ワークショップ2日目。

今日は晴れて良かった~と思っていたけど、やっぱり途中で天気は崩れるという予報。

ありゃりゃ。



ワークショップの間、ずっと立ちっぱなしのパートリーダー。

きっと若い頃は何でもなかったんだろうけど(昔は8時から17時までの喫茶店と17時半から23時半までの居酒屋のバイトもしていた私

さすがにこの歳になると、足がだるくなるわけで・・・

ありがとう、メディキュット。でも、家を出るギリギリまで履いていたら、跡がとれなくなったせつないお年頃。



そういえば、昨日のワークショップ終了後にアイリスさんに呼ばれた。

どんな大事な話があるのかと思ったら、

「Emi、あなた痩せたでしょ?」とニヤリと笑っていた。

「え?なんでわかったの?誰も気づいてないんだよ~」と答えたら笑っていた。

すぐにわかったらしい。どうなってるんだ、この観察力は。



てな感じで、何でもよく見ているアイリスさん。

あれだけの人数を教えていても、誰が歌えていないのか、結構よくわかってしまうわけです。

ちなみに、私もVoceの連中が歌えていないのはすぐわかります。ごまかしても無駄です



2日目はアイリスさんの講演会からスタート。

Buffalo, NYにいたアイリスさんが、どのようにロスに行って、クレンショーハイスクールの教師になったのか。

それは、神の導きとしか思えないような人生の大きな転機であった・・・

この話を聞くのも2回目なのに、それでもとっても楽しかったし、参加者の皆さんも夢中になって聞いていた。

いいね、こういう時間。



さよちゃんによるレビュータイムもあり、その後のワークショップは6曲も歌ってしまうというハードな1日

でも、充実していたね!



さて、本日のディナーは・・・(ドラムロールがほしいところだ)

「叙々苑 游玄亭」

天下の叙々苑のさらにエクストラって感じらしい。



歌舞伎町のど真ん中って感じのところで、駐車場からお店まで数十メートル歩くだけの間に

何人のホストクラブの呼び込みのお兄ちゃんにつかまったことか

でも、なぜか1人だけ「お兄さん!あ、間違った・・・」と、私にお兄さんと声をかけたアホがいた・・・あり得ん



いっぱい写真を撮りたかったのに、これしかない・・・これまたあり得ん。

一応、行ってきました!という証拠にしかならないね。





昨日のお店も相当おいしかったけど、今度はやっぱり日本の焼肉ならではの美味しさというか・・・

同じ焼肉でも、全然別物という感じだった。

カリルの隣に座ったんだけど、今はシェフもやっているらしく、手際よく次々と焼いてくれた。

私がひと口食べる度に「んん・・・」とうなっているので、大爆笑された。

だって、美味しいんだもん



ちなみに、叙々苑サラダはきゅうりが入っているので食べられず。

「あ、あたしきゅうり嫌いだから、このサラダ食べられないの・・・」と、シェアするはずのカリルに言ったら

「え僕も食べられないんだよ」と、きゅうりだけを残しているお皿を見せてくれた。

おぉ、友よ



自分のお金では一生いけないようなお店。

そして、アイリスさんも普通のお店でないことはすぐにわかったらしく、

私たちの活動をこうして支えてくださる方に感謝だねぇ・・・と、しみじみ言っていた。

また、そうなるように祈っていたことも教えてくれた。Prayer Works !!



帰りはまたまた波多さんに送ってもらう。

いろんな話をいっぱい聞けて、これまた貴重なドライブとなった。
スポンサーサイト



Iris Stevenson GOSPEL WORKSHOP 最終日

Iris Stevenson GOSPEL WORKSHOP 再会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)