今日は月に1回のバイブルスタディの日。

いつもは狭いお部屋で学びをしているんだけど

なぜか今日は地下の広いお部屋・・・

ガランとしていて、なんだか落ち着かなかったねぇ。



今日のテーマは「神を恐れる」。

恐れには、必要な恐れと不必要な恐れがあり、

必要な恐れは、危険を回避するうえで大切なものである。

神を恐れるというのは、最も大切な恐れである。



<神を意識する>

日本人には「神を意識する」という感覚が薄い。

それよりも「恥」というものを強く意識する傾向がある。

つまり、人の目を気にするということで、誰も見ていなければ気にしなかったりするわけだ。

それに対して、海外の人たちは「罪」を意識するため、

人の目よりも『神の目』を気にする。



<神を敬う>

神との関係を大切にする。

つまり、神との会話である「祈り」を大事にすることが必要である。



<神に従う>

神の御声を聞き、従う・・・大事だとはわかっているけれど

なかなか難しいこと。

ついつい自分で判断し、行動してしまいがちだ。



「主を恐れることは人を命に至らせ、常に飽き足りて、災いにあうことはない。(箴言19:23)」

「主の聖徒よ、主を恐れよ、主を恐れる者には乏しいことがないからである。(詩篇34:9)」




このあと、それぞれの思いをシェア。

普段はあまり人に話せないような思いもシェアできる、川井先生とこのメンバーたちに感謝。
スポンサーサイト



歌の力

ヴォイトレ効果!?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)