく見えるらしい。

でも、色は無くて、白黒でボーッと。

なので、「今ステージに来たクワイアはね、すっごいきれいなティファニーブルーのローブ来てるよ。Praise danceのチームがその前にいて、flag振りながら踊ってるの。」と説明してみた。

「見たかったなぁ…そのローブ」とか言われると泣ける。



この日のゲストアーティスト、

Jason Nelson(全然見えない…)





Maurette Brown-Clark



私の中では、Baltimoreといえばこの人で…

何かの曲のイントロで「what's up, Baltimore~!!」って言ってるのがすごい印象に残ってるのよね。(笑)



Jonathan Nelson





serviceが終わり、Deniseを部屋まで連れて帰ってから、Alumniの深夜リハへ…

またまた夜中2時までリハは続くのでした。

続きを読む

深夜1時に寝て、5:40に起きる。

とんでもない時間に「行くぞ!」と言われる可能性もあるので。

「Ohayo…」と、眠そうな声でLeonardから電話。

7:10に出発と言われる。了解!



今日は数年前にも1度行った、First Baptist Church of Glenardenという教会へ。

友人で、かなり有名なアーティストのStephen HurdがMusic Ministerとして奉仕している。

また、ここ数年でグーンと売れてしまったAnthony Brownも賛美リーダーの1人。



ここでまたLeonardのスマホのGPSにやられ…

ホテルの回りを一体何周回ったの!?って感じ。

途中でStephenから「来てるの?」と連絡があったので、「on our way. We lost!! LoL(向かってる。迷った!笑)」と返事する。

Stephenのゲストだと伝えるようにと言われ、とってもいい席に案内された。



前回来た時は、Stephenは朝1の礼拝を終え、他のchurchに移動していて会えなかったのよね。

当時、デビュー前のAnthony Brownがリードしてて、この人いいなぁ~と思ってたら売れてしまった。



手前に座ってるのがAnthony Brown。

大きいでしょ?この教会。





これが会衆の席。コンサートホールかよっ!!ってサイズ。



今日はゲストプリーチャー。

話が短いのに、すごい良かったので、いつも話の長い波多さんに「短くていいメッセージで、みんな喜んでいた」とLINE。(笑)



Anthony Brownのリードで賛美。

Stephenが歌うのは終わってたらしい…ごめん。



ドレッドをカットしてから初めて会った。

なんか物足りない…



久々に会えてうれしかったよ~♪

Stephenは初めてConventionに参加した時からお友達。





朝8時からの礼拝だったので、終わるのはお昼前。

Leonardがホテルの近くにいいお店を見つけたというので、ランチに。お店に向かっていたら、まさにそこから帰ってきたママとお姉ちゃんに会えた。

元気そうで良かった~



そこにひょっこり現れたBeth。観光を楽しんでいる様子。





こちらがMiss Shirley's。

オーナーはTV番組とかも持っていて、地元メリーランド州ではかなり有名人らしい。お店も何店舗かあるみたい。



すごい行列なんだけど、病院みたいにブザーを渡され、順番が来たら席に案内されるシステム。しかも、ビルの最上階にwaiting room完備☆



これが食べたい!

フライトグリーントマトの上にクラブケーキがのってる、エッグベネディクト!!

でも、「Market price」(時価)という恐ろしい言葉が。

いくらか聞いたら26.99ドルと言われたので、泣く泣く諦める…





で、すっかりアメリカ人な私のチョイスは…

お店おすすめのカニ入りスープ。

絶品☆





フライドグリーントマト。

涙が出そう。そして、アメリカとは思えない美しさ!





会いたかったよ…のCollard Green。

ほっぺた落ちた!!





