今日は帯状疱疹で休講にした大宮レッスンの振替で

久しぶりに与野キリスト教会に行ってきた。

声を出せない状態だったので、を使い、ボソボソと注意するだけ・・・

でも、みんな本番前最後のレッスンだから、一生懸命歌ってくれた。



レッスンの最後に、川井先生のショートメッセージ。

先生のご実家は、岩手県宮古市の海岸近く・・・

震災で大変だったエリアである。でも、皆さんご無事だったそうです。



今回もすごくいい話だったので、皆さんにもシェアします



「神様がいるなら、どうしてこんなことが起きるの

と思うようなことが起きることがありますよね。

震災もそうだし、事故や病気もそうです。

でも、こんな風に言われませんでしたか?

テストの時に、わからない問題があったとしたら、わかる問題から解いていきなさいって。

わからない問題にばかり時間かけてもダメなんですよね。

(・・・で、川井先生はわかる問題だけやっていたら15点しか取れなかったらしいが



神様がいるなら、どうしてこんなことが・・・という問いに対する答えは、

正直いって、私たち人間にはわからないことなんです。

だから、わからないことばかり考えるのではなくて、わかるところに目をむけていきませんか?



・・・そんな内容だった。



ちょうど前日、「神様どうして・・・」ということが起こり、

Voceのみんなと一緒に祈っていたところだっただけに、

「どうして?」とわからない部分に悩むことなく、

そんな中でも与えられた恵みを数えていけたらいいなぁ~と思った。



私の声が出なくなったことも、この時期ではとっても大変なことだけど

歌えないから、みんなの声をよく聴くことができた。

(そして、本番直前なのに、全然歌えていないことに気づいちゃったりするんだが



どうして~と嘆かず、

今の状態でベストの賛美をしないとね。



レッスン後、いつも通っている、信頼できるに行ってきた。

声帯のビデオ撮影もしてもらったら、疲労で声帯が腫れているために声が枯れているとのこと。

結節や咽頭の赤みもなし。おとなしくしていれば治るらしい…

なので、おとなしくします絶対歌わないから、私を歌わせないように


スポンサーサイト



YIBC 賛美

間に合わない!?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)