結婚式の二次会以来会っていない大学時代の先輩から
突然電話が来た。
嫌な予感が的中。
私の大学時代の恩師が亡くなった・・・まだ61歳。

4年間師事していた声楽の先生で、
一緒にイタリアに行ったこともある。
師弟関係というのはいろいろあるもので、
もちろんいい思い出ばかりではない。
どちらかというと苦い思い出ばかりである。

卒業後、クラシックをやめてしまったこともあり
あまりいい別れ方をしていなかった。
時々思い出しては「先生どうしてるかな?」なんて思っていたけれど
わざわざ連絡を取ることはなかった。

2年前に乳がんになっていたことも知らなかった。
大きかった先生がやせ衰えて、別人のようになっていたことも
何も知らなかった。
どんな思いで最期の時を迎えたのか、想像もできない・・・

当時使っていた楽譜を取り出してみた。
こんなにボロボロになるまで使い込んでいたことさえ
すっかり忘れていた。

明日は前夜式。
キリスト教の葬儀に行ったことないんだよねぇ、なんて
数日前に言っていたのに。
先生、いつか天国で会う時には、
私の歌を怒らないで聴いてくださいね。
あの頃よりはまともに歌えるはずだから・・・




スポンサーサイト



やはり

不思議な感覚

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)