この間コンサートを終えたばかりのような気分だったけど、早いもので今年の長野ゴスペルワークショップに向けて始動

この日は1日体験を開催。

今回は、うちの牧師、波多さんも一緒で、ワークショップと翌日の礼拝でメッセージをすることになっていた。



たまたま同じ日にサンクゼールに向かうというkeicoと3人で新幹線に。

長野への旅といえば、駅弁

のんびりしていると着いちゃうから、サッサと食べましょう。

今回は「季節限定」の「春小町」なるお弁当。









車中、波多さんは真面目にメッセージの準備をしていたようだったけど(本当のところはわからない)

女2人、大爆笑しながら長野駅まで。

発声練習代わりになったと思われる



長野駅でkeicoは乗り換え。

「じゃあ、次はNYで~」と、ちょっと長野とは思えない別れの挨拶。

私たちはメンバーのまっちぃのお迎えで一路教会へ。



今日もありました、トミーの手作り看板。

残念ながら、腰痛がひどくなり、今回は会えなかったわ・・・トミー、またね。

そして、大宮駅でkeicoと2人して「う~ん・・・苺大福が食べたい・・・」と言っていたら、

偶然にもまりちゃんの手作り苺大福が用意されていた







1日体験は事前の申し込みが必要ないので、誰も来ないかもしれないし、いっぱい集まるかもしれないという、ちょっとドキドキな企画である。

とはいえ、いつものメンバーは来るだろうから・・・と思っていたら

「みんな、6月から(ワークショップ本編)は始めるってはりきっているけど、今日は来ないっていう人が多いわ・・・」とのこと。

マジで



どうしよう、教会員の数名だけかも・・・と思っていたら、見たことのない顔ぶれがゾロゾロとやってきた。

やったぁ



15:30からワークショップスタート。

簡単な紹介があり、ボイトレから始めます。

(ぼくしくん、写真もらったよ。)





