耶馬溪の宿。朝になって、お庭の様子がよく見えました。







落ち着きます…

朝ごはんは昨夜とは違って、和。







耶馬溪の宿をあとにし、有名な「青の洞門」へ。











断崖絶壁に鎖のみというこの場所を通行する際に、多くの人が命を落とすことに胸を痛めた禅海和尚。

トンネルを作り、安全な道を確保するため、手堀りでこの道を作ったそうです。







今現在、車が通っている道は後に整備されたものですが、当時の手堀りの穴の一部をみることができます。















この一帯、本当に景色がよくて癒されますよ。車道脇から眺める山と川。

川に映る雲が素敵。











手前の無料駐車場に停めて、少し歩くのがおすすめ♪



ちなみに、この周辺ではこの2つをゲット。











耶馬溪を離れ、次は日田市に移動。

これまた目的は…







これ、なぜか駐車場に展示されてるの。

謎だ。



この日は広島まで戻らなければならないので、ここでランチを食べたら実家に移動。



私が見つけておいたお店は、「日田まぶし」で有名な「千屋」さん。







日田まぶしとは、日田市の「ひつまぶし」♪

鰻大好きな私だけど、ひつまぶしを食べたことがないのよね。



かなり人気のお店でしたが、私たちが入った時点で3組待ち。

意外とすぐに席につくことができたのでした。



待っている間に、日田杉で作られた素敵なこれを買ってきちゃったよ。







ひつまぶしといえば、

1、そのままで

2、薬味と

3、お出汁で…



こちらの薬味は4つですが、ネギとワサビの組み合わせ、大根おろしと柚子胡椒の組み合わせがおすすめとなっていたので、素直に従います。





 

そのままでもかなり美味しいのですが、薬味もいい~♪

お出汁もgood☆

ひつまぶし、美味しいね!また試したい。



外に出たら、長蛇の列!!

周りにも鰻屋さんがあるのに、このお店が一番人気みたいでした。



この後、ちょっとぶらぶら。

これ見てテンション上がる親子。







最終日は長距離ドライブなので、あまり予定を詰め込まず、のんびり広島へと戻ったのでした。


スポンサーサイト



さいたまクラス新年会

宮崎の旅→耶馬溪へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)