寝たのが6時くらいだったので、11時まで爆睡。

礼拝はあきらめ、お昼ごはんを物色しに下へ降りる。

夜のコンサートのため、髪をふくらませたかったので、ピンで留めずにほぼアフロ状態で歩いていたら・・・

LeonardとJasonにバッタリ遭遇。

あぁ、この頭で・・・



Youn and Younger

Jasonのシャツ、かわいいよね。





Alumniのサウンドチェックへ。

クワイアメンバーの息子Isaiahくん。

赤ちゃんの時から毎年会っているので、私のことを覚えていてくれる。

顔を見る度に走ってきてくれて、手を振っては逃げていく・・・

かわいこちゃん。





アルトの仲間たち。

右端の彼女は、以前ステージ最上段から落ちそうになった人にしがみつかれ、一緒にステージ下に転落。

指を骨折したというかわいそうなエピソードの持ち主。

真ん中は、"Lord I want to Praise You"を書いたBrianの奥さん、Kacie。





サウンドチェックが早めに終わったので、重なっていたMassのリハをのぞきに。

もう知ってる曲しかやっていなかったので、出ないで部屋に戻ることに。



LeonardとJasonのおばあちゃんReta。

Retaは一緒にアルトで歌っていたお友達なんだけど、最近はクラスの先生をしていて忙しくて一緒に歌えないの。





エレベーターの中でPapaに遭遇。

すっかりおじいちゃんだし、パーキンソン病をわずらってしまったので、歩き出す最初の1歩が大変そう。

VoceのワークショップTシャツを着ていて・・・せつなかった。





さて、いよいよコンサートです。

今年のAlumniの衣装はBlack。で、おそろいのスカーフとタイ。





ホール前で入場を待つクワイア。





リハの時から泣けた、Chrisの"Forever"という曲が号泣ものだった・・・

それが最後の曲だったので、「すごいいいコンサートだった!!」と言われた。

でも、長かったなぁ。



客席から見るとこんな感じ。

今年、参加者少なかったんだよねぇ・・・

そのせいでお金が足りなかったらしくて、毎晩献金があった。つらい。





あ、Lucretiaが来てる!!

今日到着したらしい。明日のMassでソロ歌うんだとさ。

隣は牧師のMorgan。長いつきあい。





Pastor Rodney Posey。

明日のMassでは彼の曲も歌います。





いつも素晴らしい曲を書いてくれるChris。

キーボーディストとしても、Directorとしても最高。

日本に呼びたいって話をしたら、「飛行機どれくらいかかるんだっけ・・・」と。

息子のCJはドラマーとしてすごい成長しています。





Terenceがやってきた。

「俺、もう10年以上ここに参加してるのに、1度もbookに写真が載ったことないんだよ・・・」とブーブー言ってた。

1度も載らないから、奥さんに「ホントに行ってるの!?」と疑われるほどらしい。

私は何回も、ほぼ毎年のように写真が載ってるから、申し訳ない・・・





Alumniが終わったから、深夜リハからも解放されます。

でも、明日のMassで出番が終わり。あっという間だなぁ。
スポンサーサイト



NCGCC in Jacksonville ~Mass choir concert

NCGCC in Jacksonville ~リハ、リハ、リハ・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)