いよいよNYともお別れ。

シャトルのピックアップは9:30。以前、やたらと待たされて焦ったことがあったけど、

前回のアトランタ出発に比べればたいしたことはないなぁ・・・

今回は無事に、というか早すぎるくらいのJFK到着。



いつもスーツケースの中にもう1つカバンを入れておき、

荷物を預ける時に2つに分けて預ける私。

国際線は無料で2つまで預けられるので。

今回もバッチリのはずだったのに、スーツケースの方が少しオーバーしているという。

いつもなら大目に見てもらえるところなんだけど

日本人スタッフだったせいか、結構厳しい

しょうがないので小さい方のカバンに移し、更に機内にもう1つカバンを持ち込んだ。

あ~、面倒。



搭乗ゲートにもよるのだろうけど、JFKはあまり楽しめるところがなく

あちこちウロウロしたけど、結局ピザを1切れ食べて、のんびり過ごした。

あと少しで使えなくなってしまうアメリカ用の携帯を片手に

いろんな人にテキストを送っていた。

Chuckからも返事が来て、

「Emiがコンヴェンションを楽しんでくれたならうれしいなぁ・・・」って。

楽しんだよ!Chuckとの時間もね



に乗り込む。

約13時間のフライトなのに、シートにモニターが付いていない

なんてこった・・・



あらかじめ予約しておいたので、通路側のシートではあったけど

窓側の席は日本語も英語も怪しい韓国人女性、

真ん中の席は英語が全然できない日本人の太めのおじさん、

そして、通路側が私という配置。

韓国人女性はいろいろわからないらしく、隣のおじさんに何か質問していたんだけど・・・

おじさんもよくわかっていないし、なんだか大変そうだった。

そして、このおじさんが曲者で、やたらと世話を焼こうとする。

言葉も通じないのに、いっぱい話しかけて説明しようとしていた。

しまいには私を突っついてきて、「説明してもらえないかな?」って。

別に本人は必要としていなかったんだけどねぇ。



更に、電気をつけたまま彼女が寝てしまったら

電気を消してあげようとしていた。

でもね、スイッチってシートの内側にあるでしょ?

若い女性が寝ているのに、そこに手を突っ込むおっさんておかしくない

親切もほどほどにしなさいよって思っていた。



ビールを飲んで酔っ払ってしまったのか、

機内食のサラダに蓋がしてあったのに、その上からドレッシングをかけていたおじさん

見て見ぬフリをしてあげた・・・



遠くのスクリーンを見る気にもなれず、コンヴェンションの録音を聴いていた。

あ~あ、あんなに苦労したのに、今なら譜面見なくてもほとんど歌えるなぁ。

残念

この曲は帰ったらやってみよう!とか、

この曲はやりたいけど・・・無理だなぁとか思いつつ

長いフライトを過ごした。

あんまり眠れなかったなぁ。



成田には予定よりも1時間早く到着。

どうやら東京はものすごく暑いとかで、

練馬の最高気温が37.5度というニュースを目にする。

NYよりも10度くらい高いってこと

まいったなぁ・・・と思ったけど、すぐに新宿行きのリムジンバスに乗り込み、眠ってしまったので暑さを感じず。

途中の記憶が全くないくらい爆睡



家に着き、眠気覚ましにシャワーを浴び

夕飯を食べて、夜中までがんばって起きていた。

せっかく時差ぼけ対策に購入していた薬を、配送してもらうスーツケースに入れっぱなしという失敗をしてしまい

結局自力でがんばるしかなかったの

土曜に長野ワークショップを控えているので、

なんとしても時差ぼけになってはいけない

気合入れて眠るっていうのも変な話だけど、

寝るぞ~
スポンサーサイト



時差ぼけに負けるな

NY~傘を求めて三千里!?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)