今年最後の日曜礼拝は下関で。

合同礼拝のため、川中の教会へ行きました。

なにやらトニーがそわそわしています。どうやらピアニストがお休みなので、自分がピアノを弾かなければならないとのこと。

「あたし、弾こうか?」と聞いたら

「いや、いいです。40分も練習したので。」と言ったのでそのままにしておいたんだけど・・・

礼拝が始まる寸前に「えみさん」と呼ばれ・・・そのままピアノの前へ

譜面はコード譜。まぁ、読めますが・・・知ってる曲が1曲もないってどういうこと



トニーの息子で一時帰国中のタイタスがギターを弾くことになっていたので

「全然知らないからテンポくれる?」と言ったら・・・

賛美チームがそれぞれ自由に歌いだす(どうやらテンポを教えてくれているらしい。)

それじゃあわかんないよ~

精一杯がんばりました



さて、礼拝も終わり、両親が広島からやってきました。

壇ノ浦SAでお昼ごはんのつもりだったけど、どこも混んでいるから別のところがいいと言われ

新下関の山小屋。なぜか旅のスタートがいつものラーメン





さて、親孝行の旅2014がスタート。

今回は、佐賀→博多の旅です。

旅行のスケジュールは全て私が任されているので、好きなところへ行けます

佐賀の宿は、虹の松原近くの旅館。

虹の松原は唐津湾沿いに虹の弧のように連なる松原です。

全長5km、幅1kmにわたって続く松は100万本と言われています。

三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の1つとして数えられていて、国の特別名勝に指定されているとのこと。



この松原を見るための絶景ポイントとして、魚見台公園がおすすめと書いてあったので、そこから行ったのですが・・・

住所を入れても、ナビでたどり着くのは民家の間。

上から見下ろすんだから、坂を上らないと・・・と上がっていったらようやく発見。

駐車場からは階段。すさまじい急勾配で、両親はかなり大変



でも・・・これは絶景。

がんばって上った甲斐がありました。

写真だとわかりづらいなぁ。





ヒーヒー言いながらまた降りて、今度は松原の中をドライブ。

松って病気に弱いから、お手入れも大変なんじゃない?と言いながら。

これまたすごいです。





松原を抜け、少し進むと唐津城があります。

入り口でお目当てのこれを発見。





なんと、真ん中は唐津焼なんです





城の下までエレベーターがあるというので乗ったのですが・・・歩いても一緒くらいかな。

これが唐津城。





ゆるキャラらしきものも。





さぁ、魚見台公園で疲れているけど、天守閣まで上がるよ~

上からの景色。やっぱり素敵。

あ、こっちからも松原見えるんだね











ちょっとお天気がイマイチ。

そして、「おみやげ」とか「唐津城」とか、のぼりが立ちすぎてて興ざめします・・・残念。





現在、石垣の修復中。









唐津城をあとにして、今夜の宿へ移動。

また松原を通って行きました。



そういえば・・・ゲットしたかった奴を見つけていないことに気づく私。

両親がお風呂に入ると言ったので、食事の前に散歩しながら探すことに。

これはお目当てのものではないけれど、このエリア限定のものでした。





夕食は、呼子の活きイカが出てきました。

お刺身→天ぷらは外せません。





親子三人、川の字で寝ました
スポンサーサイト



親孝行の旅2014 ~呼子から三瀬村

仕事納め

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)