高校の同級生モカは、山口県周南市に住んでいる。

4人の子供を持つママなんだけど、結構フットワークが軽く、

福岡や下関のワークショップにも来てくれたことがある。



そんなモカから、彼女が所属している幼稚園のママさんコーラス部にゴスペルを教えてくれないか?と依頼が来た。

ちょっと無謀だなぁ・・・と思ったのは、1回のワークショップで2曲を仕上げ、翌月に行われるコンサートで歌うというのだ。しかも、私はそこには行けない



ゴスペルは初めてという人がほとんどな上、本番にディレクターがいないなんて・・・

大丈夫かと思ったものの、

普段触れ合えない人たちにゴスペルをシェアできるのは貴重な機会なので引き受けた。



下関から2両編成のに乗って、新下関へ。

そこから新幹線「こだま」に乗って、徳山へ。

駅の改札は「海の方から出て」という、訳のわからん指示を受けた。

まぁ、そんなに大きな駅ではなく、改札口までモカが迎えに来てくれていた。



10:41到着。お店はどこも開いていないので、モカの家でお昼をごちそうになる。

そして、練習会場である、近くの公民館へ行った。

約40名のママさんたちが大集合。

おちびちゃんたちも走り回ったり、寝ていたりする。



フル鍵盤のキーボードを用意しておいて、と言っておいたんだけど

まさかのペダル無し

ピアノの先生がいるというので安心していたけれど、やはり細かく指示すべきだった。う~ん・・・



年齢層は結構若く、元気だし、声にハリがある

普段から歌っている人たちなので、うまくいくかも



譜面を使わないことに慣れていないためか、他のパートが歌っている間に、自分たちの音を忘れて大慌てというシーンも何度かあったけれど、何とか全部覚えてくれたようだった。



参加者の皆さん。





こんな素敵な手作りのカードをいただきました。

黒鍵の数が・・・ですが、気にしないで。





中には写真もあったよ。





終わってから、新幹線の時間までみんなでおしゃべり。

今度は下関にも是非いらしてくださいな。



そして・・・最後の声が消えたのであった


スポンサーサイト



間に合わない!?

飾りつけ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)