今回、Mass choirのリハでたまたま隣になったLenice。

私のスマホの中のOuidaの写真を見つけて、「あれ?Ouidaだ…」と言われたのがきっかけで意気投合。

NYでまた会おうね~と約束していたので、この日のディナーを一緒にすることに。



ホントは手料理をごちそうしたかったらしいけど、全然用意する暇がなくて…と言っていたので、「毎年来てるし、来年も来るから、また今度ごちそうしてよ」と言い、今回は外で食べることに。



Chelsea Marketを出たあたりで連絡がきて、「今どこ?」と聞かれたので、「Chelsea Marketだよ。今からホテルに1回戻るところ。」と返事。

「え、ずいぶんDowntownにいるんだね…」と困った感じだったので、「すぐ戻って、すぐ出られるよ。私、ニューヨーカーだもん!」と言ったら大ウケ。



「Bronxに来てほしいんだけど、どうやって来るかわかる?」と言われたので、すかさず「D train」と返事したら「Right!! Emi、ホントにニューヨーカーなんだね~」と。



19:00にYankee stadium駅のマックで待ち合わせ。

そこならわかる。

この日、ゲームが開催されていたので、スタジアム周辺は大変な状況!





しばらくしたらLeniceが到着。

「ジャマイカンフードのおいしいお店があるけど、そこなんてどう?」と言われたので行くことに。

駅から歩いてすぐのお店。



ジャマイカンフードってどんなの!?と思ったら、Soul Foodの味つけが若干スパイシーな感じ。

おすすめがオックステールだというので、それをオーダー。サイドはマカロニチーズとカラードグリーン。レモネードもつけてみた。





オックステールって、日本で見かけるのはトマトソースとかで煮込むイメージなんだけど、これは違うの。

でもね…白いごはんに合いそうな、濃厚な味つけ!おいしい~!!!!!



私はすぐ顔にでるので、しあわせそうな顔して食べていたら、ニコニコしながら見ていた。

Leniceも同じものをオーダー。





どうやってOuidaと知り合ったのか、どうやってクリスチャンになったのか、仕事は何をしているのか…

何1つ知らないのに意気投合しちゃった2人なので、お互いの知らない部分を埋めていきました。



家族の写真を見せてくれたり、教会の話を聞かせてくれたり、すごい興味深いものだったよ。



「来年は私がごはん作ってごちそうするね!」

「Leniceの教会にも行きたい」

「じゃあ、1日一緒に過ごそう~」と、再会の約束もしたのでした。



不思議な感じだけど、とてもいい友達ができてうれしい!


スポンサーサイト



NY free day

Chelsea Market

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)