3日目の朝。

旅館の朝食は豪華です・・・





宿を出て、最初に向かったのは「ノーマン・ロックウェル美術館」。

日本でここだけなんだって。

これが好き。





楽しみにしていたんだけど・・・なんで?めちゃめちゃ寒い

受付のおばちゃんの席の左右にはストーブが。

いやいや、お客さんの方が寒いんですけど



そして、全ての絵の下に館長のコメントが書かれている。

絵の解説もあるけど、館長の感想とか。ダジャレとか。

いらないんですけど

せっかくの美術館が・・・って感じだったわ。

たぶん、個人のコレクションをどうぞ!って見せてるだけなんだろうね。

でも、アメリカのノーマン・ロックウェル美術館とも交流があるらしい。

あのコメントは読めないだろうから、いいのか。



ちなみに。

昨年どしゃ降りで全然まわれなかったから・・・と再訪した湯布院ですが、この日も雨。

もう我が家は縁がないということだな、と決定。(笑)

でも、どしゃ降りというほどでもなかったので、なんとか見て回れました。



お目当てだった、「ゆふいん料理研究会」の柚子こしょうをゲット。

リピーター続出の柚子こしょうなんだとさ。



そして、湯布院御三家といわれる御宿のひとつ、「山荘 無量塔(さんそう むらた)」のセレクトショップへ。

ここに粒マスタードがとっても美味しそうだったので、楽しみにしていたんだけど

なんと容器のデザイン変更で取り扱いなしとのこと

「え~っ」と大声をあげたら・・・

「実は、せっかくいらっしゃった方にお分けできればと思いまして、こんな入れ物なんですが・・・量も2倍になってしまうのですが、この1種類のみでしたら・・・」と言ってくれて、マヨネーズ型の入れ物を見せてくれた。

欲しかったのはバジル味の粒マスタードだったけど、せっかくなのでこれを購入。







そして、別府に向かいました。

ランチは地獄蒸し工房鉄輪で食べようと思っていたんだけど、かなり待ちそうなのであきらめる。

第2候補だった、「海鮮いづつ」へ。





テレビや雑誌の取材が耐えない、超有名店らしいけど、ちょっと遅めの時間帯だったので待たずに入れた。

口コミを見ていたら、「りゅうきゅう丼」が有名らしい。

3人で違うものを頼んで分け合うことに。



海鮮丼。すごいボリューム。





りゅうきゅう丼。博多で食べるような「ごまさば」「ごまあじ」みたいなものを温かいごはんにのせたもの。

美味しい~





関あじ定食の関あじ。結構時間がかかります。釣りに行ったかと言ってたくらい。

でも、普通の味と違ってぷりぷりしてるし、味が濃いの。美味しかったわ、ホントに。





大満足のランチ。

そして、高速に乗って・・・別府SAへ。

ここはさっきの「山荘 無量塔」がプロデュースしているSAなので、ショップと同じものが買えたり、

「無量塔」の有名なお蕎麦や親子丼も食べられるの。

ここも素敵だったわ。満腹だから、何も食べられなかったけどね。



夜は下関。

いつもお世話になっている「ange」へ。

両親と行くことを伝えてあったので、「お待ちしておりました~ 昨日から眠れませんでしたよ~」と言われた。

「私の好きそうな赤ワインを・・・」と言ったら、とっても美味しいワインを出してくれた。

行きつけのお店っていいもんです。

・・・写真、1枚もないけど

絶品の「うにのクリームパスタ」は、うちの両親も大満足だった様子。



それにしても、3日間食べすぎ。

そして、乗りなれない車での長距離移動で疲れていたんだろうなぁ。

下関のホテルに着いたら、我が家のようにホッとして爆睡。



こうして両親との旅を終えたのでした。

翌日のお昼に父が年越しそばをうつというので、午前中には下関をあとにして広島へと帰って行くのでした。
スポンサーサイト



下関ぶらぶら

熊本→湯布院

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)