水曜になりました。

今夜はいよいよAlumniのコンサートです。



今日はHarlem Chapterの仲間と遅めの朝食を食べる約束をしていたので、礼拝は休みます。

Ouidaが講師を務めるクラスの教室前で待ってました。

昨日は「口紅ちゃんと塗ってないから…」と、Ouidaに写真を断られた私。今日はOK。



今日も昨日と同じお店です。

5人で行ったので、テーブル2つに分かれちゃいました。

グリーンティーにはちみつ、レモンを入れる人…



すごい顔して写真撮る人…



ちなみに、彼女は2年前のNJの勉強会で知り合った人。



今日はOuidaおすすめのサーモンケーキをオーダー。





中にフレーク状のサーモンが入ってます。

おいしい!



トーストかパンケーキが選べるので、パンケーキ(ミニサイズ)にしてみたら…

絶品☆☆☆

昨日、「パンケーキは要らない」と言ったことが悔やまれる…





そして、やっぱりCollard Green。





Ouidaは別テーブルで、白人の女性牧師とおしゃべり。





その女性牧師Amyが私と話をしたいと言うので、帰り道は2人で歩くことに。

どうやら来年からConventionに参加したいんだけど、自分は白人だから…と悩んでいるとのこと。

それをOuidaに言ったら、「Emiに聞いてみなさい」と言われたらしく、私の経験を話すことになったわけです。



正直、最初は受け入れてもらえないと思う。

私も「日本人のくせに、何でここに来た」とか、

「こんな日本人でも歌えてるのに」とか、

いろいろ言われたからね…



でも、私はこういう者です。邪魔する気もないし、冷やかしで来てるわけでもない…ということをしっかり伝え、態度で示し続ければわかってもらえると思うよ!とアドバイス。



「英語話せるんだから、大丈夫よ。私なんて、英語もほとんど話せないまま飛び込んだんだから…」





Ouidaはそのままコスタリカに行くことになっていた。

1年に1回しか会えない師匠だけど、離れてる感じも、久しぶりな感じもしない。不思議だね。



そこにMalcomがやってきた。

「Emi、僕たちが知り合ってどれくらいになるか、Ouidaに言ってあげて!」と得意気なMalcom。

「最初に来た年だから…18年かな?」



Ouidaが私に耳うちする。

「私たち、知り合って何年かしら?」

「えっと…Ouidaは20年以上かな?Ouidaの紹介でConventionに来たし。」



目を丸くするMalcomは

「まぁ、何年かなんて数えるのは止めよう…」と言って苦笑いしてた。



Ouidaと別れ、ちょっとだけホテルの外へ。





なんか、このカモメが全然逃げなくておもしろかった。



これが泊まってるホテル。



で、1FのGMのショールームは、時々ツアーみたいなこともやってた。



とっても平和な感じだけど、危険だから1人で遠くに行かないようにと言われてます…



さて、部屋に戻りましょう。



こんな作りなので、どこにいけばホテル直結エレベーターがあるのか、最後まで悩んだ…



1時間だけMassのリハに出て、その後はAlumniのサウンドチェック。

いよいよ本番だなぁ。

今年は右側に初参加のDebbie、左には何度か一緒になってるPattiが立つことに。



着替えて集合。

「ねぇ…重くないの?」 

「首取れそう…」(笑)





今年は黒のフォーマルとゴージャスパール。



私のだって、日本で見た時はかなりゴージャスだったけど…

なんかレベル違うし。



こちらPatti。

途中、Nashvilleに行かなきゃならなくて、戻る日にstormでフライトキャンセルになっちゃって…ほとんどリハ出てないんだよね。



こっちは、たぶんPattiのママ。

2人ともそこそこ歌えるし、私が教えると間違いもすぐ直せるのでいい感じ。



Jasonだよ。



直前のリハ。









さぁ、会場に向かいます。



ステージに上がる時、今年初参加のスウェーデン人が紹介されていて、本人が手を振って「イェーイ!」みたいにやってました…

その後、私がステージに上がると、Presidentが「ご存知の通り、海外からの参加者といえばEmiですね。

彼女はもう10年…え!?18年???

なんと、もう18年もずーっと参加してくれています。」と紹介され、会場から「ウォー!!」という歓声が。

ありがとうございまーす♪



本番の映像はないけど、まぁうまくいきました。

隣のDebbie。

「Emiが隣にいたら、絶対大丈夫!」と、仲間に言われたらしい。

「助かったよ~」と言われた。(笑)



Tiffany。



Jasonのおばあちゃんとママ。



仲良しのChuck。

今年は髪型が若い!



Presidentと。



「もう18年になるのね…英語もカタコトだったのにね」

「『トイレどこですか?』しか言えなかった…」と言ったら、周りが「ホントよね~」と大笑い。



Karenは初めて参加した年にいっぱいお世話してくれたんだよね。



Oscar。去年はお世話になりました!

9月にタイに来るらしく、近いだろ?みたいに言われたけど…

結構遠いよ。



Edwin亡き後、欠かさず来ているRusty Watson。



大好きなKyle。

毎年痩せていくので、「私にはホントのこと教えて。ダイエットなの?病気なの?」と勇気を出して聞いてみたら…

実は糖尿病で、食生活を思いっきり変えたんだって!

それなら良かった…

ってか、嫁が巨大なのは変わらないんだが!?



Leonardの娘たち。



Cassandra。



Leonard。「ねぇ…なんでちゃんとした服着てこないのよ…」とMother Emiに怒られる。



ここ数年、ぶっ飛んだファッションしかしないLucretia。



John。



AlumniのMusic Director、Michael。

なんか…痩せた時期あったのになぁ…



ツーショットを撮る時、きょーしにスマホ渡してお願いしたら

「おいおい…俺は自分でセルフィーできるぞ」と得意気に撮影。

それが、これ。



そして、私が「あ、私はこうやって撮るの」と、手をかざしてタイマーで撮影。

それが、これ。



「…なんだそりゃ。すげーな日本って…」となる。



そして、赤ちゃんの時から知ってるIsaiahくん。

もう来年は絶対身長抜かされるわ。



久しぶりに戻ってきた、Jimmie。



Alumniが終わったので、深夜リハから解放されます!!



そして、明日は…Massのコンサート。

大丈夫か、私。練習不足ですけど。

少しおさらいしてから寝るか。



明日の朝の礼拝はMarvin Sappだし、サボれないぞ。


スポンサーサイト



NCGCC in Detroit 2019~6日目Mass choir concert

NCGCC in Detroit 2019~4日目

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)