レナードが帰国してから、心にぽっかり穴があいていた私。

寝る時以外はずっと一緒にいたからねぇ・・・とってもさびしいわけです

それなのに、「着いたよ」というメールの後、全然連絡がなくて・・・



今日、礼拝に出かける前にFacebookを立ち上げたら

レナードがオンラインになっているのを発見

「Leonard!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

とチャットを立ち上げたら、

「EmiちょうどEmiのことを考えていたのが、なんでわかったんだい

と返事が来た



木曜から仕事に復帰したけれど、時差ぼけがひどくて・・・

やっと回復してきた感じだという。



そして、

「今日、来年のワークショップに連れて行きたい人から連絡があったんだ。

さて、誰でしょう。」と書いてきたので

「クリーブランドの人?」

「コンベンションの仲間?」

「男?」

というやりとりが続き・・・

正解は某大物キーボーディストだった



私はそんなにいっぱいしゃべってはいないんだけど、彼女は私のことをしっかり覚えていて

そういう素晴らしいワークショップなら、是非手伝いたいと言ってくれたそうだ。

しかし、大物キーボーディストの彼女。

つい最近まで、世界的に有名なアーティストのツアーで、ヨーロッパを回っていたわけで・・・



「あの・・・おいくらかしら・・・」と、恐る恐る聞いてみたら

「それをなんとかするのが僕の仕事だろ?」と

頼もしい返事が返ってきた。

レナード、素敵



でも、彼女のスケジュールが流動的らしく、

私たちのワークショップに日程調整できるかどうかが怪しい。

もしダメな場合は、プランBとして、別のキーボーディストを考えようということに。



「たとえばMとか」というので

「DEBU 」(太っているので、エコノミーで来れないよという意味)と書いたら・・・



「Youtubeに移っていた自分の姿を見たら、あまりにもDEBUなのでビックリしたんだ・・・」と

寂しそうに書いてきたので、大笑いしてしまった。

(今回のワークショップの動画のことね。)

大丈夫だよ、レナード。

確かに大きくなったけど、レナードはまだまだ大丈夫



もっと話したかったけど、教会に行かねば。

ということで、また後でね~と、チャットを終えた。



今年のワークショップが終わったばかりなのに

もう来年の計画を進めてくれているのね。

すごいなぁ、レナード。忙しいのに。

私も「忙しい」とか「休みがない・・・」とか言ってないで、がんばらねば。



というわけで、皆さん。

来年は大物キーボーディストが来日する可能性が高くなってきました

すべてが整えられるよう、お祈りくださいませ
スポンサーサイト



英会話

演奏会のご案内

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)