ニューヨークでの日曜日。

毎年どこの教会の礼拝に参加するか迷うんだけど、今回は去年Conventionで友達になり、NYでもごはんを食べたLeniceの教会に行くことにしていた。場所はBronx。



ホテルで無料の朝食を食べて、地下鉄の駅に向かいます。

メトロカードの有効期限が切れていたので、新しいカードに残高を移行し、改札を通ろうと思ったら…



おー、最新式になってる!!

きっとこれは日本みたいにタッチで入ることができるんだ!!

まさかNYの地下鉄がこんな風になるなんて…とビックリ。



メトロカードよ、おまえともいつかお別れなのかい?





なんかアメリカって何でも進んでるようなイメージだったけど、日本の方がこういう面では圧倒的に進んでいるわけで。

電車が来るまであと何分っていう電光表示ができたのも、つい数年前。

永遠に地下鉄が来ないのでは…って思うくらい待たされたり、「今日はこの駅には電車来ません」とかもあるし、ホントに大変だったからなぁ。



なんてしみじみ思いながら地下鉄に乗り込む。

ヤバそうな人がいる…

杖で手すりをずっと殴っているんですけど、とりあえず見て見ぬふり。

日曜の朝は意外と乗客が少ないので、たまにこういう人と2人っきりとかになることも。

「神様…追い払ってください!」

しばらくしたら降りてくれた。



Bronxも昔に比べたらきれいになったし、治安もよくなったんだけど。やっぱりちょっとね…という所もある。



駅に到着。



いいお天気だ。



早く着きすぎたので、駅の近くのダンキンドーナツへ。

コーヒーSサイズがかなりでかい…



ここにもヤバい人がいるなぁ…と思ってたら、外から香水売りに来る人も。



どうも彼と待ち合わせをしているのに、相手が全然現れないおかまちゃんがぶちギレ状態。

「ダンキンドーナツって言ったでしょ?あたし、ずっと待ってるんだけど。どこにいるのよー!!」と、数分おきに電話しながら怒鳴っている…(時々こちらをチラチラ見る)



早く来てあげてください…



ちなみに、何も商品は購入せず、ただ店の中で待って怒鳴っている。



さて、そろそろ行きますか。

Googleマップのおかげで、今はどこにでも行けるよね。

これかな?



Thessalonia Worship Centerって言われたけど、ThessaloniaなんとかChurchになってるけど…???



「すみません、ここってThessalonia Worship Centerですか?」と聞くと、そうだと言われる。

「Leniceの友達なんですけど…」と言ったと同時くらいにLeniceと目が合い、

「キャー!!Emi!!来てくれたのね!!」とハグ。



「あのね、去年知り合ってね、来年はうちの教会に来たいって言ってて、ホントに来てくれたの~!!」と、会う人、会う人、全員に説明している。(笑)

家族みんなにも紹介された。

息子が中国語を勉強しているんだと説明し、「あ、2人で話してみなさいよ!」と、目をキラキラさせる。

息子が

「母ちゃん、Emiは日本人だろ?」



沈黙の後、みんな大爆笑!!

