ホテルからJFKまでのシャトルバスを予約するため、昨日ホテルのフロントに行った時の話。

チェックインの時に、私の愚痴を聞いてくれた上、一緒になって怒ってくれたお姉さんがいました。

シャトルの予約をお願いしたら、

「クレーム言ったんですか?」と聞かれる。

していないと答えたら、「Why not!?」と。

だって・・・と言い訳したら、

「わかった。あたしがtryしてみるわ。」と頼もしいお姉さん。



予約の電話をかけ、

「ちなみにですけど。こちらのお客様、ホテルまでそちらのシャトルを利用したんですけど・・・

4ブロックも離れたところでおろされて、大きなスーツケース転がしながらやってきたんです。

うちのお客様にこんなひどいことされると、うちとしても困るんです。」

てな感じで文句を言ってくれた。

なんとかしてフリーライドのチケットをゲットしようとがんばってくれたんだけど、結局ダメ。

「ごめんなさい、ダメだったわ・・・」と。

いいんです、お姉さん。そのお気持ちだけでうれしいです。



そんな前日の出来事があって、出発当日。

朝7:15にピックアップと言われたけど、いつも1時間とか待たされる。

時間通りにロビーには来たけど、どうせまだだろうよ・・・と座ろうと思ったら。

なんと、既にシャトルが到着して私を待っているではないですか!!

奇跡!!



他に乗客はいなくて、とりあえず乗り込む。

次のお客さんをピックアップする時には、

「これからたくさん乗ってくるので、助手席の方が快適だと思いますが、いかがですか?」と運転手。

えぇ!?何これ。めっちゃ親切なんですけど。

これは・・・クレームの効果かもしれない・・・

喜んで助手席へ。その後、後ろの席はギューギューで大変なことに。

ホテルのお姉さんに、これを伝えたい。



さて、JFKに到着。

セキュリティーチェックに長蛇の列。

ヨーロッパから来ているおばさまが、「あら、もうお水は持ち込めないのね。ここで飲まなきゃ。」と

1リットルのお水のボトル(未開封)をカバンから取り出す。

そこでキャップをひねったら・・・

ブシュー!!というすごい音と共に、水が飛び散ったのであります。

なんと炭酸水。



・・・私の足・・・ビショビショ・・(洋服にはかからず)

ジーッとおばちゃんを見てやったが、おばちゃんもビックリしていて。

私よりひどかったのは、前に立っていた女の子。

リュックがびしょ濡れ。



そんな悲劇を乗り越え(!?)、ゲートへ向かう。

ここで毎年恒例、帰国前のSHAKE SHACKバーガーを食べるのです。





街中ではすごい行列だけど、空港だとそんなに待たなくていいの。

私の前の前に日本人2人組。

どうやら英語があまりできない様子。

必死になってオーダーしているけど、レジのお姉ちゃん苦笑い。



スタバでもそうだけど、名前を聞かれるわけ。

「名前は?」って聞いているんだけど、

「ポテト!!トゥー!!」とか言ってて・・・

手伝うべきか、どうしようかと見守っていたけど、人はこうして成長するもの。

オーダーくらいがんばってもらいましょう。



無事に私のオーダーも手元に来ました。

やっぱり美味しいわ~。

そういえば、これもそろそろ日本上陸なのよね。





ずーっと日本語と離れて生活していたので、成田行きの飛行機のゲート付近で飛び交う日本語に懐かしくなった私。

そして、この飛行機に乗って、日本に帰りましたとさ。

めでたし、めでたし。




スポンサーサイト



下関から広島へ

911 Memorial Museum

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)