今回のツアーには、八王子のヌピが初参加。

ヌピと言えば、レナードのひげを剃ってくれた床屋さん



こちら、その時の写真







クリーブランドに到着し、レナードと再会した時に

「Oh, my barber(僕の床屋さんだ)」と、喜んでくれたのでした。



ここで、日本語をどんどん覚えてしまうレナードに教えたのは・・・

「バーバーは床屋さんだけど、ババーは意味が変わっちゃうから気をつけないとダメよ。」

すると、「Okay, no ババー。バーバー・・・」とつぶやくレナード。



レナードはきれいな日本語をマスターしたいそうです。

そして、日本語で私たちがおしゃべりしていても、なんとなく内容がわかるまでに・・・

秘密のおしゃべりもできなくなってきました

みんなも気をつけましょう。
スポンサーサイト



下関が・・・

残念な・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)