CHOIR CALLも3日目。

今日もディスカッションだけな気がする…



なぜなら。

今日はCassandraが来る予定だったんだけど。

「今日、予定どおり行っていいのかしら!?」とFBでコメントするCassandraに対し、

「昨日、Pastorが来て、たった5分で全てを変えてしまったの。すばらしかった…だから、予定とは変わると思う!」とOuidaが答えていたのだ。



Cassandraが来たら、間違いなく歌う感じのワークショップ的時間ができるはず。

しかーし!!これは嫌な予感がする…



今日も歌わないのかなぁ…とブツブツ言いながら教会に向かう。



案の定、全く歌うことのないディスカッションだった。

いや、正確には歌ったな…

参加者の1人が作った曲を紹介したのね。

「5th Ave.を歩いてみた

Times Squareを歩いてみた

でも、そこは私にとって素敵な場所ではなかった



Jesusの足元、

そこが私にとって世界で最高の場所…」



…は!?

何なの、その安っぽい歌詞…と軽く引いてた私。

それに対し、At the feet of Jesus~のあたりからみんなが「yes!!」となってきた。

…置いていかれた。



そして、みんなで歌うことになり、

「Emi、日本語に訳して!!みんなで日本語で歌って録音しよう!!」



…はい。

そんなこともあるさ。



今日の方がディスカッションの内容が私でも理解できる分野だったことと、昨夜のLeonardとのおしゃべりが良かったらしく(!?)、すっかり英語モード。

訳のわからないディスカッションに途方に暮れる…ということもなく、自分の意見も言ってがんばった。



Stefanieと。





Yoちゃんと3人で撮っていたら、後ろにTitiがとんでもないポーズで写りこんでいた…





ちょっと何やってるのよ~と大爆笑になり、

今度はTitiも交えて。





熱弁ふるうOuida。

その向こうに座るパープルのTシャツ姿の男性は、Convention familyの1人でもあるScott。

彼も今回の講師の1人なんだけど、時間がなくて遅れてきた。明日も早く帰るらしい。残念。

Conventionでもほとんど話す時間なかったのに…





Scottは学校の先生。

話してる内容を聞くと、かなり頭がいいのがわかる。

でも、私がいるのに…めっちゃ早口!!

誰も私が日本人だということを覚えていないのでは!?という扱いである。





今日は宿題をやってきたという自信もあり、早く答えさせて~と思っていたんだけど…

「宿題やってきた人~」と聞かれ、元気よく手を挙げたのが私1人だけ。

ガーン…

Yoちゃんに「勤勉な日本人の姿勢がでたな」と笑われる。



そして、その宿題を誰もやっていないのに、また新しい宿題を出された…

そこで私の電池切れ。宿題がなんなのかも聞けず、終了。



ホテルに戻って、夜になってからOuidaに連絡。

「今日の宿題、わかんなかったんだけど…」と送ったら、なんと

「え!?あたし、なんて言った???」

…宿題を出した本人が忘れている。

おいっ!!



しばらくして思い出したらしく、8ページにも及ぶpdfを送りつけてきた。

ちょっと読んだけど、完全に論文!!

日本語で読んでも悩みそうな内容。

「これ全部読むのに3日はかかりそう…」と泣きついたら、

「Emi…go to bed」

と、寝ていいと言われたので寝ることにした。



この夜、枕の上を黒い3~4ミリの虫が歩いているのを見て、慌てて払いのけた。

いやーん、虫こわーい…

なんて言ってる場合じゃないのは、翌朝わかる。
スポンサーサイト



NJ & NY 2017~bedbug!!

NJ 2017~英語におぼれる…

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)