昨夜、Daisy Dukesでごはんを食べていたら、「明日バスツアーに行くんだけど、どう?」と誘われた。

せっかくNew Orleansに来ているのに、どこも見ていないので、参加することにした。

朝、日本に送り返す荷物をまとめ、ホテルの中にあるFedexへ。

頼りないねえちゃんたちが「Internationalの荷物って初めてなんだけど・・・ここ書けばいいのかな?」とか言いながら手続きをしていた。

神様、どうかこの荷物がロストされませんように。

こっちは240ドルも払っているんだから



Johnの話だと、いっぱいバスツアーに参加しそうな感じだったのに、集合したら私もいれて4人だけ

どうやら12:30集合、13:00出発なのに、私たちだけ早い別のバスに乗ってしまったらしい。ま、いいか。

John、昔日本に呼んだBill、友達のおばちゃんも一緒。

















この大きいものは・・・Family tomb、つまりお墓なんだって。

何人入るんだろう。









ジリジリと日差しが強くて、やけどしそうなくらい

隣にいるのがJohnだよ。





なぜかこのカフェで休憩。ツアー代を支払いました。





このバスで回ったよ。





















ツアーを終えて、ホテルの近くもお散歩。

路面電車が走ってます。





右に見えるのはミシシッピリバー。トムソーヤの冒険を思い出す・・・





18時からPre-teenのコンサート。

Carleeが出るから見ないと・・・でも、眠い・・・

そして、寝過ごした。今年も。



Youthには間に合った。

ママたちが席をキープしておいてくれたので座ると、女の子がやってきた。

どうやら親戚の子らしい。

私の姉に「Auntie~(おばさん)、この人はauntieのお友達なの?」と質問。

姉が「この人は私のsistaだよ。」と答える。

すると、「じゃあ、この人も私のauntieなんだね。」

そう言って、その子は私の膝にハンカチをひいて・・・その上にのってきた。かわいい。

私の新しい姪っ子、Jadeです。





前の列の男の子は、コンサートを見ながら指揮をしていた。

この環境があるから、子どもたちも成長するんだろうなぁ。





このコンサートのゲストアーティストはVaShawn Michell

大好きな曲を何曲も聴けた上に、Geoffreyとの競演も





コンサート終了後・・・



Kurt Carrの来日公演やワークショップでも会っているRobert。





こちらはゴスペルの父であり、このConventionの創立者でもあるThomas A. Dorseyのお孫さん

おじいさまの活動を探るプロジェクトを始めたそうです。





さて、朝5:55のピックアップだから、パッキングしなくちゃ。
スポンサーサイト



ニューオリンズからニューヨークへ

NCGCC 2014 ~Mass Choir Concert

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)