長年連れ添ったピアニストの景子が引っ越すことになり、いらなくなった家具や電化製品の引き取り手を探していた。

うちのクワイアでも呼び掛けるよ~と言ったら、写真をアップしてくれた。



「あたし、このタンス欲しい



誰かに声をかけるつもりだったのに、真っ先に飛びついたあたし

洋服が増え、収納できなくなり、いい加減になんとかしなくちゃと思っていたところだったの



といっても、で運べないので、赤帽に配達してもらうことに。

赤帽さんは1人で来るので、ちょっと手伝いが必要とのこと。うちはエレベーターなしの三階だし



寝室に運ぶためには…この部屋の大掃除が必要

次々と片付け、ダスキンでほこりを取り、雑巾で吹いて…

ただの物置と化しているドレッサーをずらし、タンスを入れるスペースを確保



タンスは景子の家を13時に出発し、予定通り15時ちょっと前に到着。

追加料金を取られないよう、「私、運びます」と、抜き取った引き出しを次々に運んでいった。

最後は赤帽のおじさんが「だ、大丈夫です」と言いながら、1人で運んでくれたけどね



おじさんは、「部屋まで運びますよ」って言ってくれたけど、「あとは大丈夫です」と断った。

考えながら動かさなきゃいけないしね。



ベッドがあるので、ちょっと持ち上げたりしなくちゃいけなかったんだけど、無事に搬入終了。

持ってたタンスと同じ奥行き&高さで、並べたらバッチリではないですか



満足



…と思っていたんだけど、夜になったら…



腰が痛い



そんな予感がしていたので、明日は仕事前に整骨院の予約が入っております

若くないんだから、無理しちゃいけないね
スポンサーサイト



おいしいお寿司が食べたくなったら・・・

賛美のち満腹

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)