礼拝が終わった時に、1人の男性に声をかけられた。

2週間前にも教会に来て…あの時、ゴスペル歌われていた方ですよね?と聞かれた。

「あ、はい…」



しかも、礼拝の後にいつものへ行ったんだけど、

そこでもバッタリ会っていた人だった

その日初めて来たというので、自己紹介をしていた女性がいたのは覚えていたんだけど…

その人と一緒にいたらしい



彼は話を始めた。

あの日一緒に来ていた女性は、実はシンガー。

でも、去年の12月に流産してしまい、それから悲しみの中にいて、歌うこともなかったという



あの時は、彼女の小さい娘さんが「教会に行きたい!」と言ったので、

昔の職場のボスである彼と一緒にYIBCにやってきたとのこと。

たまたまその日は、Voceが賛美をする日だった。

そして、私がソロを歌っているのを聴いて、感動してくれたのだそうだ。

歌の意味はほとんどわからなかったけれど、一緒にいた彼も何かを感じていたという。

「クワイアーの方も涙を流していて…胸を打たれました。ゴスペルって素晴らしいですね」とおっしゃってくださった。



そして、歌から遠ざかっていた彼女は「私、もう一度歌いたい」と言ってくれたという。

それを伝えたくて…と彼。



私もうれしくて、彼女によろしくお伝えくださいと言った。

今度のコンサートにも是非と。



こんな風に、私の歌を通して何かを感じてくださった方がいるなんて。うれしいねぇ

やっぱりゴスペルには力があるんだなぁ

これからもがんばろうと、すごくうれしくなったのでした



ちなみに、彼は私たちのお気に入りにお勤めの方。

いつも行くお店のマネージャーをしていたんだけど、今は本部勤務だという。

そして、シンガーの彼女は、彼がマネージャーをやっていた時にウェイトレスをやっていたんだって。

「そうなんですか礼拝で賛美したら、必ず行くんです大好きなんです、あのお店」と言ったら…

「じゃあ、今度割引券持ってきますね」だって。

やったね


スポンサーサイト



ダウン

バイブルスタディ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)