下関には、素敵なJazz Clubがある。

こんな大物呼んじゃって、大丈夫なのと思うくらいのBig Artistが演奏しに来ちゃう・・・

「Jazz Club BILLIE」



今回、私が下関にいる間に、Don friedmanというジャズピアニストの大御所が、Trioでライブをやることになっていて

しのっちがチケットを取っておいてくれた。

Jazzなんて・・・滅多に聴かない私だけど、いい音楽に触れるということは大事なので、喜んで行って来ました。



Don friedman・・・なんと75歳

でも、そんな年齢を感じさせない、素晴らしいライブでした。

ピアノの音が、全然おじいちゃんじゃないの。きれいな音だったわぁ



こんな方です。







腰に携帯つけて、ウエストポーチもぶらさげていて、なんかかわいかった



この日のメンバー:ベースはPaul Dwyer、ドラムはTommy Campbellでした。



このドラムのトミーが・・・とってもおちゃめな人で。







Jazzのドラマーがこんなに楽しそうに演奏するんだ・・・って思うくらい、大きな口を開けて、いい表情してました。

そして、観客もいじる。私もいじられ



初対面なのに、前から知り合いだったような気になってしまうトミー。

帰りに話をしたかったんだけど、熱狂的ファンのおばさまたちが囲んでいて、サインにに・・・だったので

ちょこっとおじぎをしてお店を出ようとしたら



「おいおい、ちょっと待ってくれ。お前、ミュージシャンだろ?シンガーか?

だと思った。そういう雰囲気だったんだよ

と、話しかけてきてくれました。



彼は東京とNYを行き来しているようなので、今後もお会いすることがあるでしょう、きっと。

お友達になりたい、おもしろいおっちゃんでした

あ、プレイはもちろん素晴らしかったし、お客さんを楽しませるってことを知っている人だなぁと思いました。


スポンサーサイト



胃袋につられて

Bishop・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)