いつも深夜にチャットしながら相談していたLeonardが日本に到着したので、珍しく私もぐっすり眠れたのですが・・・

朝起きたら、Leonardからメッセージ。

2:30に起きたらしい。ガーン・・・



時差ボケのおかげで、寝坊する人はいないんだけど、夕方がつらくなる時間だから気の毒なのよねぇ。

睡眠導入剤のサプリを持ってきてあげたんだけど、みんな飲まないという。

平気ならいいんだけどさ。







ホテルのロビーで、いきなりみんながリハを始めました。

(これ、見れるのかな・・・)

こちら



ホテルのロビーにいたお客さんたちから拍手が。

そして、「どこかでコンサートやるんですか?」と質問されたり。

ストリートとかやらせても良かったのかも



10人を連れて、地下鉄に乗ります。異様な光景。

両手でつり革にしがみつくLucretiaを見て、みんな大笑い。





東銀座で降りると、そこは歌舞伎座。

ここで買い物をさせようと思ったのに、なぜかコンビニに行くみんな・・・

そして、TULLY'S前でひと休みしたり。













そんな中、JeffとBethだけは母の日のプレゼントを買っていました。





エスカレーターで上がると・・・





みんな大喜び。作戦成功。









会場のレストランでランチタイム。

ここ、食券だったので、みんなの注文聞いてから買うのが大変・・・

でも、カレーとかカツ丼とか、いろいろ試してました。





かわいそうなChuck。

玉ねぎがダメなのに、全てのメニューに玉ねぎが入っているレストランに来てしまいました。

大好きなカレーライスも食べられず。

ライスだけ食べていたので、私のカツ丼のカツだけをあげたら、なんとか食べていました。課題だな。



これ、打ち合わせしてるところです。歌いながら鍵盤を弾いているんだけど・・・





楽屋入り。早速音の確認を始めてます。









ステージに移動。









バンドの3人とは初めて会ったけど・・・なかなかいいです、このトリオ。





ワークショップ初日は、奴隷時代にさかのぼり、Amazing Graceからスタートし、Spiritualと呼ばれる黒人霊歌など。

レクチャー、シンガーズの歌を聴く時間、一緒に歌う時間と盛りだくさん。

あっという間の3時間でしたが・・・

その後、彼らに待っていたのはリハーサル。

ちょっと休憩と言ったんだけど、楽屋に戻ることもできず、舞台裏で爆睡。

それでもがんばってくれました。



「Emi、どう思う?」

「そうね・・・」





さて、ベースのChuckは名古屋に住んでいたことがあったそうです。

当時、キーボーディストとして名古屋でお仕事をしていたとか。

実は、今回はベースを弾いていますが・・・ドラム、ベース、ギター、キーボード・・・何でもできるんだと。

そんなChuckが「I love Yama-chan!!」と。「世界の山ちゃん」のことです。

名古屋にいた頃は、週に3回も食べていたそうで、あの手羽先20本食べたら、それだけで何もいらない・・・と言うので・・・



Motherは買ってきましたよ。25人前









そして、ホテルへ持って帰り、「チキンのデリバリーです・・・」と各部屋に電話。

Chuckは喜びのあまり、ホテルの廊下でダンス。

他のメンバーも「肉ついてないじゃん・・・」とか言っていたのに、一口食べたら「Mm!!!!!」と興奮。

良かった、喜んでくれて。

特に、Chuckはランチで白いごはんしか食べていなかったので、みんなより多くあげました。



今夜はぐっすり眠ってくれますように。
スポンサーサイト



GOSPEL WORKSHOP "A JOURNEY" ~WS2日目

GOSPEL WORKSHOP "A JOURNEY" ~Leonardたちがやってきた!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)