前回は去年の9月、ちょうど主催するワークショップと同じ時期にやってきたカーク

新宿でバッタリ出くわし、みんなでおしゃべりしたなぁ…



10ヶ月ぶりの来日公演、本日のセカンドステージ自由席二番をゲット前回と同じように、かぶりつき席でした。この席は、カークだけでなく、コーラスのお姉ちゃんたちとも絡めるので楽しい



キーボードのショーンは、ステージに上がるとすぐに私に気づき

「He~y,how are you doing?」と言ってきました。

キーボード/オルガンのボビーは反対側で、客席をぐるっと回っていったので声をかけられず。

ちなみに、ボビーと私は…ほぼ同じ髪型おっさんだと思っていたのに、1つ年下だった



これからライブに行く人もいるだろうから、内容については書きません



私はまたもや手にキスをされ、両手を取られて踊らされ、クラップさせられ…と、カークにいじられまくり

今回、客席のあちこちから何かを叫ぶお客さんがいたんだけど…(リクエストだったのかな?)

声も通らず、英語もイマイチで、本人たちは「何だって」ばかりだった。

微妙に流れが止まるから、困るんだけどね



アンコールが終わってから、ショーンが私のところにやってきた。

元気だった?来るなら言ってよ~とか話していたんだけど、「Emiは東京に住んでるの?俺、土曜日まで東京だから、会わないかい?」という、嬉しいお誘い

とっても嬉しかったけど…明日の夜から下関涙なんというタイミングの悪さ



「ごめん…明日の夜から東京離れちゃうのとりあえずメールするわ。」

う~ん、明日のランチなら可能かしら



ウォルターの葬儀の話(カークをはじめ、彼らもアメリカ国内にいれば参加するはずだったらしい。)なんかもできた。「朝まで見てたけど、凄かったよ…」と言ったら、「誰か録画してないかな…」とブツブツ

TV放送があることを教えてあげた。(私は観れない)



ボビーも帰りには私に気づいた。おぉ、元気だったかいと、少しだけおしゃべり。



2人ともソロが凄まじかった口をあんぐり開けたまま聴いてしまった私。あんなプレイ、見たことない…さすがだ



またどこかで再会できたらいいなぁ。
スポンサーサイト



残念!

Walter's Homegoing Service

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)