義母が亡くなってから4ヶ月が過ぎ、ようやく納骨の日となった。

藤崎家には墓がなかったので、これを機に作った。



本当は義母の希望していたお墓は湯河原にあったんだけど、

年に1回行けるか行けないか・・・という遠い場所よりも、近い方がいいだろうということになり

実家から徒歩15分程度の霊園に小さなお墓を作った。

こんな所に霊園があるなんて、誰も知らなかった

葬儀屋さん、紹介してくれてありがとう



お坊さんを呼んで儀式をするわけでもないので、骨壷を入れ、閉じて、みんなで順番にお焼香をして終わり。

(私は見るだけ・・・)

10時からの予定だったけど、ちょっと早めに行ったら・・・10時までに終わってしまった。

あっけない。



その後の会食は11:30に予約をしてあったので、実家でボーっと過ごしてから移動。

明治11年創業の川魚料理のお店、「鯉清」へ。



このお店、結婚する時にうちの両親と藤崎の両親と私たちの6人で食事をした場所。

その時、生まれて初めて鯉を食べ、ちょっと苦手かもと思ったのだった。

でも、お母さんが好きだったお店だしね。嫁は黙って食べます。







写真、左下が「鯉こく」なるもの。

そして右の真ん中のお刺身らしきものは「鯉のあらい」というもの。

どちらもちょっと食べて、とーるちゃんにあげてしまった。

コースで注文したんだけど、最後がうな重。

これがさ・・・コースのしめだというのに、ご飯もうなぎも普通のうな重の量。

破裂するかと思ったよ。

やっぱり「萬店(まんだな)」の方が好きだなぁ。



東京の桜は散っていたけれど、浦和の辺りは満開。

立派な桜並木の写真を撮りながら、しばしお花見気分。















お母さんのコーラス仲間から、納骨に合わせてお花が届いた。

ユリってきれいだけど、この香りを嗅ぐと葬儀を思い出してつらくなる・・・





この日はEaster。

ちょっと時間があったので、一度家に帰って、喪服を着替えてから教会に。

2人の洗礼式があり、また仲間が増えたのでした。
スポンサーサイト



久しぶりの再会~YIBC賛美

風の丘しいある ローズガーデン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)