宮崎のホテルをチェックアウトし、最初に向かったのは「鬼の洗濯板」。

青島というところにあります。







なんかとっても素敵な眺めです。

加工せずにこの青さですよ!



さて、鬼の洗濯板は…

これ。







近くで見てみると







青島周辺の岩盤は、2400万年~200万年前に海床に規則的に堆積した砂岩と泥岩の互層が傾き海上に露出したものが、波の侵食を受け、固さの違いにより凹凸を生じたものだそうです。



遠くから見ると、まっすぐに伸びる岩がたくさん…という感じなのですが、近くて見ると泥っぽいんです。そして、不思議な形になっていて、見ていて飽きませんでした。

波の力ってすごいんですね~♪

長い年月をかけて、こんな不思議な形が作られたなんて、不思議です。



青島といえば、ジャイアンツの宮崎キャンプの時に優勝祈願で訪れる青島神社なるものがあります。







この紐を結ぶだけで願いが叶うって、本気で信じてるのかなぁ…と、クリスチャン的には苦笑いなのですが。

色はきれい。







選手たちの絵馬もありました。







行きは気づかなかったのですが、島に渡る手前の所は外国みたいな雰囲気でした。

幸せの黄色いポストなるものがありましたよ。現役のポストです。











さて、青島を離れ、今度はサンメッセ日南へ。

ここはモアイ像を見るのが目的。



ブヒー、ブヒーと凄まじい鳴き声が聞こえたのですが、餌をくれ~!!というロバの叫びでした。

見た目はかわいいのに…すごい鳴き声。







モアイ像!!







逆光です…

反対から撮ると







かなりの大きさです!

ここ、一応テーマパークで…

入場料700円払ってます。

かなり傾斜のある場所なので、てっぺんまでのぼるのはひと苦労。

ちなみに、カートがありますが、これまた1000円かかります。歩く!



上から見たモアイ像。







これ以上は疲れるのでのぼりませんでした…



日本のモアイ修復チームが、倒れていた15体のモアイを立ち上げた奉仕と友情に対し、イースター島の長老会と島民が日本でモアイ像を復元することを認めてくれたんだそうです。

これは世界でも唯一、最初で最後だとか☆



このモアイ像、大きかったですよ~♪

高さ5.5m、重さは1体が約18~20トン(*_*)



この後はお楽しみのランチタイム。

宮崎出身のお友達に教えてもらった、伊勢えびが食べられるお店「大海」へ。



欲張りな我が家は、伊勢えび懐石。

伊勢えび懐石なのに、普通のお刺身も







アワビとサザエも







伊勢えびのお刺身は…







この伊勢えびの頭でお味噌汁を…







満腹!!

伊勢えび懐石は量が多すぎるので、普通の定食に単品で伊勢えびのお造りやお味噌汁をつける方がおすすめかな。



この後、十字架に見える「クルスの海」までドライブ。

見えるかな!?







この十字架の向こうに「口」が見えて、「叶」という文字が見えたら「願いが叶う」と言われているそうですが…全然見えない!

周りにいた人たちも「これじゃ願いなんて叶わないぞ~!!」と大笑い。

さすがに無理があると思う…



その後、この日の宿となる大分県中津市の耶馬溪へ。

オーベルジュ楓乃木

フレンチのフルコースが食べられるお宿です。



マッシュルームのテリーヌ、

海老とホタテの香草オイル焼き、

ヤマメのホイル包み、

ステーキ、

クレームブリュレ~♪







温泉はぬるめなので、露天はおすすめできませんと言われ(笑)、内湯のみ。



お部屋にはコタツがありました!!

親子でコタツに入り、テレビを見る…なかなかいいですね。



着いた時点で暗かったので、広大なお庭は明日眺めましょう。


スポンサーサイト



耶馬溪→日田市へ

特別礼拝→宮崎へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)