そして、用意していた2曲を半分ずつ教えた。

続きは本編で。

最初は不安そうな顔をしていた皆さんも次第に笑顔になり、一生懸命クラップしながら歌ってくれた。

このうちの1曲を翌日の礼拝で歌わなければならないので、それなりに緊張していたようだ。



波多さんのメッセージは、私が好きな内容のものだった。

「時間がないので早口で言いますが・・・」と言ったので「時間あるよ」と言ってしまったのが間違いのはじまり。

その時点で16:55くらいだったので、17時までに終わらせなければと思っているのかと思い、まだ平気だよ~というつもりだったんだけど・・・

私の言葉に安心した波多さん、止まらなくなりました

「長野の人はあんまりリアクションないけど、楽しんでいるからね」と事前に伝えておいたんだけど

なぜか今回は皆さんリアクションがよく、話しやすかったようで。



話し終え、「長くなりました。ホンマすんません・・・」と、ちょっと小さくなって席に戻った。

でも、みんなは大満足の様子。

私はなんとしても翌日に歌う曲をもう一度通して歌いたかったので、「じゃあ、最後に1回歌いましょう」と立ち上がらせた。



1日体験終了後、6月からのワークショップ本編の説明。

今年は過去2回よりもグレードアップを図っていると伝えると、「おぉ・・・」という低いどよめきが。

私もがんばるから、みんなもついてきてね

翌日、礼拝で一緒に歌える人~と聞いたら、あまり手は挙がらなかったけど、教会員が結構いるから形にはなりそうだった。



帰りに、去年まで参加していたメンバーから次々と声をかけられる。

この数ヶ月、ゴスペルがなくて本当に寂しかった。今日歌って、やっと始まるんだと思ったらうれしくてしょうがなくて・・・と、口々に言ってくれた。

いつの間にか、みんなの中でゴスペルを歌うこと、ゴスペルの仲間と交わることが欠かせない時間になっていたんだね。うれしいわ。



さて、夕食。

いつもなら長野のお蕎麦を食べるところなんだけど、お肉好きの誰かさんが一緒だと言っておいたので、お肉のお店に連れて行ってもらった。

石焼きステーキの「贅」というお店。教会のすぐ近くにこんなお店があったんだ



8人掛けのテーブルだったけど、なんとなく男性4人、女性4人で半分ずつ分かれ、会話も別々の感じに。

私たち女性陣は食べ物の話とか、くだらないおしゃべりでワイワイ盛り上がっていたんだけど、

どうやら男性陣は聖書の話をしている様子。

「こっちも真面目に話してみる」と、無理矢理話の流れを変えてみた



食べたステーキはこちら。

中はレアな感じの焼き具合なんだけど、熱々の石に乗っているので、自分でジュージューしながら食べられます。





そして、馬刺しがあったので「馬刺しは喉にいいのよねぇ・・・」を連発していたら、追加で注文してもらえた。

す、すみません・・・

でも、これで今日の喉の疲れが取れます。明日もがんばります



楽しい時間はあっという間に過ぎ、そろそろ帰りましょうか・・・という時間に。

私たちは、これから奥地に移動。

実は、翌日が長野マラソン開催日だったため、市内のホテルが満室 

ちょっと郊外の信濃町というところに泊まることになっていたの。



信濃町から通っているメンバー、ジョンちゃんが送迎を担当してくれることに。

よろしくお願いします~



天気予報は雪 積雪も予想されていた。

私が長野に行くと、天気予報がどんなに悪くても晴れるという、えみ先生の晴れ女伝説ができつつあったんだけど(クリスチャン的には微妙ではあるが)、

波多さんが札幌に行くと雪が降るという・・・波多さんの雪男伝説に負けた形に。

信濃町は夏でも朝晩は冷え込み、ストーブが必要なこともあるという。

車を走らせていくと、霧が濃くなり、雪が強くなってくる・・・

そして、真っ暗な中、お目当てのログハウスが見つからず、ちょっと迷子に。

後で聞いたら、長野を出発する時に電話することになっていたらしく、電話しなかったので電気もストーブもつけていなかったという。

21時に宿に到着。翌日9:30にピックアップしてもらうことに。



貸切露天風呂付のログハウス

聞こえはいいけど・・・寒いです。

これ、お部屋。





露天風呂は3種類あって、ひのき風呂、岩風呂、ジャグジー。

私はジャグジー、波多さんはひのき風呂を選択。

どうやら、宿泊客は私たち2人だけらしい・・・



これが露天ジャグジー。向こうに雪が積もってます。





到着した時点では、断熱シート3枚がかぶせてあったので、それを外して壁にたてかける。

このジャグジー、「ボタンを押すと4分間泡が出るので、4分経って継続したい場合はもう1度ボタンを押すように」という説明の紙が置いてあった。

ブクブクしている様子を写真に撮ろうと思い、ボタンを押して撮影したのがさっきの写真。

ところが、あっという間に泡が止まる。

「あれ?4分ってこんなに短いのかな?」と思い、実際にボタンを押してから入ってみる。

そして、数えてみる。「1.2.3.4.・・・」

1分で止まることが判明



悔しいから、またボタンを押す。

そのために浴槽から体を出し、手を伸ばさなければならない。

冷える・・・という悪循環。



何度か繰り返し、小さいシャワーブースに移動。

髪と体を洗う・・・が、水圧弱し。

フロントの前にあった、24時間入れるお風呂に行こうかな・・・とか考えながらジャグジーに戻る。

何度かボタンと格闘し、疲れたのであがろうと思ったんだけど、さっきの断熱シートをかけなければならない。

この作業で冷えてしまった



ひのき風呂も同じだろうなぁ。波多さん、どんなリアクションするだろう。

部屋に戻り、おとなしく寝た。



夜通し、謎の音がするので気になってはいた。熊も出るっていうし。

朝になったので、カーテンをめくると・・・





想像以上に積もってる

ブーツで来て良かった。



8:00に朝食。

食堂に向かう時、「えみちゃん、部屋になんもおらんかった?」と聞かれる。

どうやら、波多さんの部屋にはカメムシ2匹とコオロギがいたらしい

もし、私の部屋に出たなら・・・絶対波多さんを叩き起こし、「助けて~」となったはず。

あぁ、こっちの部屋で良かった



食堂は素敵な感じ。

薪ストーブ



・・・ついてないけど



朝食はこんな感じ。きゅうり・・・





朝っぱらからおしゃべりが止まらない2人。

気付けば早めにやってきたジョンちゃんの車が

慌てて部屋に戻り、準備をする。



外に出て、ようやくログハウスの外観が見えた。

これが、食堂の部分。この屋根から雪が落ちる音が夜通し聞こえていたんだわ。





これが泊まっていた建物。その奥がお風呂の部分。





本当に雪がすごくて、雪の降り積もった木の美しさにボーっとしてしまうくらい。





すごい雪だったけど、意外と道路には積もっていなかったので、無事に教会にたどり着いた。

「えみ先生、雪どうだった?」と聞かれるので写真を見せたら、みんなビックリ。

そして、雪のせいで来れなくなったメンバーもいると聞いた。(ノーマルタイヤに履き替えていたため)

残念



そんなわけで、予定よりもちょっと少なくなってしまったものの、結構な人数で特別賛美はできた。

私たちのゴスペルを教会の人たちにも知ってもらえる機会でもあるので、賛美の機会を与えていただけて感謝。

波多さんのメッセージも絶好調で、いつもおとなしい教会の皆さんから笑い声もあがっていた。

まぁ、よく見たらゴスペルのメンバーだったけど。





お昼はハヤシライス~





牧師室ではなく、みんなと一緒に食べた。

メンバーのみんなのゴスペルへの思いが聞けて、とてもうれしいランチタイムだった。

急いで帰ってしまったみんなとは、また別の機会におしゃべりしたいな。



毎度おなじみ、プロのパティシエCakeちゃんからの

この他、前日にも「お夜食にどうぞ~」といただいたものも。

(それは帰りの新幹線で食べさせていただいたよ。)

美味しすぎる・・・長野でがんばると、このご褒美が待っているのでうれしい





これですっかり帰るつもりだったんだけど、

「俺はゴスチャの礼拝に行くつもりだけど、えみちゃんはどうする?」と波多さんに聞かれる。

・・・

牧師が行くって言ってるのに、帰りたいとは言えない状況。

そして、2人仲良く、新幹線と電車を乗り継ぎ、広尾からキャリーバッグをガラガラ押しながら礼拝へと向かったのだった。



クタクタだったけど、礼拝の後に信徒会があり、みんなでお互いのために祈る時間が持てたので、やっぱり行って良かった。

波多さん、ありがとう



長野の皆さん、6月からのワークショップもよろしくね
スポンサーサイト



GW前半 ~遊び尽くした!?

今日から始まりますよ、短期クラス!!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)