昨夜、リハの後に寝たのは5時…

起きれなかった時に備えて11時にアラームをセットしていたら、まんまと11時まで爆睡してしまった!

ちなみに、11時から礼拝…アウト!(笑)



コンサート当日でもあるので、まともな食事を求めてホテルのbuffetへ。

チップ込みで15ドルは悪くないが、特においしくないし、種類も少ない…





去年に引き続き、AlumniはおそろいのTシャツを着て撮影することに。

なぜか今年はcapまで。もうね、死ぬほど似合わないのよ…私にcap。

なので、Isaiahくんにあげることにした。





後ろにいる、怖い顔してるのがIsaiahくんのママ。実はママとはしゃべったことがない…





リハの様子。

コンタクトの調子が悪く、直前まではメガネ。

普段、0.1だけど裸眼生活の私だけど、さすがにディレクターが見えないと困るので…





Songwriterの皆様はステージ下。





クワイアのみんな。





リハの後、みんなで撮影。

どんな風に撮れてるのかなぁ…





リハの後、なぜか紙が配られた。

スタッフ選挙の年じゃないのになぁ…と思っていたら、みんなで賞をあげたい人に投票するんだと。

各パートのベストがメインなんだけど、おまけで「あたしじゃないわよ!?1番音を外していたで賞」というのがあった。

毎回ハチャメチャな音を爆音で歌い、「もっと高い音だよ」と教えたら「今日は声が出ないからしょうがない」とか言う奴がいて…

そいつの名前を書きたかったけど、名前がわからないので諦める。



リハが終わり、部屋に戻る。

あらかじめ作っておいたサンドイッチを食べ、いざ出陣!?

今年の衣装は、黒と白の自由なコンビネーションに、ポップカラーのアクセント。

去年NYで買った黒と白のワンピースが役に立つ時が!!半袖ショート丈のジャケットもNYで以前買ったもの。

そして、オレンジ系のイヤリング、ブレスレット、靴でコーディネートしてみました。

結構好評。(笑)





今回、この日しか来れないと言っていたStephen Key。

来年は全部来てくれたらいいなぁ。





クワイア席で隠し撮り。





コンサートの中で、さっき投票した結果が発表された。

私の名前が呼ばれたので、???と思っていたら…

なんとBest Alto Awardを受賞したのでした!!



日本人にあげたら話題になるし…と、スタッフが選ぶならわかるんだけど。

クワイアのみんなが投票してくれた結果だったので、ホントにうれしかった。





実は、前の日のリハで「俺たちはblackだろ!!blackらしく歌え!!」と言われたの。

前にも言われたことがあったんだけど、その時に言ったKyleは「Emiを見てみろ。あの子が一番blackらしい振る舞いを知ってるんだから!!」とフォローしてくれて、ホッとしたのを覚えている。



今回はそんな言葉もなかったので、やっぱり私は場違いなのかな…よく来たね!って言われるけど、本物を追及するディレクターにとっては、煙たい存在なのかな…なんて思ってた。

隣に座っている友達が、私がハッとしたのに気づき、「Emiはblackじゃない?大丈夫よ!」と言ってくれて、ちょっと救われた気分だった。



そんなことがあった後だったので、この賞はホントにうれしかった。

みんなが私を認めてくれたとわかったから…



コンサート終了後、私が初参加した時にAlumniで一緒に歌っていたKarenが「おめでとう!!」と飛んできてくれた。





Michael、お疲れさま。





Presidentにも「やったわね!」と喜んでもらえた。





去年、肺がんの手術を乗り越えて、元気そうに見えていたDerrick。再発したらしく、これから抗がん剤治療がまた始まるとのこと。

「祈ってるよ」と言ったら、「ずっと祈ってくれ!」と。





かつてVoceのみんなとクリーブランドのお宅にお邪魔し、Soul FoodをごちそうになったMarcella。

体調悪かったらしいけど、会えて良かった~





ゴスペルの父Thomas A. Dorseyのお孫さんのTommy。

有名なPastorを押し退けて、私と写真を撮りに来てくれた。(笑)

Tommyともすっかり仲良し。





押し退けられた、Pastor Morgan。

彼の教会で特別賛美したのは何年前かな…





今年は、FBだけでしかつながっていない人たちからもいっぱい声をかけられ、一緒に写真撮ろう!と言われたのでした。

この辺の皆さんは、私よりもConvention参加歴は短いので、すっかり先輩なのよね。





セントルイス組。





「私、KyleとKevinのsisterなんだけど…」とやってきた彼女とも初めての写真。





部屋に戻ってからも

「I'm so proud of you!!」とか、

「You deserve it!!(君はそれにふさわしい)」とか、

たくさんのメッセージが届いて、しあわせな夜となりました。



一番大変なコンサート(3日のリハで12曲仕上げた)が終わり、明日はMassのコンサート。

今日のsound checkでリハに出られなかったので、全く歌っていない曲が数曲あるんですけど…

譜面が間違っていないことを祈ろう。
スポンサーサイト



NCGCC 2017 in Baltimore~Mass choir concert

NCGCC 2017 in Baltimore~寝てる場合じゃないよ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)