毎年GW(ゴールデンウィーク)はゴスペルのワークショップで忙しくしているんだけど、

珍しく今年は予定が入らなかった。

約10年ぶりにゆっくりできる連休

・・・といっても、どこに旅行に行くわけでもなく、いつもと同じように過ごす予定だった。



GW前半は下関レッスンと重なっていたので、とりあえず下関へ。

連休のせいか、いつものホテルが取れず、向かいにある別のホテルを予約。

窓の外は外国のよう・・・

(隣にある結婚式場





どうせ明日の朝にはチェックアウトして、ホテルを移らなければならないなら・・・

広島の実家に寄ってみようかな?と突然思い立って、実家にメール。

両親も暇だというので、翌日のホテルをキャンセルし、広島に行くことに。



日曜の朝。

トニー牧師がアメリカに帰っているので、誰がメッセージするのかな?と思っていたら

アメリカからメッセージビデオが届いているとのこと。

こんな感じ。





リバティー大学のキャンパスで録画されたものなんだけど、小鳥のさえずりの方が大きく、ちょっとおもしろかった。

そして、いつもよりもずっと短いメッセージで、思いがけず礼拝が早く終わった。



広島に行く前に、ちょいとドライブに行くことに。

お天気もいいので、角島まで連れて行ってもらえることになった。

眺めのいいイタリアンのお店ができたというので、そこに向かう。

でも、1時間待ちとのこと。待っている間に島に渡った。



角島に行ったら、是非見てほしいのがこれ。

美人海女のお店





この美人海女・・・結構なお歳です



回転するイカを動画で撮影していたら、お店から電話。

お席がお取りできました~とのこと。店へ戻る。



外の席が空いていたので、そこに座る。

花粉と寒さが若干心配だったけど、ここに座って正解。

この景色~









角島の海はエメラルドグリーンできれいなの

機会があれば、是非行ってほしい場所。

でも、お天気のいい日にしましょう。

(初めて行った時はどしゃぶりでした・・・



ローストビーフのサラダと生ハムのピザを注文。





でもね・・・これを食べながら、「やっぱりサザエのつぼ焼きが食べたいなぁ・・・」と思ってしまう私。

食後に美人海女のお店に戻り・・・





これで500円。かなり大きいサザエだったのでお得

ただ、問題だったのは・・・私が断食明け数日だったこと。

そんなに食べられないし、消化のいいものしか食べていなかったのに

イタリアンにサザエって・・・

案の定、おなかがおかしくなってしまった

でも、後悔してないよ。おいしかったもん、サザエ



帰りは若干渋滞

新下関から新幹線で広島へ。

駅まで両親が迎えに来てくれていた。

「なんか、野球の外国人選手らしき人がいたのよね。みんなサインもらってたの。」と母親が言うので気になり、Twitterで調べたら・・・

『広島駅に野球の選手おった!!誰だかわからんけど。』というツイートしか見つからなかった



和食のお店を予約しておいてくれたらしい。

同じマンションの方がやっている「旬亭 に紫川」というお店。

お刺身が食べたいと言っていた私のリクエストで、ドドーンと刺し盛りが出てきた。

おいしかった~





私の父親は自治会長をやっているんだけど、このお店には近所の人が集うらしく・・・

「お、会長。いらしてたんですか。おや、娘さんですかいつもお父様にはお世話になってまして・・・」

というおじさまたちが次々と現れた。

かなり大きいマンションとその一帯の自治会なので、規模も大きいらしく、父親は忙しくしている。

退職してもやることがあって良かったわ。

でも、全部1人で仕事を抱えてしまうらしい。

私と同じ性格なんだなぁ。知らなかったわ、そんなところが父親ゆずりだなんて。



翌日。夕飯食べてから帰ると言ってあったので、ほぼ1日実家に滞在。

お昼ごはんの前に、母親と一緒にウォーキング。

我が家はサンフレッチェ広島の競技場の目の前なので、いいウォーキングコースになるらしい。

その競技場では、陸上の大会が開かれていた。





後で知ったのは、この大会で高校生が100m10秒01で走るというとんでもない記録を出したらしく、

夜のスポーツニュースで大騒ぎされていた



私たちはそんなことも知らず、1時間近く歩いた。

お花も緑もきれいだった。





夜は父親行きつけのお好み焼き屋さんへ。

「柳川」という、我が家から車で5分くらいのお店。

かなり人気があるらしく、いつも並んでいるんだって。





ここのお好み焼きの特徴は、キャベツ。

かなり細く刻まれているうえに、しんなりしていて食べやすい。

ザワークラウトみたいな食感。想像できないでしょ?



お店の人は、ひたすら焼き続ける。店内も満席な上、お持ち帰りの人たちが次々とやってくる。





あと、人気なのは激辛の麺。

唐辛子が入っている、赤い麺なの。遠くから見たらナポリタンみたいだった。

私は辛いのが苦手なので普通の麺にしたけど、両親は激辛を注文。

しかも、この麺が細麺。なかなかないと思う。



肉玉そば、チーズトッピング

お皿か鉄板かも選べるけど、熱々を食べたい人は是非鉄板で。

広島の人はヘラのまま食べるそうなので、無理してヘラのまま食べた・・・熱かった





そして、20:36の新幹線で小倉経由下関へ。

翌日はお天気が悪く、揺れながら東京へと帰ったのだった。



母親から「また来てね」とメール。

やっぱり時々会いに行かないとね。あと何回会えるのかわからない・・・そういう歳にお互いなっているわけだし。



連休前半に遊びまくったので、後半は予定なし。

浦和の実家に行って、お義父さんとごはん食べるくらいだな。
スポンサーサイト



GW後半 ~慣れない休みは・・・

長野1日体験 ~ 消えた晴れ女伝説・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)