数日前、フラメンコギタリストであるビセンテ・アミーゴのコンサートに行った。

とーるちゃんがフラメンコギターをやっているので、

去年、おととしとトマティートというギタリストのコンサートには行っていたが

ビセンテは初めて。

あんまり先入観を持ちたくなかったので

CDもあまり聴かずに行った。



初めて本場のフラメンコギターのプレイを見た時

それはそれは感動したものだった。

あの情熱はどこから出て、何に向けられているのだろうか・・・と思ったのだ。

私がゴスペルを歌う感覚とどこか似ているような気がした。

単純な私は、フラメンコを歌いたいと思ったが・・・中途半端には取り組めないと思

い、やめた。(笑)



いよいよコンサート。

8列目でバッチリ見ることができたのだが

なんて爽やかなの!!というのが第一印象。

そして、ジャラ~ンとギターが鳴った瞬間

ジーンとしてしまった。この音、好き・・・



最初はソロで演奏したのだが

サイドギターやベース、パーカッション、そして驚いたことにキーボードまで入る編

成もあり。

(本当はバンドネオンとの共演のはずだったようだが)

JAZZの要素もあり、でもフラメンコの情熱にあふれ

ビセンテって本当にすごいなぁと思った。



何曲目か忘れたが、ビセンテとキーボードのみで演奏が始まり

そのあまりの素晴らしさに涙があふれた。

すごい、すごすぎる・・・

音楽ってすごい、これを奏でる彼らもすごい、

そして、それらすべてをつくった神様って本当にすごい!!



感動にひたり、

「こんな素晴らしい演奏の後は、おいしいものを食べよう!」となり(笑)

この間行ったばかりなのに、またまた寿司処東山へ。



この日はパパの誕生日だったので、そこからパパに電話をかけてあげた。

携帯ではなく、家に直接かけたので

ちょっと不機嫌な感じで「Good morning...」とでたパパ。

「Papa~」と一言話しかけると、「Emi!!!!!!」と大喜び。

そして、とーるちゃんと一緒に「Happy Birthday !! 」と大きな声で伝えた。

みんなEmiが来るのを楽しみに待っているからね!と言われる。

アメリカの家族・・・私も楽しみ。



あぁ、あっちでもいい音楽にいっぱい触れてこよう!




スポンサーサイト



アンドレ・クラウチ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)