今回のNY訪問で、是非訪れたいと思っていた場所。

それは、911のMemorial Museumでした。



私がNYに行くようになった頃、まだツインタワーがありました。

何回か行ってから、あのテロが起きて・・・

信じられない映像を見ながら、ものすごく動揺し、苦しくなったのを今でも覚えています。



地下鉄の駅を降りて、さてどっちかなぁ・・・と見上げたら。

新しくそびえたつ、One World Trade Centerのビルが見えました。

このビルを目指していくと、Memorial Museumへの→が出てきます。



ツインタワーの跡地。

ビルが崩壊してから訪れた時には、工事中でした。

向かいにあった教会には、Missingの貼り紙、献花などがたくさんありました。

今ではこんな風になっています。





犠牲になって人たちの名前が彫られていて、彼らの誕生日には、こうして花が飾られます。





事前にオンラインでチケット購入した方が早いようですが、どうしてもエラーになってしまったので直接並びます。

思っていたよりも早くチケットは買えました。





入口のセキュリティーチェックを過ぎると、そこから少し重い空気・・・

ツインタワーの一部が展示されてあります。





在りし日のツインタワー。





入ってすぐの所には、ハイジャックされた飛行機がどこからどこへ飛んでいたのか、

アメリカの地図の上に示されていました。

その隣がこのコーナー。

当時、そこにいた人たちの声が。

そして、その奥には、あの悲劇の瞬間を目の当たりにしている人々の表情が次々と浮かび上がっていました。

頭を抱える人、泣いている人、呆然としている人、写真を撮っている人・・・

ものすごくリアルで、苦しくなるコーナーでした。





これはツインタワーの壁。

跡地に建てられているので、そのまま見ることができます。





こんなに美しかったツインタワー・・・

これは1995年に撮影されたものだそうです。





上の写真とほぼ同じアングル。

2001年9月11日のあの瞬間の写真。





あの日の空の青さを忘れない・・・というテーマで作られたもの。





この階段を降りて、命が助かった人たちがいたそうです。





ツインタワーのうちのノースタワーの上にあったアンテナ。





あの日、救出にあたった多くの消防士や警察官も犠牲となりました。





残された柱。





たくさんのメッセージが残されていました。





この星条旗のもと、決してテロに屈しないという思いが伝わってきました。

いろんな場所を移動しながら、多くの人の手で作られた星条旗だそうです。





この他、犠牲になった全ての人たちの顔写真が展示されている部屋もあります。

遺品なども展示されていました。

また、新しいビルの建設の様子が映像となっているものを見ることもできます。



新しいOne World Trade Center。

Museumを出ると、雨は止んでいて、光り輝いていました。





あの日のことを決して忘れない。

たくさんの人に見てほしいMuseumでした。



地下鉄のメトロカードの残高が切れてしまったので、あと少しだけチャージして地下鉄に乗りました。

最後の夜・・・

結局、Charle'sに行き、フライドチキンをテイクアウト。

ホテルの部屋でもくもくと食べながら、パッキングをしたのでした。

明日は7:15にピックアップ。早い・・・


スポンサーサイト



さようなら、NY

ロブスターロール!!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)