単品の組み合わせで、トータル16ドル程度。

他にも食べたいメニューがあったので、離れる前にまた来たい。



部屋に帰って、30分だけお昼寝。

14-16時でMass choirのリハ。

リハに行く時に、ドレスアップしたママに会う。



こちら、リハ前のPraise & Worship。



明日の朝の礼拝で歌う曲かな…と思われるものを習ったが、いつも直前のリハで変わるから何とも言えない。



16時に部屋に戻る。

なんと、まだ部屋の掃除が終わってない!!

しばらくしたらようやくやってきたので、部屋の隅に座ったまま掃除してもらったんだけど…

仕事が遅い。やる気がない。

客が目の前にいる時くらい、ちょっと気合い入れてやれば!?と思う。

だって、チップもらうんだから…ホントあり得ない。



ひと休みして、19時から夜の礼拝。といっても、ほぼコンサート形式。

本日のゲストはRicky Dillard。うちのYouthが歌うことに。

Leonard, Lucretia, Lucretiaの娘のTitiと座る。





さすがのRicky様だったけど、動画撮ってて写真がこれしかない…(このアプリ、動画アップできないのよね…不便)





礼拝は23時頃に終わる。

今からAlumniのリハ。遅れないようにして行ったら、ほとんど人が来てない…

結局深夜2時までリハ。

明日は朝7時からMassのリハ!!

ここが一番しんどいスケジュールだから、なんとか乗り切らねば… 続きを読む

今年もやってきました、Conventionシーズン☆



初日となる土曜の午後に現地入りするため、いろいろがんばった結果…

American Airlineで20万もするチケットを購入するはめに。しかも、BaltimoreからNYは陸路移動予定なので…なんかとっても損した気分。

がんばって働くしかない。



ここ数年、羽田からの深夜便が定番でしたが、今回は成田からの午前便。6:30に我が家を出発したけど、朝から渋滞にはまりドキドキ…

車の中で、サングラスと扇子を忘れたことに気づき、ちょっと凹む。

結局、空港でモーニングも食べられずに搭乗となりました。







American Airlineは比較的シートの間隔が広いことで有名です。

機内食もそんなにまずくなかったかな。

まずは11時間のDallasへの旅。





私は4人掛けシートの通路側。ギリギリまで隣が空いていたので、ラッキー!と思っていたのに、おっちゃんが座ってしまった…

このおっちゃん、私は「話しかけないでオーラ」を出していたので(早く英語モードになりたいから)、1度も話をしませんでしたが…反対の席の女子大生にずーっとどうでもいい話をし続けてました。気の毒。断れない感じだったし。



Dallasに到着。

トランジットなのに2時間しかなくて、更に入国審査がなかなか進まず。

トランプ政権になって初めての入国だったけど、特に問題なかったかな。

そして、スーツケースがなかなか出てこなくて…しかも、アメリカの空港にありがちな「空港内の移動は電車」という広さ!

結構ギリギリで次の飛行機に乗り込みました。



Dallasといえば、Kirk FranklinのキーボーディストShaunが住んでいるところ。

「今Dallasだよ~2時間だけで、もう移動だけど」とメッセージを送ったら、「えぇ!!会えないじゃん…」と。

でも、来年の会場がDallasなので、来年どこかに連れていって~♪とお願いしたら、「もちろん!!」と。やったぁ。



Baltimoreの空港に到着。

Leonardにピックアップをお願いしていたら、娘のCrystalがbaggage claimまで迎えに来てくれた。





実は、到着したのが14:30くらい。

15:00からMass choirのリハがキャンセルにならず、それを他の人にお願いして迎えに来てくれていたのよね…



ちなみに。そのリハは5人しか集まらず。(爆)

「来てくれてありがとう!またみんなの元気そうな顔を見れてうれしいよ~」みたいな挨拶のみで終了したらしい。

初日の午後なんて、まだ到着してないもん…やめればいいのに。いつも思うんだが。



今年の会場はBaltimore Marriott Waterfrontというホテルです。

私の部屋からの眺め。







お部屋はこんな感じ。

なんといっても冷蔵庫付きなのが最高!

