15日(金)

今日はかずがNewarkで仕事だというので、それについていった。

ミリタリーパークというところで、バンドの演奏があり

3セット目はものまねの人が来るということだった。


PATH trainに乗っていくので、World Trade Center駅で待ち合わせ。

ちょっとだけ早く行って、グラウンドゼロとその前にある教会に行った。

私は2度目だけど、やはりグッとくるものがあった。


かずと合流し、公園に到着すると

いろんなVender(出店)があって、ソウルフードも売っていた。

(ここのソウルフードはいまいちだったけど)


予定よりもずーっと遅くに演奏がスタート。

ドラム、ギター、キーボード、Sax、Saxとフルート、パーカッションという編成で

キーボードの人がベースラインも弾いていたんだけど・・・これがすごかった。

ベースの人が弾いているようなベースラインで、しかも右手では普通にアドリブとか弾いちゃうの!

いやぁ、びっくり。


そして・・・ギタリストのMarkが超かっこよくて、キャー!!って感じだったんだけど

演奏がこれまた良くて、とーるちゃんに聴かせたいなぁ・・・と思い

デジカメで何度も録画して、メモリースティックがギリギリになってしまった。

もちろんかずも最高!で、彼の演奏も録画した。

きっととーるちゃんが喜んでくれるだろうな。


かなり時間的には押してしまい、2セット目がものまね付きだったんだけど・・・

さすがアメリカだねぇ。

腹抱えて大笑いしてしまうほどの芸人さんでした。

最初はたぶんボブ・マーリーで、ジャマイカなまり風の英語で歌い、

一枚衣装を脱いで、ヅラをとったらマイケル・ジャクソン!

声も踊りもすっごいの!!

それからスティービー・ワンダー、JBと続き、

観客と一体となってステージを作っていました。

お客さんもさすがにノリがよく、JBのガウンをかける役の人は

観客から選ばれていました。


演奏終了後、なんとかしてMarkと写真が撮りたかったので

機材撤収を待っていたんだけど

Markも「かず、おまえの友達の名前はなんていうんだ?」って聞いていたらしく

私はちょこっとおしゃべりさせてもらっちゃいました。

日本にも毎年演奏に来ているそうなので、来日したら連絡してください!って言っておいた。

一緒に行こうね、とーるちゃん!!マジですごいよ~!!!!!!!


・・・あ、すみません。私的な日記になってしまった。(笑)


空港では思わずとーるちゃんとの別れに涙した私ですが

こっちに着いてからは「会えなくてさみしい」というよりも

「とーるちゃんが一緒だったらどんなに喜んだろう・・・」と思うことばかり。

夫婦の絆って不思議だなぁ。

離れていてもなんか一緒にいるような気になれるしねぇ。

あ、おのろけですか!?





スポンサーサイト



Roosevelt Island

突然の別れ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)