池袋まで出かける用事があったので、帰りに「宮城ふるさとプラザ」に行って来ました。

仙台出身の私は、以前から時々訪れていた場所。

懐かしい銘菓が買えたりする。

おすすめは支倉焼

仙台といえば萩の月だけど、支倉焼とか伊達絵巻もおいしいよ!

あと、ちゃせご餅一口サイズのごまだれが入っているお団子です。



今回は、ランチもここで食べました。

食べる復興支援で、伊達の牛タン(お店の奥で食べれます!)のランチ限定の「通定食」。

とろろ、テールスープもついて840円。おすすめです。





買って復興支援で、大好きな「ちゃせご餅」と

最近、こいつが売れてるらしい「白謙かまぼこ」

ぽんこさんからおみやげでいただいたんだけど、かなり美味しい笹かまです。





店頭では、復興屋台村気仙沼横丁から、まるずわいがにの試食販売をしていました。

地方発送をしてくれるというので、実家に1つ送ってみました。

今ならサービス価格ということで、1キロ4.000円のところ通常よりも500円安く、3.500円

爪下という、爪をはずした部分だから、見た目のゴージャスさは無いかもしれないけど

身だけで1キロだから、かなりお得

そのまま食べても美味しいし、ピザにのせたり、チャーハンや雑炊にしてもおいしいと思うわ。



レジに行ってお会計をしていたら、募金箱が目に入りました。

去年はお札があふれるくらいいっぱいだった募金箱。

なんと、1円玉が4枚しか入っていなかったの・・・

お買い物もして、ちょっと寂しいお財布だったけど、お札を入れてきたよ。

レジのおばちゃんは「ありがとうございます!!」と、深々と頭を下げてくれたけど

これしか入れられなくてごめんなさい・・・と、こちらが頭を下げたいくらいだった





宮城ふるさとプラザの募金は、宮城県災害対策本部に届きます。

ホームページで何日にいくら募金があったか、

いつ、いくら振り込まれたかが明記されているので、お時間のある方は是非見てください。

昨年の震災後から、トータルで2700万円以上が募金されています

多い日には160万円とかの募金もあったのですが、

今は少ない日だと1.000円くらいの時もあります。



東京に住んでいる私たちの生活は、震災前と同じ状況に戻っているかもしれないけれど、

未だに仮設住宅で暮らしている人もいるし、

がれきの処理が進んでいない地域もあります。

ボランティアに行くのは難しいかもしれないけれど、私たちができることを少しずつ、長い時間続けてみませんか?


スポンサーサイト



アイリス・スティーブンソン ゴスペルワークショップ

空飛ぶフグ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)