今年はMassで演奏する曲がたくさんあるため、
明日のコンサートを前に
13:30から3曲だけ先に演奏することになった。
12:30にリハを終え、部屋に戻ろうとしたところ
OuidaとLeonardに呼び止められた。
「Emi、あなたがディレクトしなさい。」
「え!?本番まであと1時間もないのに?」
「Emi, you can make it !」

何を今更ビビッテいるの?と思うかもしれない。
そう、あたしはいつもディレクトしている。
違うのだ。歌詞を覚えていないのだ。

4年前にOuidaが日本でワークショップをやったとき
私はその曲を歌っていた。
恐らく、ここにいるすべてのメンバーの中で
Ouidaの次にこの曲を理解しているのは私だ。
でも、そのとき2番の歌詞はなかった・・・
長くて、難しい単語がいっぱいで・・・今更覚えられない。

衣装に着替え、ちょっとブルーになって会場へ。
しかし、メインホールではなく、別室に移動になった。
またリハなのか?と、あまり状況が把握できていなかった。

作曲者本人たちのリードで、
3曲が演奏され、そして終わった。
なんだぁ、あたしいらなかったんじゃん!とホッとしたのも束の間。
「Emi, 明日のコンサートでこの曲やるから
そこではディレクトするんだよ!」
「え!?」
Massのコンサートはこのコンヴェンション最大のイベント。
このコンサートをもって、閉会されるのだ。
えらいこっちゃ・・・

やばいなぁと慌てつつ、
こんな素晴らしい機会を与えられたことに感謝しつつ
寝ないで歌詞を覚えよう!と決意したのだが・・・
MDを聴きながら、いつのまにか寝てしまった。まずい。

スポンサーサイト



Mass Choir Concert

Alumni Concert

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)