今日は11時からの礼拝が私のスタート。なので、のんびり寝ることができた。

ちょっと余裕があったので、外をぶらぶら。

なんだ、なかなかきれいなところじゃない。





ちょっとおみやげ屋さんをのぞいたら・・・

ホットソース





礼拝では、Clevelandの仲間たちが素晴らしい賛美をしてたわ。





この日のメッセージは、GMWAのChairmanであるBishop Albert Jamison。

この人、Show Yourself Mightyの人だ





ボストンに住んでいる韓国人の女の子と一緒に礼拝に出ていたので、ランチも一緒に行くことに。

なんと、毎日部屋でサンドイッチしか食べていないという。同室に2人も友達がいるのに、食べにも行かないなんて。



というわけで、Daisy Dukesを教えてあげた。(既に4回目の来店)

すると、ウェイトレスのお姉ちゃんに「Hi, where is your husband?」(あれ?ご主人はどこ?)と聞かれた。

・・・Leonardのことだ

すっかりダンナだと思われていたらしい。



今日はNew Orleans Samplerというプレートを注文。

左がガンボ、上がレッドビーンズ&ライスで、ちょっとスパイシーな感じ。

手前がエトゥフェっていうもので、タイカレーに似ている感じ。

右下はフライドグリーントマト。これ、最高。





日本人と韓国人が英語で会話・・・不思議な感じ。

バークリーでピアノを勉強していて、卒業したのでビザが切れるのだという。

1度韓国に戻ったら、いつ戻ってこれるかわからないという。大変だなぁ。



この後、MassとAlumniのリハをハシゴして、夜の礼拝まで2時間半の空き時間。

その後の深夜リハも考えて、またもやお昼寝。

今年はうまく時間の調整ができてるなぁ。



President Nightは素晴らしい賛美が次から次へと。

友達でもあるStephen HurdのPraise & Worshipでスタート。

Special guestはKurt Carrと一緒に5月に来日もしていた、Kathy Taylor。

誰だかよくわからず、夕飯まで一緒に食べた、あの人。

なんだか別人・・・





深夜リハは23時にスタート。翌日が本番なので、覚悟していたけれど、2時には終了。

明日がコンサートなんて信じられないよ。

プロらしく、譜面見ないで歌うようにしよう!と言われてしまったので、ネイティブではないハンディを乗り越えるために明け方までおさらい・・・

どうしても覚えられない曲があるんだよなぁ。(誰だよ、こんなに長い歌詞書いた奴・・・)
スポンサーサイト



NCGCC 2014 ~Alumni Concert

NCGCC 2014 ~Consecration service

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)