向かった先は、コンヴェンションでもおなじみのバージニアさんのお宅。

なんと、彼女が1人で8時間もかけてソウルフードを作ってくださったの

お庭でフェローシップパーティーです



ワークショップで一緒に歌った人たちも駆けつけ、

まずは私たちを歓迎する歌







レナードが「日本語では、goodのことを『いい~』って言うんだよ!」と教えていたので

リードをとっていたおばちゃんが

You look so good ~というところを、You look so ii~と歌っていた



さぁ、好きなだけ食べなさい。デザートもあるから、その分はお腹をあけておくのよ~と言われ、

私たちはおいしそうなソウルフードをお皿によそった。









席につくと、いつもで写真ばかり撮っていたおばちゃんが、みんなにをくれた。

「早起きして、みんなの分を作ったの。このお人形、マカロニなんだけどね。

Emiは指揮をしていて、みんなは譜面をもって歌っているのよ」と教えてくれた。







ソウルフードが大好きで、アメリカに行く度にアホみたいにソウルフードばかりを食べている私だけど

今まで食べてきた中で、最高の味だった私は本当に感激していた。

そして、「素晴らしい・・・彼女のcookはgift(賜物)だわ。」と言った。

バージニアは、いつもコンヴェンションに来ていたけれど、

クリスタルのお世話をしているおばちゃんという認識しかなかった。

こんなに素晴らしい料理の腕前・・・お店出したらいいのに



食べ過ぎたなぁ・・・と思っていたら、すごいケーキがやってきた。

チーズケーキの上にチェリーソース。

甘そうと思ったのに、これまた最高の味でした。







「バージニア、私・・・あなたの子供になりたいくらいよ。」

そう言うと、彼女は喜んで「わかった。じゃあ、今日からEmiは私の養子よ!」と言った。

ギャグかと思ったんだけど・・・彼女の実の息子たちがやってくると

「ほら、挨拶しなさい。今日からあなたの妹よ。」と、真顔で紹介していた。

「ナ・・・Nice to meet you...



はい、ママと娘です。







その後、レナードの奥さんのマリリンが、2番目のクローエ、3番目のカーリーという2人の娘を連れてきてくれた。

話にしか聞いていなかった、知的障害をもつクローエに会うことができて、私は本当にうれしかった。

そして、生まれながらにして心臓に疾患をもっている長女のクリスタル、

片時も目を離すことができないクローエ、

まだ小さくて、そばにいてあげなければならないカーリー・・・

この3人の娘たちを抱え、レナード一家はすごく大変なのに、愛のある、素敵な家族なんだなぁ・・・と思って、ジーンとしてしまった。



クローエは、初めて会った私には近づこうとはしなかった。

レナードがクローエにごはんを食べさせている隣で、私はカーリーにごはんを食べさせていた。

いつもは私にべったりのクリスタルだけど、他の日本人のお姉さんたちと遊んでいた。



穏やかな時が流れ、何度も涙があふれそうになった。

こんなにしてもらえて、ホントに幸せだと思った。



途中、空にをみつけ、みんなで空を見上げていた。

そこにクローエがやってきたので、

「クローエ、見てごらん。虹だよ~」と話しかけ、空を指さした。

すると、クローエは空を見上げて「plane(飛行機)」と言った。

私が空をよく見たら、虹よりも小さくて、みつからないくらいのが飛んでいた。

「ほんとだ・・・クローエ、あっちは虹だよ。」と言ったら

「rain...bow...rain...bow」と何度か繰り返し、私の腕の中で虹を指差してくれた。

やっと打ち解けることができたみたい。



こっちはやんちゃなカーリー。







なかなか空が暗くならないけれど、すっかりいい時間になってしまった。

明日は早朝のフライトなので、パッキングもしなければならない。

そろそろお別れの時。



レナードに、この数日間の謝礼+みんなからのカンパをあげた。

あとでその金額を知ったレナードは驚き、「なんてことだ・・・」と言いながらも、喜んで受け取ってくれた。

これで、すっぽかされたゲストのエアーチケットの支払いもできるし、おつりもたっぷりくるはずなのだ。

少しは役に立てただろう。



ママにも、他の何人かにも、ラスベガスで会える私。

「See you in Vegas !」と言って、ハグをした。

ママは「何日に行くの?何時に着くの?」と聞いてきた。

どうやら、空港に到着するのもほぼ同じ時間らしい。楽しみだ。



素晴らしいフェローシップをありがとう




スポンサーサイト



クリーブランドツアー~さようなら、クリーブランド

クリーブランドツアー~礼拝

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)