ハムやチーズを買ってきて、毎日部屋でサンドイッチ生活なので。







買い出しに行くのにLeonardを待っていたけど見つからないので、事前に調べておいたCVSまで1人で出かける。

1度、500ミリのペットボトル24本セットを手で持って帰って死にかけたことがあるので、お水だけは車で運んでもらうことにして、パン、ハム、チーズ、レモネード、ヨーグルト…などを購入。



ホテルの目の前はInner Harborといって、Baltimoreも有名な観光地。

最後にお散歩したいな。





これが外から見たホテル。

アホみたいに大きくないから、移動は楽。





帰ってきたらLeonardと連絡がとれる。

地元教会のイベントに招待されているので行こうと。もう始まってるから、とりあえず食事は後になった。

あまりにもラフな格好だったので、「その格好で教会に行くつもり!?」と言ったら、大慌てで着替えてきた。ちゃんと私の洋服に色を合わせたところはエライ。



車で散々迷って、かなり到着が遅れた…

Gospel Tabernacle Baptist Church





もう始まってから2時間くらい経ってるはずだけど、今なお続いてました…

Baltimoreは歴史的にもchurch choirが有名なエリアだそうで、パワフルな賛美を堪能できました。





「Hara hetta…(腹へった)」ということで、教会の方がおすすめしてくれたDINERへ行きました。

Double T Diner

なんと24時間営業!これは滞在中にまた来れそうだね。



BaltimoreといえばCrab cakeが有名。

LeonardがサーモンのサイドにCrab cakeをつけるから、それを食べろと言われ、私はとりあえずDINERらしいチキンを。

巨大なチキンが4つも!!(半分お持ち帰り…)

見かけ倒しのチキンは味があまりしませんでした。塩コショウで調整。





これがCrab cake。



これだけじゃ???なんだけど、割ると…



カニだらけ!!

揚げるか、焼くか選べて、これは揚げたもの。ソースはかかっていなくて、マヨネーズが中に混ざっている感じ。おいしい。



入口にはケーキがたくさんあったんだけど…



これを見て「悪魔だ…」と言ったら、Leonard大ウケしてた。

ネズミなのかなぁ…あり得ないレベル。





帰りに向かいにある、Walmartへ。

Leonardは奥さんから山のような買い物リストを渡されているので、巨大なお店をカートがらがらしながら2人で走り回る。

サングラスも買ってもらった。

なんと、2.5ドル!!





明日はどこの教会に何時に行くか、まだ決まっていない。

朝連絡すると言われたので、早く起きて待ってないとな。 続きを読む

早いもので、今年もConventionの季節がやってきました!



YIBCでの賛美、下関でのライブ…とバタバタしていたらあっという間。

前日に大慌てでパッキング。



「全然用意できない。誰か助けて~」とFBに書いたところ、

「あたしもこれから!」

「あたしなんて、今洗濯してるところよ」

「これこそConventionだね~」と、

次々とConvention familyから書き込みが。

そんなことやってるからはかどらないんだけど。



今年の開催地はBaltimoreです。

初めて行くから楽しみ~♪

Crab cakeが有名らしい。





Waterfrontのホテルで、その辺りが観光地とのこと。

ホテルに軟禁状態だろうけど、最終日くらいは観光したいなぁ…



で、それが終わったらOuida主催のゴスペルのイベントに参加します。NJで開催。

どんなイベントになるのか…ちっともわかりません。



それも終わったらManhattanに移動して、1日だけフリー。

絶対時間足りない…



てなわけで、盛りだくさんのスケジュール。

19(土)に帰国します。



木曜の夜に、この間ひねった足首をまたひねり…捻挫のまま出国しなければならないあたし。

何やってんだかねぇ。

早く痛みがおさまりますように。



とりあえず、ブログは帰ってから更新するので、Twitterをチェックしてね。

いってきます。

続きを読む