初めに説明しておこう。

Ouidaに「Conventionの後、私が企画するイベントに参加してくれない?そこで講義もしてもらいたいの…」と、1年前にお願いされた。

Conventionの後、毎年NYに滞在するのを知っているので、そこならいいでしょ!?という話らしい。



でも、ハードな1週間の後は私にとって貴重な夏休み。だから、嫌!と答えたら、

「私の65才の記念に、今まで関わってきた世界中の人に来てもらいたいの。日本、ドイツ、コスタリカ…もう2度とこんなお願いはしないから。一生に一度のお願いだから!」と。

「講義なんてできないよ…I can't」と言ったら、

「初めて会った時、EmiはI can'tと言ったのに歌うことができた。あれから何度かお前の"I can't"を聞いているけど、できなかったことが1度でもあった!?」

…もう反論できない。



わざわざNYまで飛んで来て、よくわからないイベントに振り回されるのはごめんだけど、ついでだし…ここまで言うなら…と引き受ける。

ちなみに、Voceも連れてこいと言われたけど断った。かずとkeicoは来れないのか!?と聞かれたので、来れないと言った。被害は最小限に食い止めねば!



ホテルで朝食を終え、9:30ピックアップだから…と言われていたので、9:45くらいにロビーへ。

この辺も賭けなんだけど(笑)、時間通りに来るわけがない!と思っていて、たまにオンタイムで現れるのよね。

そして、散々待たせるくせに、私が待たせると不機嫌になる。



今回は読みが当たった。10時過ぎても来ない。

別にいいんだけどさ。

そして、教会に着いたら、私たち抜きで始まってた…おーい!!



Ouidaの大好きなDUNKIN DONUTSのコーヒーが用意され…



しっかりドーナツもカットされた状態で用意されていた。



朝ごはん食べたけど、フレンチクルーラー半分だけもらう。





友達のStefanieがメイン講師。

2年前に脳梗塞やって、今は車椅子生活…

がんばってリハビリしてます。

食生活も改め、ランチは小さなサンドイッチ1つだけ持参してました。





Ouidaはいろんな準備もあるので、バタバタ。 ランチの用意をしてから、ようやく席についたのでした。

他の参加者は知らない人ばかりで、あちこちからやってきてました。





本日のランチ!

Rachelが作ったサラダ(残念ながらキュウリ入り)、ケンタッキーのパーティーバーレル2つ、スイカ(キュウリと同じで食べられない)、ジュースいろいろ…





教会にあった、このBibleを使って話が進みました。

Black ChurchにおけるMusic Ministryの歴史…みたいな感じ。





とても興味深いので、関連ページだけ撮影していたら…プレゼントされた。

うれしいけど、重い!!





ちなみに。Yoちゃんは「あたしゃ関係ないし…」って感じで抜け出し、礼拝堂でお昼寝。

英語での激しいディスカッションに、脳みそ溶けて耳から出ているのでは!?と思う私。



こっちの人は人前で話すことにおじけづいたりしない。それはわかる。だから、私もそうしている。

ただね…

最初に話を聞くでしょ?それに対してどう思うか質問され、端から順番に答えていくんだけど…



んー、ちょっと質問の意図と違わない!?となる。

すると、次の人は前の人の話をふまえて話をし始める。

更に次の人は…となる。

席順的に、私が毎回最後。カオス。

「あのぉ…私は結局何を答えたらいいんですか!?」と質問。(笑)



恐らく、英語が理解できなかったんだろうと思われる。そうじゃないけど、そういうことにしておく。

ちょっと簡単な別の質問をしてくれるので、それに対して答える。



でもね、根本的な問題は…

私、Black Churchに所属してないんですけど!

なので、毎回「皆さんとは置かれている立場も違うので…」ってのを毎回前置きとして言わなければならない。

それでもがんばったよ、とりあえず歌うまでは…と。



ところが。

この日は、このディスカッションだけで終了。

レコーダー、電源も入れず。

しかも、このカオスなやりとりが全て録画されてる。最悪!



残ったチキンを持って帰りなさいと言われ、今日の夕食に。

宿題も出されたけど、意味がわからなかったので、後で質問したら…

「6週間でMusic Ministryを変えていくため、私たちがやるべき6つのこと」

という内容。

知らんがな!!



でも、負けず嫌いな私。必死になって宿題やりましたよ…



夜、Leonardからメッセージ。

インプラントの手術、また延期になったらしい。

やりとりしていたら、なぜか電話がかかってきた。

「もしもし?」

「…俺、何で電話かけたのかわからないんだけど???」

そのまま1時間以上おしゃべり。(笑)

Leonardとだったら、いくらでも話せるのに…

何で他の連中のあの話は理解できないんだろう。



Leonard曰く、

「ディスカッションってさ、怖いよね。

時々思いがけない、しかも自分が望んでいない方向に話が転がっていくからさ…」と。

それ!!まさに、それ!!



Yoちゃんと日本語で話しすぎて、頭の中から英語が消えかけていたけど、Leonardとのやりとりで復活。

「あのさぁ、たまには電話で話そうよ。そしたら、私の英語ももうちょいマシになると思うのよ…」

「うん、そうしよう!無料だしな!」



宿題を終え、楽しいおしゃべりも終え、寝ることに。

はぁ…明日も大変そうだなぁ。
スポンサーサイト



NJ 2017~今日はわかるかも!?

NY 2017~Sunday service→NJへ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)