コンヴェンションの仲間ケイラが4ヶ月間だけ秋田の大学に留学している。

せっかくなので、日本にいる間にどこかへ案内してあげたいなぁ・・・と思っていたら

しのっちが「僕が招待するから、京都に連れてきてくれないか?」と言って来た。



しのっちも数年前にコンヴェンションに参加し、ケイラとお友達に。

日本が大好きなケイラのために、浴衣をプレゼントしたこともある。

もう仕事の関係でアメリカには行けそうにないしのっちは、

「せっかくケイラが日本にいるんだから、その間くらいおもてなししたい。」と思ったらしい。

でも、英語はあまり話せないので、私に通訳として同行して欲しいと言い・・・

私の分の旅費まで負担してくれるという

なんていい奴なんだ

こうなったら、精一杯通訳としてがんばろうと、はりきる私。



2泊3日の京都への旅。

どうしても初日は午後の授業に出たいというので、初日はかなり遅い出発に。

羽田空港でケイラをピックアップしたのは16:45。

できるだけ安くするため、新幹線自由席を購入している私たち。東京駅から新幹線に乗り込む。



私は疲れていて、寝たかったんだけど

「寝ていいわよ。私は若いから眠くないわ。」と言われたのが気に入らず、私も起きていた

漢字の本を取り出し、漢字の書き取りを始めるケイラ。

私は日本語の先生になったのであった



20:00、京都に到着。

しのっちはホームまで迎えに来てくれていた。

「Welcome to Kyoto」と言いながら。

ケイラとは数年ぶりの再会。



まず、ホテルまで地下鉄で移動。

1泊8900円もしたのに、かなり古くて怪しい雰囲気・・・これが京都のハイシーズンというやつなのか。

荷物だけ置いて、すぐに食事に行くつもりだったのに、ケイラは全然出てこない。

しばらくしたら、全部着替えて降りてきた。

しかし、この時期の京都は寒いのに、なぜかサマーセーター1枚だけ。

「ねぇ、それじゃ寒いよ。」と言ったら、「大丈夫」と言った。そうなのかなぁ。



私のお気に入りのお店がいっぱいだったので、近くの焼き鳥屋さんに。

なんでも食べられると言ったケイラだが、実はポーク、わかめ、トマトは嫌いとのこと。

それはなんでも食べられることにはならないんだが。



お通しが素敵だと、早速写真を撮り始める。

ちなみに、に見えるケイラのドリンクは「100%ぶどうジュース」です。

この人、マフラーもストールも何もせず、このセーターだけで寒い京都の町に出てきました・・・





どうやら、このカボチャのカットが気に入ったらしい。





この後、デザートでも食べる?と聞いたら大喜びだったんだけど

やっぱりコートも着ないで寒くなったらしく、歯をガチガチ言わせて震えている。

・・・アホだ

私のストールを貸してあげた。「だから言ったでしょ・・・」すっかりお母さんだ。



ホテルのすぐ近くのパフェのすごいお店に入る。

これ、確か5万円パーティーとかで、月に2つくらいは注文が入るらしい。







私はこれをしのっちと半分こしたけど、ケイラは1つのパフェをペロッとたいらげた。

恐るべしケイラの胃袋。



接待で若干疲れて、ホテルに戻る。

朝から右足首が痛いなぁ・・・と思っていたんだけど、ブーツを脱いだら思いっきり腫れていた

ひねった記憶もないけれど、捻挫のくせがついている右足首なんだよねぇ。

しのっちが冷却シートと包帯を買ってきてくれたので、固定してみた。

明日から歩き回るのに、不安だなぁ。
スポンサーサイト



京都へ その2

長野ワークショップ みんな、ありがとう

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)