先月、下関に来ている時に知ったのだが、

昔ルームシェアをしていた友人が、ミュージカル公演で博多に来ているという。

それも1ヶ月間

なので、今回は博多に移動し、その友人と会うことにしていた。



ちょっと失敗したのは、博多から北九州空港への乗合タクシーがあると勘違いしていたこと。

早朝便と深夜便だけだったので、結局小倉経由で帰らなければならない・・・あぁ、残念。



とはいえ、美味しいものがたくさんある博多

行きは電車でのんびりと向かった。

新幹線を使わなければ、1500円くらいで行けるの。



九州新幹線が開通したおかげで、博多駅もすっかりリニューアルされ、ピカピカ

どこに何があるのか、よくわからなくなってしまった

すっかり浦島太郎である。



とりあえず、ホテルに向かう。

Voceの博多ツアーでも行った、「まる家」さんの近く。

ホテルマイステイズ博多というところで、楽天で予約したら4.000円

しかも、ポイント使ったから3.600円になった

とってもきれいで、広くて、ここに住みたいと思うくらい素敵なホテルだった。



待ち合わせ時間までまだ余裕だったので、駅に戻る。

そして、またまた「あご茶漬け」を探す・・・

が、みつからないので、「あごだし」をとりあえず買ってみた。



友人から「終わったよ~」と連絡あり。

博多座へ向かう。

彼と会うのは・・・去年のお正月以来

お互い忙しいのでなかなか会えず、前回は「keicoがアメリカに行く前に・・・」というので、3人で会ったのだった。



もう1ヶ月も滞在しているので、お店はおまかせ。

連れて行ってくれたのは、「わらきたれ」という中洲川端駅近く、商店街の中にある居酒屋さん。

なにしろ陽気なお店で、店員さんと会話ができない人にはつらいかもしれない。

「おねえさん、お名前は?Emiちゃん?お仕事は音楽関係?へぇ・・・」っと、料理を作りながら、ずーっと話しかけてくる。

店員さん、全員がこんな感じ。

1人の女の子は5月に石巻から博多にやってきて働いているというので、

「あたし、仙台なの~。大変だったでしょ・・・」と地元の話をしてみたり。

同居人との昔のエピソードを話したり。



で、出てくるものは全部おいしかった

ここに行くために、また博多に行きたいと思えた。



ちょっとずつ、いろんな種類が楽しめた刺し盛り。

うますぎ





博多に来たら、これ。ごまあじ。





カウンターにずっと置いてあったとうもろこしが気になって、「これ、どうなるの?」と聞いたら、揚げてくれた。

ケンカにならないように、そして食べやすいように、4等分にしてくれた。

これ、絶品





他にも、お魚の煮付けも美味しかったなぁ。

店員さんに聞けば、いろいろおすすめを教えてくれる。

あぁ、既に戻りたくなってきた



2軒目も、彼の行きつけのお店。

他に誰もいなかったので、「Emiちゃん、久しぶりに歌おう」とを渡され

昔一緒に営業で歌っていた「A Whole New World」を2人で熱唱

カラオケなんて、何年ぶり

あんた、昼間もミュージカルで歌いまくったんでしょと、相手の喉を気遣ってみたが

本人は楽しそうに歌っていた・・・



突然、「次、ちょっと寄るところがあるから・・・1人で帰れる?」と言われ

私は博多の街に置き去りにされた

でも、周りを見渡し、どうやらここからちょっと歩くとYUKAさんのお店がある場所だと気づき

突然「KAZU NEW YORK」に押しかけてみた。



Voceの最初のニューヨークツアーで、ツアーガイドをしてくれたYUKAさん。

数年前に日本に戻り、博多でご主人とお店をやっている。

もちろん、本業のJAZZ singerとしてステージにも立っている。

ご主人のかずさんには、ニューヨークのご自宅でも手料理をご馳走していただいたり、

帰国前に働いていたジャパニーズ居酒屋でもご馳走になった。

その素晴らしい腕前のかずさんがお料理を作ってくれるお店。

こじんまりとしているけど、居心地いいのよね。



お店に入ると、「いやぁ、Emiちゃんじゃない」と飛びついてくるYUKAさん。

「あれま、どうした?」と、奥からかずさんも驚いた顔をしていた。

他のお客さんが帰っても話は尽きず、閉店後もおしゃべりしまくり。

そして、深夜にタクシーをひろって、ホテルまで帰ったのであった。



そして・・・

同居人とも、YUKAさんご夫婦とも写真を撮らず、

またもや料理だけのブログ。

反省。








スポンサーサイト



大集合

あご茶漬けを求めて・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)