12時にロビーで待ち合わせ。

Lolly the Trollyというバスツアーに向かう。

ドライバー兼ガイドのおばちゃん曰く、他にもツアー参加者がいるし、ガイドの流れを妨げないように通訳は小さな声で・・・と言われた。う~ん・・・

これがそのバス。かわいいでしょ。







クリーブランドには元々たくさんのインディアンが住んでいて・・・

川の西側と東側で、街の様子がだいぶ違う・・・

橋の上から、広く曲がりくねった川の様子が見える・・・

などなど、間をおかないでガイドが続く。

通訳する間もない。



レナードは、私がガイドを理解できなくて通訳していないと思ったらしく、

隣でガイドと同時に簡単な英語で通訳補助をし始める

余計わかんないし

途中から、必要だと思われる箇所のみを通訳。

ま、説明がなくても楽しめるツアーではあったんだけどね。









エリー湖に浮かぶ潜水艦





インディアンズの本拠地のスタジアム



ツアーが終わり、ホテル近くのフードコートでランチ。

何を食べようかな・・・と歩いていたら、レナードが誰かと話しているのを発見。

なんと、コンヴェンションで楽曲提供をしてくれている通称「ビブラートマン」のJohnだった

クリーブランドに住んでいるんだって。

でも、明日のコンサートには来れないという・・・残念!







ランチを食べ終わり、みんなはお休み。私は、レナードと一緒にCleveland State Universityへ。






スポンサーサイト



クリーブランドツアー~インタビュー

クリーブランドツアー~ワークショップ1日目

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)