いよいよ毎年恒例のコンベンションへ

いつもは「現地集合&現地解散」のだいちゃんと、偶然同じフライトになったので、成田で合流。



今回はデルタのチケットを予約していた。

私のチケットには、成田→オーランドの直行便のように書かれていたけれど、だいちゃんのチケットには成田→アトランタ、アトランタ→オーランドとなっていて・・・なぜか便名も到着時間も一緒になっていた



成田は本日が出国ラッシュということで、めっちゃ混んでいたけれど、シルバーエリートなので優先チェックイン。オンラインでのチェックインができなかったので、カウンターに行くしかなかったのだが・・・

「お客様のお座席は、搭乗口にいかないとわからないですね・・・」と言われてしまった

しかも、もらえたチケットはアトランタまでのもの。アトランタからオーランドは、アトランタに着いてからもらえと言われる。



せっかく2人で同じなのに、座席は前後。微妙。

そして、隣には高校生らしき女の子が2人だったのだが、英語が全然できなくてオロオロ。

「すみません・・・ビーフって牛肉ですか?チキンって鶏肉ですか?」

フライトアテンダントのお姉さんが来る度に、こっちを見ながら助けを求めてきた。

いいんだけどさぁ・・・アメリカ着いてから大丈夫かね



アトランタに到着。入国審査で「何日間滞在ですか?」と聞かれ、「オーランドには1週間、その後でニューヨークに4日ほど滞在します。」と答えた。それだけなのに、「英語上手だねぇ。どこで勉強したの?」と聞かれる。優しいお兄さんでよかった。

同じ頃、他のゲートでは「日本語通訳の方、○番ゲートにお願いします」となっていた。ホントに話せないと、通訳呼ばれるんだねぇ・・・



一度スーツケースをピックアップし、再び預ける。ここで「すみません、オーランド行きのチケットがないんですけど・・・」と言うと、「カウンターに行けば大丈夫。荷物はここで預けなさい。」と言われる。ホントに大丈夫か



オーランド行きの搭乗口に行き、事情を説明すると、お姉さんはとなっている。隣のサービスカウンターに行けと言われ、サービスカウンターに行ったら「そのまま乗れるから、搭乗口に行け。」と言われる。

搭乗口に言ったら、「そんなこと言ったって・・・これじゃどこの座席かわからないわ」と大騒ぎ。あちこち電話しまくって、なんとか私を搭乗させようとしてくれている。電話の向こうの指示は「その人はオーランドまで直行でチケット買っているんだろ?そしたら、誰かをおろして、その人を乗せなさい。」という、むちゃくちゃな指示

他の人たちがどんどん搭乗しているのに、どうなるのかさっぱりわからない状態だったけど、遂に私のチケットが発券された

カウンターのお姉さんと、満面の笑みで別れる



アトランタまで、あまり寝ないで来てしまったため(ドキュメンタリー1本、映画2本を観た)、オーランド行きのは爆睡(いつもこのパターンで、着陸まで気づかない・・・)

オーランドの空港には、ちづりんと息子のロニイがピックアップに来てくれていた。ありがたい。



ホテルに到着。今回の会場は、ヒルトンオーランド。できたばかりで、めっちゃきれい

どうやらAlumniのリハをやっているみたいだけど、腹ペコなのでサボる。

(あとで聞いたら、素晴らしいリハだったらしい。反省

初日は近所のデニーズで、微妙な夕食を食べました






スポンサーサイト



日曜礼拝&リハスタート

いってきます

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)