長距離ドライブで疲れていたけど、ホテルのベッドがすごく良くて爆睡できた~♪

でも、隣か上かわからんが、6時前にシャワーを浴び始め、ゴーッていう音で目が覚めた…

ホテルあるある。



ここのお店、朝食バイキングのクオリティが高いことで有名らしい。





普段、朝ごはんは食べなくてもいい人なんだけど、そうなるとはりきってしまう。





新潟はお米が美味しい!!

とーるちゃんもおかわりしてたし。

この写真に入りきらなかったけど、しじみのお味噌汁に癒されました…



8:30にホテルを出発。

まずは新潟市内の2ヶ所でカードをもらうよ~



ホテルの駐車場をあとにして、走り始めてすぐ。

なぜか広い道路の真ん中に車が停まっている。

あれ?と思いつつ、うちの車は右折し、反対車線からチラッと見たら…

人が倒れてる!!

チャリが車に巻き込まれている!!

事故だ~!!しかも、発生直後!!



倒れていたのは女性で、ピクリとも動かない。血は流れていないみたい…

運転していたと思われる男性と、その奥様と見られる人が倒れている人を抱きかかえている。



なんであんな道路の真ん中で!?って感じの場所。どっちかが信号無視してなきゃ、あんな場所じゃぶつからないよなぁ…

救急車が早く到着しますように…



ちょっとブルーな私たち、最初の目的地にはオープン数分前に到着。





私が階段で靴ひもを結び直している時に追い抜いていった男性。

いかにも!!って感じの人(笑)だったけど、どうやらここまでバスで来たらしい。

現物までの行き方を聞いていたけど、2.4キロ先の公園なんだよね…





次は鉄道資料館。





電車、結構好きなんだよね、私。

キャーキャー言ってると「おたくだな…」と笑われたりする。

だって…かっこいいじゃん!!





撮ってる姿を撮られてた…





こういうのも好き。





で、これをもらった。





現物は駅の近く。





新潟とはこれでお別れ。

次は福島県の会津に向かいます。

最初はこれ。





配布場所の役場の人に現物の場所を聞いたら…

○○の角を曲がって、次の△△の看板を左に…と、丁寧すぎるがゆえにサッパリわからない説明。

「あのぉ、目的地の名前か住所だけでいいんですけど」って言ってるのに。アナログな感じ。要領悪いよ…





次は湯川村。





配布場所の村役場が美しすぎて、ここのはずはない…と、周りの建物をのぞきこんでいた私。

ごめんなさい。

現物もここに展示されてます。





さて、次は会津若松~!!

小学校の修学旅行以来。

飯盛山で聴いた、白虎隊の歌…1度しか聴いていないのに、未だに覚えているのよね。



その前に、ランチ。

カードを配布している市役所のすぐ隣にある「田季野」というお店。

郷土料理のわっぱめしを食べます~♪

よくばりわっぱめし!!

熱々で、すっごく美味しい!!

想像以上だ…





とーるちゃんはお蕎麦のセット。

このお蕎麦…TVでしか見たことがないけど、ネギで食べるやつ!!

生で見れた~♪





ここも人気店らしく、次々とお客さんが来るんだけど、結構広くて待たずに入れました。

畳の上にテーブル席。古民家か、誰かのお屋敷とか、そんな建物でした。



市役所でカードをもらって、現物のある鶴ヶ城へ。





ソメイヨシノは終わっていたけど、八重桜は満開!





これがカードと現物。





前に来てるし、中は見なくてもいいよね…と、あっさりしている私たちは、次の目的地郡山へ。





展示ものは美しい☆





ここ、他にも展示されてた!









次の場所は…なんと、休館日!!

ガーン…連休の関係で、変則的なお休みだったらしい。



しょうがないので、次の場所。

白河市西郷村。





オープン前の施設に設置されているから、ピカピカ。





そして、最後は…白河市。









現物のある公園、夕暮れ時でちょっときれいだったよ。





全ての行程を終了!

あとは帰るだけ~なんだけど、東北道で事故渋滞してるので、手前の那須高原PAで休憩。

ここ限定の珈琲ソフトクリーム、おいしい。





休憩していたら、渋滞は解消されていて…結局2日間、全く渋滞に巻き込まれずに予定通り移動できたのでした。

私の細かいスケジュールが全くずれなかったのはすごい!!(笑)



さすがに帰ってきたらグッタリでした…

ドライバーさん、お疲れ様。


スポンサーサイト



長野ゴスペルワークショップ 今年もやります!

ゴールデンウィーク 2018 3日目~新潟へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)