「パパ」といっても、うちの親父のことではない。
あたしにとっての「パパ」はBernard。

WSで数日間過ごしてからというもの、
私は彼をパパと呼んでいる。
恐れ多くて、気軽に話しかけることができなかった
「偉大なる歌手であり、指導者」のBernardは
実はとても気さくで、かわいくて、魅力的な人物だった。

毎日何通もメールが来ていたのに
ある日突然それが来なくなった。
おかしいなぁ・・・と思っていたら、知らない人からのメールが。
「おはよう、Emi。これは姪っ子のPCからのメールです。
僕のPC、壊れちゃったの。Faxしようとしたんだけど
送信できなかった・・・」
それが約10日前。未だにPCは直らず
私たちはFaxでのチャットを楽しんでいる。

パパはNYツアーにも合流してくれるのだが
「車で行くんだけど・・・僕NYはあんまりわからないんだ。」
だと。
あたしの方がわからないっちゅうの!!
私たちは無事に会えるのだろうか・・・

パパって、くまさんみたいだと思わない?

スポンサーサイト



危険物所持!?

最後の・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)