日本人は日本語を話します。



「すごいねー、漢字難しくなかった?日本語も漢字あるけど、中国語の漢字ってすごく複雑だよね。

発音も種類多くて大変だよね~」と、語学について息子と語り合う。



Leniceは確か私と同い年なんだけど、お孫ちゃんがいて。

「あたし、このおねーちゃんと一緒に座りたい!!」と言うので、隣に座ることになった。

かわいこちゃん。



Leniceは賛美リードもする。



会衆の後ろの方には、ヨーロッパからのツアー客。

最近、こういうツアーが多いんだよね…教会のゴスペルを聴きましょう!ってやつ。



私が初めて来た頃(20年くらい前?)もやっていたんだけど、それは礼拝全部参加したんだよね。

でも、この人たちは賛美が終わると帰る。

メッセージは聞かない。

おいっ!!って思う。



Leniceに「来たならメッセージも聞くべきじゃない?」と、ちょっとムッとして言ったら

「まあね…でも、その人たちにも私たちの思いを伝えようと思いながら賛美してるのよ。たまにクリスチャンの人もいて、ちゃんと賛美してるしね!」

なるほどね…まぁ、しょうがないか。



Loveに関するスキットコーナーがあり、お孫ちゃんも演じてました。

お母さんに愛を求めるのに…



愛情を注がれずに傷つく子供…



よくできました。



メッセージは一緒に座って聞いていました。



でも、しばらくしたらLeniceのスマホでゲームしまくる。

しかも、勝手にどんどんダウンロードして、日本なら絶対子供はやっちゃダメ!みたいな残虐系のゲームをダウンロードしてたから、「これはダメ!」と注意して、Leniceに見せたら大慌て!!

しかも、充電切れる寸前で怒られる。(笑)



メッセージをしていたのは、Alumniで隣に座っていた初参加のGloriaのいとこでした。

「来週、特別賛美してくれない?」と言われたんだけど、日本に帰るので…

来年は歌います。(ホントかよ)



大きくて立派な教会でした。



さて、礼拝の後は…お待ちかねのランチタイム。

もちろんリクエストはSoulfoodでございます。



Leniceと2人で行くことになっていて、お孫ちゃんは一緒に行けないとわかって大騒ぎ→大泣き→ふてくされる。

「また今度ね」と言っても、私にまで睨んでくら始末…こりゃ大変だ。



教会のDeaconの方が車で送ってくれて、Harlemまで移動。



期待できそうじゃない!?

結構高評価の店だと言ってるし。





私の大好きな計り売り~

食べるぞ~!!



メインをしぼりきれず、フライドチキン、リブ、オックステールと3種類も取ってしまった。

サイドはCollard Greenとマカロニチーズ。



バンドが演奏してます。

うるさい…(笑)



Leniceはケーキまで買ってるけど、食べられるのか!?



私のスマホで撮ったので、画像がきれい。

Leniceのスマホで撮ったものを送ってもらったら…



うーん…スマホ渡せば良かったな。



結構おいしい!

フライドチキンはCharle'sの方が好みだけど。

そして、案の定「お腹いっぱいでケーキ食べられない…」とか言うので、一口もらう。

Red Velvetのケーキって、日本だとないよね。



うまっ!!



喜んで食べていたら、あげるからホテルで食べなさいと言われた。わーい。



Leniceは歯が抜けているので、写真を撮る時はだいたいこの表情になる。



Harlemをぶらぶら。







ちょっと寄りたいお店がというので、Bath & Body worksへ。

いい匂いのハンドクリーム買っちゃった。

でも…日本で嗅いだら強烈なのかもしれない。



バスで帰るLeniceを見送り、しばらくHarlemを楽しむ。



「You are so gorgeous!!」とお兄ちゃんたちにつかまるが、昼間なので笑顔で立ち去る。(夜にそんなのが寄ってきたら大変)



帰ろうと思ったら、「週末はこの駅に電車は止まりません。無料のシャトルバスをご利用ください。」の貼り紙が。

出た…

でも、タイミングよくシャトルバスが来たので乗る。

何人かいたからわかったけど、無料シャトルなのか、普通のバスなのか、パッと見てもわからないなぁ。



92くらいまでバスで移動できた。

「ここが終点だよ」とおじさんが教えてくれる。

英語がわからなかったら、どうやって帰ったんだろう…



72ndのトレジョへ。



お土産買いました。



いつもより少なくしたつもりが、瓶が重くて…ヘロヘロ。

FB見てる友達から、「そんなにあちこち動き回って…全然休めてないでしょ」と総ツッコミ。

だって~、限られたお休みなんだもん。



ホテルに着いたら、もう動けない。

晩ごはんは、残り物のRed Velvet。

NY来ると食べたいものがいっぱいなのに、胃が小さくなってからは夜ごはんがほとんど食べられない。

悔しい!!



そして、疲れ果てて早めに寝るのでありました。

健康的といえば健康的。
スポンサーサイト



Vessel!! ~NY Sightseeing

Detroit→New York

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)