1ヶ月に1度なのに、あっという間にやってくる下関レッスン。

早いねぇ~とか言っているうちに、気がつけばクリスマスになってしまいそうで怖い



レッスンの翌日、下関聖書キリスト教会の礼拝に。

センターに到着すると、挨拶もそこそこに「あ、黒い服着てるわ・・・」と言われる。

どうやら教会の人が亡くなって、明日火葬するんだけど、アメリカのトニー牧師から「Emiがいるなら、火葬場で賛美してもらいなさい!」と連絡があったという



言っておくが、私はそこの教会員ではない。

が、礼拝参加者の出席簿にも名前がある。(爆)

自分の教会でもないのに、やたらとこき使われるのだが、お世話になっているしねぇ・・・と承諾。



翌日、着るつもりだったのは黒と白のワンピース。

それでもいいと言われたんだけど、実はサンダルが釜山で買った派手なもの。

礼拝が終わったらシーモールで買わなくちゃ



英会話とプレスクールの先生をしているDavidとStefanieのbaby、Samuelくんに久しぶりに会えたよ。

かわいいのだ

そして、全然泣かない・・・





買ったばかりのGALAXY S4で撮影。インカメもきれいに撮れるなぁ。



礼拝後、ユニクロで黒いボレロ(1990円)、しまむらで黒いサンダル(980円)を購入。

トニーが帰国したら、絶対ごはんをおごってもらわねば。



翌朝、8:50にホテルまでお迎えが。

車を待っている時に気付いた。

カバンが・・・派手な黄色

お店も開いてないし、手遅れ。

しょうがない。セレモニーじゃなくて、火葬だけだし・・・急な話だし・・・と、自分に言い聞かせる。

それにしても目立つ。



火葬場に到着。

顔見知りの教会の皆さんが「わざわざすみませんねぇ・・・でも、えみさんがいる時で良かったよ。」と言ってくれた。

「すみません、カバンがこんなですけど・・・」と見せたら大笑い。



祈り、聖書を朗読し、そして私の賛美となった。

火葬場で賛美するのは2回目。前回はポールの時だった。

あの時もAmazing Graceだったなぁ・・・



その後、火葬が終わるまでみんなで待って、お骨上げまで一緒に。

小さな入れ物2つに分骨したんだけど、ほとんどお骨は残っていて、あとはまとめて処分するんだそうだ。

粉々になった骨まで全部入れるスタイルしか知らなかったので、ちょっとビックリ。

それに、2人で一緒に1つの骨をつかむのではなく、1人ずつだった。地方によって違うらしいわ。



無事に火葬も済み、ホテルに戻ろうと思ったんだけど、私を送ってくれたのりこさんが「一緒にお昼でもどう?」と誘ってくれた。

礼拝後にお茶するくらいしか交わったこともなかったので、これはいい機会と思い、連れて行ってもらった。



道の駅 蛍街道西ノ市
というところ。

結構大きくて、立派。

おみやげコーナーも立派。





やぐらも立っている。





温泉付!





ここで地元のものを使ったバイキングレストランでランチ。

平日昼間とは思えない混み具合。

地元のおばちゃんたちでいっぱい。いいことだ。



食べ終えて、そろそろ帰ろうかと思ったら・・・

「15時より、餅撒きを始めます。皆様、是非ご参加ください~」というアナウンス。

幼稚園ぐらいの時に1度やったかやらないか程度の記憶しかなかったので、見てみることに。

のりこさんはビニール片手に構えていた。

でもね・・・どこから沸いてきたのか、ものすごい数のおばちゃんたちがやってきたので、

争奪戦が繰り広げられる。





配っていたのはこれ。

のりこさんからいただきました。その日つきたてのお餅らしい。





帰り道、いろいろおしゃべりをしていてビックリされたのが・・・

私は「流しそうめん」なるものをやったことがないということ。

そういえば、下関の人はよくやるらしい。

のりこさんが「夏のうちに1度は行かないと!」と言ってくれたので、もしかしたら今年は初めて体験できるかも。



夜はangeへ。

相変わらず美味しい。そして、楽しい。

そして、食べ過ぎる・・・





angeのお兄さんから、素晴らしい情報をゲットした。

今年の馬関まつりに・・・ミッキーとミニーが来るらしい

絶対見たい

会場はホテルの目の前

馬関祭りは8月下旬

・・・今から作戦を練らないと・・・



下関を満喫して東京に戻る。

天気が悪いから覚悟はしていたけど・・・



揺れた
スポンサーサイト



食べ歩き

ローズガーデンの写真

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)