Kirkのビルボード公演が発表になったのは昨年のこと。

いつも以上にチケット代が高くて、正直「ひぇ…」と思ったけれど、逃すわけにもいかない。



予備校時代の同級生ジョージと行くことにして、会員先行予約の当日、発売から1時間半後に予約しようとしたら…

自由席のチケットが無い!!

サービスエリアの指定席もない!!

嘘でしょ!?と1人で焦っていたんだけど、結局取れたのは「デラックスDUOシート」16000円。…ガーン。



さて、年も明け、いよいよ来週はライブ☆と思っていたら、ジョージが急遽出張になり、ライブに行けなくなったという。

お金は出すから、友達誘えないか?とのこと。誘えるけど…残念だなぁ。

そして、ジョージの代わりにkeicoと行くことになったのでした。



KirkのキーボーディストShaunとは2009年に新宿でKirk御一行様にバッタリ出くわしてから連絡を取り合っているので、今回は一緒にランチに行くことになっていた。

東京公演2日目の昼間にホテルまでお迎えに。

いつもなら新宿エリアのホテルなんだけど、今回はこれの近くのホテルでした。





彼は多くの有名アーティストのレコーディングでプレイするだけでなく、プロデューサーとしても大活躍。

Kirkのアルバムでも、自身が参加しているSNARKY PUPPYというバンドでもグラミー賞を数回受賞しているような素晴らしいミュージシャンなわけです。

このアルバム、確か今回ノミネートされてるはず。めちゃめちゃオススメ!





ホテルのロビーで数年ぶりに再会し、「Hey~♪」とハグ。

歩けるというので、地下鉄と徒歩でお店に向かうことに。(歩きたくなければタクるつもりだった。)



Nikkiとも来たことのある「権八 西麻布店」に行きました。

日本食じゃなくてもいいけど?と聞いたけど、日本食好きだというので。

そして、彼も尊敬するStevie Wonderも来店しており、「Kill Bill」のモデルになったお店だと言ったら「そこがいい!」と。



「トイレに行ってくる」と言って、お店をぐるっと一周。トイレが2Fなのよ。



どれをオーダーするのか決められず、目を閉じて「どれにしようかな…」と言いながら決めたのが「焼き鳥丼」。

「よくやるんだよ、決められなくてさ…」と。かわいい。

焼き鳥丼には小さいお蕎麦かデザートがつくんだけど、迷わずお蕎麦をチョイス。



お料理が出てくる前に、「ちょっとだけプレゼントね♪」といくつかあげたんだけど。(ちゃんと奥様へのおみやげもあげたよ。)

Welcome to Japanの思いをこめ、富士山とピアノのアイシングクッキー。

「すごい!!」と喜んでくれた。



で、メインは…

東京のsubway mapのTシャツ。サイズもバッチリ!





さてさて、食事ですが。

最初にサラダが出てきて、「お箸使えるかな…」と言いながら、「お、使えるぞ!」と得意気に見せる。



その後もフォークをお願いすることなく、ずっとお箸使ってました。







焼き鳥丼には鶏肉のそぼろがのっていて、その上に焼き鳥が2本。

おいしい、おいしいと喜び、このお店は「good choiceだ!!」と言ってくれました。



「ちょっと食べる?」と一口くれたけど、確かに彼らのお口に合うね。

私の親子丼も一口食べて、「これもおいしい!!」と。

あちらの人、あんまりシェアとかしたがらないんだけど、これをしてくれるのは心ひらいている証拠。(笑)



彼がworshipのリードしている動画を見たという話から、彼の教会のこと、私の教会のこと、日本のクリスチャンについて…など、深い話もたっぷりできて良かったわ。

すごくしっかりしたクリスチャンだとわかったしね。



せっかく日本に来てくれて再会できたのだから、私がごちそうするつもりだったのに、「いや、俺が払う!」と。

「ダメ。Mother should take care of son!!」と答えたら、「sonだってMotherをケアしないと!!」と。

「じゃあ、アメリカ行ったらおごってよ…」と言ったら、

「アメリカでも日本でも俺が払う!!」と。

結局ごちそうになってしまったのでした…申し訳ない。



それから六本木ヒルズをウロウロお散歩してからホテルへ。

最近、Shaunの同年代の人が心臓発作とかで突然亡くなることが多く、健康に気を付けてるんだと。彼は30代後半。

途中で見かけたシナボンも「おぉ、こんなところに誘惑が…」と言いながら我慢してた。



ホテルに戻り、「お昼寝してね。see u tonight!」と別れました。

「Motherもお昼寝した方がいいよ」と言われたのは、この表情だったからか!?





1度家に帰り、言われたとおり少し横になり、2nd showに出かけました。

ミッドタウン、きれい☆



keicoと合流して、会場に向かうエスカレーターを上りきったら…さよちゃん!?

なんと、このライブのためにご主人と札幌から来てたらしい。



デラックスDUOシートは1つ上のフロアの更に奥まったところ。

落ち着くけど、ちょっと遠い…



Shaunに「2つ上のフロア、Shaunのちょうど前辺りにいるよ!」と連絡したら「cool」と返事が。

ステージに上がってすぐに見つけてくれて、手を振ってくれた。



今回、バンドもシンガーズもほとんどメンバーチェンジ。シンガーズはめちゃめちゃ若手になってたし、バンドもShaun以外はみんな変わったみたい。でも、みんな凄かったけど。



これぞKirkという曲のオンパレード。

最近レッスンでおさらいしておいた"My Life…"と"WHY WE SING"はKirkのピアノに合わせ、会場みんなで歌えた♪



上の方まで駆け上がり、ファンサービスも忘れないけど、何よりも神様だというアピールも忘れず。

ほとんど英語が伝わらない日本人オーディエンスに向かって、

"Tears, pain, heartbreak…bye-bye"と何度も歌ってくれた。

ただのライブじゃなく、彼には『make God famous today』という信念があった。



ライブが終わり、Shaunがステージから「そっち行くから」と合図をくれた。

隅でちょっと話ができる程度かと思っていたんだけど、なんと楽屋に招待してくれたの!!



楽屋にはみんな大集合で、いらっしゃい~みたいな感じ。

Kirkが「あ、君のこと覚えてるよ!!」と。「えぇ、以前にお会いして話したことが…」と返事。



いろいろおしゃべりして、一緒にに写真取らせてくれました。

Shaunありがとう!全然そんなつもりじゃなかったんだけど…

Kirk、thank you for your ministry!!



東京公演はあと1日。

明日とあさっては大阪公演で、それが終わったらアメリカに戻ることに。

1人でも多くの人に、あなただから伝えられる人に、神様の愛を伝えてください!



Shaunとは「明日も何かあれば連絡してね」と言って別れました。

ライブ前にインタビューがあるので、今日は会えそうにないけど、また日本に来たら会おうね。
スポンサーサイト



ぎっくり腰!!

2017!!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)